幽霊論

2016年8月28日 (日)

霊がやってきた!?

みなさん、こんばんは。台風10号接近中!でも、この台風って不思議な台風ですね。私も人生永くやってますけど、日本の近くで発生した台風が太平洋を南下するなんて初めての体験です。それが今度は北上して関東や東日本を直撃しそうだから、本当に不思議な台風です。まさに気象関係の歴史に残る台風なのかも知れませんね。さて、今日は最近私が体験した「不思議な箸の出来事」についてお話ししたいと思います。

不思議な箸の出来事

さては不思議な箸の出来事です。今月25日(木)、いつものように起床して朝食をとろうとしましたが、私が愛用していた箸が台所の周りで見つかりませんでした。台所の周辺を探しても見つからないので、きっとどこかに置き忘れたのだろうと思い新しい同じタイプの箸を使うことにしたのです。8月26日(金)までは、その新しい箸で朝食、夕食をとり、いつものように就寝。ところがどうでしょうか、翌朝、起きてみると台所のまな板の上に箸が一善あるではありませんか。驚いてよく見ると、その箸は一本が私が長年愛用してきた箸の片割れで、もう一本が今月25日に使いだした新しい箸の片割れでした。写真のように同じ箸なので新しいものと比較すると古いほうが先が減っているのですぐに分かりますね。同じく、台所を見渡してもどこにも箸の片割れは見つかりませんでした。家人もまったく不思議で驚いています。

Hashi021

思い当たること

思い当たることと言えば、今月8日に母方の叔父が熊本で亡くなったことです。その叔父はお寺の住職で今から14年ほど前に母方の家系図を作ったりして随分とお世話になりました。非科学的だとおっしゃる方もいらっしゃるかも知れませんが、今回の出来事は手品ではなく、本当に起こった話です。写真のように新旧の箸がまな板に一本ずつ並んでいたのです。この不思議な箸の出来事は本当に今の科学が進んだ世の中にあっても、全く説明ができません。考えられることと言えば、亡くなった叔父が私の家にやってきたのではないかということですね。みなさんは、この変則的体験をどう思われますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月12日 (月)

幽霊にかんする素朴な疑問

交霊は再現できるか

 世のなかには幽霊たちを恐怖の象徴としてバラエティに面白く、怖く紹介している人たちがたくさんいる。心霊研究のためにいろいろなところに出かけて取材や調査を行っていると、多くの人がそのような視線で質問したり話しかけて来る。
心霊研究においては幽霊そのものが、まるでモンスターのような化け物としてこれまでに取りだされるケースが多いから科学的な調査がなおざりにされてきたのではないかと思う。今日でも下の写真のように幽霊たちは面白おかしく紹介されるケースが多いので幽霊というものは非科学的な存在だと考えている人が多いのではないかと思う。
幽霊について素朴な質問がよく出されるのは「それでは幽霊をここに連れて来て欲しい。それから信じましょう」という要求である。要するに幽霊遭遇の再現性の問題だ。ここで多くの心霊研究家たちは再現させることが出来ず、とん挫してしまう。

Ghost332

交霊は再現できる

 交霊の再現のひとつが前にも述べたように聖なるオーブたちの存在である。オーブが写真によく写るという人たちが私達の身の回りに何人か間違いなくいる。その人たちを探し出して再現実験をやればいい。彼らが写真に写すオーブたちは、それが自然界では起り得ない霊たちの姿を我々の前に再び見せてくれていると考えるべきである。写真のオーブは幽霊ボンボリを調査中に出てきたもので、人が近くにいるときは姿を見せなかった。

Orb333

幽霊たちは臆病者である

 交霊の再現性が乏しいのは彼らが臆病者であるからだ。臆病者というよりも生きた人間に接するのに危険を要すると考えるべきだ。例えば写真にあるように渓流に住む岩魚たちのことを考えてみよう。
彼らは冷たい水のなかでしか生きていくことが出来ない川魚たちである。私達が渓流釣りをして彼らを釣り上げて手にしたとき、彼らの身体は人間の体温でまるで火傷のようなダメージを受ける。長く手に持っていたり、外界に身をさらすことは彼らにとって低温動物だから特に被害は甚大だ。
これと同じことが幽霊たちの世界で起こっていると考えることができる。彼らは我々と違って肉体をもたないし体温というものがない。だから彼らは体験者が一人、二人と少人数の場面を見計らってダメージを受けないように姿を現すと考えるのが自然である。

Fish112

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

幽霊は独り歩きするか?

幽霊は独り歩きはしない

 さまざまな幽霊にかんする写真や動画をインターネット上で検証してみると彼らが家の窓ガラスから顔を覗かしていたり夜の巷をさ迷っているようなものがあるが、これらはどれも偽造されたものである。
なぜ、このようなことがはっきり言えるのかは実際に霊体験をしてみるとよく分かる。筆者も奇跡の森を7年間調べてきたが、幽霊たちが独り歩きするような光景はなかった。この調査からも言えるように幽霊たちは用もなく巷を独り歩きしたり、窓の外を用もなく眺めたりすることはしない。姿を物理的に現すのには周りの粉じんなどを集めたりするエネルギーが必要となり彼らにとっては大変な労力を要するからだ。
したがって、心霊研究においては、これらの写真や映像は先ず偽造とみなして対応すべきである。

Ghost335 

幽霊は体験者の前にのみ姿を現す

これまでに筆者が出会った幽霊たちは、いずれも筆者のすぐ近くにいた。幽霊クリウは筆者のすぐ横にいて写真を撮ろうとしたときに山道を横断していったし、幽霊ボンボリはカメラのレンズに付着するように現れている。したがって、幽霊たちは体験者のすぐ目の前にいた、と考えるのが筋である。
幽霊たちは体験者に用があって現れるもので、それ以外では姿を現すことはないと考えるべきである。彼らが体験者の前に姿を現すのは、その理由を調べるのも心霊研究では必要である。

Ghost334

| | コメント (0) | トラックバック (0)