書評・時評

2016年8月 7日 (日)

異界の記憶(七曲峠の掟)

「七曲峠」とはなにか

みなさん、こんにちは。関東地方も7月30日に漸く梅雨が明けて夏本番かと思いきや、早いもので、今日8月7日はもう立秋です。さて、今日は各地にある七曲峠(ななまがりとうげ)の由来についてお話ししたいと思います。現代人は七曲峠というと、単純に七つの曲がりくねった坂道がそこにあるからだと答えが返ってきますが、実はそうではありません。そこには昔の人々が考え出した近親相関回避の知恵が隠されていたのです。昔の村は規模が今よりもずっと小さくて大体が親族関係で構成されているのが分かりますね。例えば、東京の八王子市に行くと石川町という町があります。古い石造物を調べていると、石川町はかつて「石川村」と呼ばれていたことが分かりますね。従って、この辺りには石川という姓の家が多いのです。このように、昔は村というと40~50軒程度の小さな集落で親戚関係の人たちが辺りに住んでいたのです。ところが、村の中で親戚同士の婚姻が進むと当然、近親相関という問題が沸き起こるために奇形児などが生まれやすくなるのです。これを避けるために考え出されたのが「七曲峠の掟」ですね。要するに、女性は結婚するときは近親相関を避けるために村の外に嫁がせる習わしがあったのです。そして、女性が村の外に嫁いで行くときに通る道が「七曲峠」であって、この峠を越えた女性は、もう自分が生まれた村には何があっても帰ってきてはならないという掟があったのです。このような昔話を聞くと女性を差別する発言だと憤慨される方もいらっしゃるかも知れませんが、古人の知恵なのです。現代社会において、奇形児が誕生する背景には人口が余りにも爆発的に増えたせいで、この「七曲峠の掟」というものが忘れ去られているのも要因のひとつなのかも知れませんね。

Nanamagari101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

異界の記憶(なぜ人を火葬にしたか)

みなさん、こんばんは。もう早いもので七月、一年の半分がすぎてしまいましたね。さて、今日は日本人が「なぜ人を火葬にしたか」についてお話をしたいと思います。
人の火葬なんて縁起の悪い話だといぶかる人もいらっしゃるかも知れませんが、心霊研究では大切な知識の一つです。

仏教とともに伝来した火葬?

一般的にみれば日本の火葬は仏教の荼毘(だび)の風習が背景にあると言われていますが、昭和40年代ころまでは多くの地方では村に共同墓地があって、そこでの野辺送りによる土葬が主流でした。これは年配者の方であれば、よくご存じのことだと思いますが、江戸時代まで続いた両墓制が背景にあるのだと考えます。

Kofun115

古墳時代にも火葬の風習があった

そのなかで火葬の歴史を振り返ると、各地の古墳で火葬の痕跡が見つかっているのも事実です。下の写真が東京都あきる野市の瀬戸岡にある古墳のひとつで、ここでも火葬の痕跡が確認されているのです。

Kofun112

なぜ人を火葬にしたか

この疑問を調べていくと、同じく東京都あきる野市の郷土資料のなかに、昔の人々が人を火葬にした記録が見つかりました。この資料によれば留原(ととはら)地区では疫病などで人が死んだ場合は、決められた山腹に運んで火葬にしたことが記されていました。まだ、この記録だけで全てとは言えませんが、日本人が人をなぜ火葬にしたかの一因が分かったのです。

「どうぶつ」と呼ばれた火葬場があった

あきる野市の郷土資料によると、留原地区では村の山腹に火葬場があって、そこを「どうぶつ」と呼んでいたそうです。疫病などが原因で死者がでると、死者はそこへ運ばれ火葬されていました。火葬が終わると、そこには目印となる墓標などは一切立てなかったようです。したがって、年配の村人以外、「どうぶつ」と呼ばれた火葬場のありかは誰にも分らないようになっています。東京都あきる野市には軍道(ぐんどう)地区にも山腹に火葬場があったことが伝えられていますが、いずれも現地を調べてみましたが、火葬場の痕跡を見つけることができませんでした。私も何度か山中で不思議体験をしていますが、その場所は「どうぶつ」と呼ばれた火葬場跡なのではないかとも考えています。下の写真のように山中にある小さな広場が「どうぶつ」の場所だったのではないでしょうか。どうですか、みなさん、日本人の火葬の起源らしいものの姿が見えてきたでしょうか。

Kofun113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

異界の記憶(日本的たましいの原像)

みなさん、こんにちは。梅雨空でうっとうしい毎日が続いていますね。九州、熊本、大分地方では大地震後の大雨で大変だと思いますが、被災された皆さん頑張ってくださいね。
さて、今日は心霊研究に役立ちそうな一冊を見つけてきましたので、この本の紹介とこの後暫くは私が調べた日本的たましいの原像についてお話ししたいと思います。

心霊研究に役立つ一冊です

この本の著者は久野昭(くのあきら)で、私も殆ど名前も知りませんでしたが、この本には柳田邦夫や折口信夫など民俗学などで有名な研究家たちが調べたもののなかで、日本人が考えた死後(異界)の世界のことが比較的に分かりやすく纏められています。例えば、これまで私が調べてきた心霊スポットなどには昔の人々が考えた異界の姿が見え隠れしてくるのです。あの世とこの世の境界(結界)はどうなっているのかなど、昔の人々が考え出したものがよく調べ上げられています。
これまで私もいろいろな民俗学の本を読み漁ってきましたが、この一冊である程度、昔の人々が考えた民俗的風習などがよく理解できるものと思います。心霊スポットの調査などに興味がある方の必読本ですね。

本の紹介

 1.著書名:異界の記憶
 2.副 題:日本的たましいの原像を求めて
 3.出版社:三省堂
 4.著 者:久野 昭
 5.初 版:2004年3月1日


詳細はここ

 https://www.sanseido-publ.co.jp/publ/ikai_no_kioku.html
Kofun114


古い石仏や石塔の周辺で起こる怪異

現代の私たちは路傍にある古い石仏や石塔が、なぜ、そこにあるのかなんて深く考えたりはしませんね。ただ、確かなのは昔の人々はそれらに魂を吹き込めていたのです。魂を吹き込めるとは、文字通り死者や生贄を必ずと言ってよいほど石仏や石塔の周りに埋葬していました。それは昔の遺跡周辺から出土するという「一字一石」「多字一石」などの経石というものから判断できますね。下の写真は呼ばわり山と呼ばれる今熊山の山頂で見つけた山神、地神、水神の石経塚です。仏教では経石と呼ばれますが神教では石経塚となっています。私も何度か体験しましたが、このような場所の周辺で超常現象や怪異とよばれるような体験談を耳にすることがありますね。

Douso012

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

桜の木の下の怖い話

桜の木の下には本当に屍体が埋まっている?

みなさん、こんばんは。桜の満開便りが北上中ですね。でも、最近は花見宴会もやっていないので、私自身はちょっとわびしい春ですね。 さて、昔、梶井基次郎という作家が書いた短編小説「桜の木の下には」を、ちょっと科学的に本当かどうか検証してみたいと思います。梶井基次郎の短編小説の出足は次の通りです。
「桜の樹の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。」

検証1:桜辻

下の写真は桜辻と呼ばれるところにある桜です。塚の上にあった桜の木は古くなってもう切り倒してありますが、周囲に庚申塔、百番塔などが建立されているので、昔の人々が死者を供養していたことが分かります。

Sakura112


検証2:桜株

全国的に桜株という地名は各地に残っていますね。桜株から名前を変えて桜ケ丘という新しい地名になった場所も各地にあるので注意して見ればよく分かります。これらの地名の特徴は周囲に石塔がみられることですね。これも桜辻と同様に昔の人が死者の供養のために建立しているのです。

Sakura114


どうですか?みなさん、梶井基次郎の考えた「桜の樹の下には屍体が埋まっている」、これは桜辻や桜株(桜ケ丘)の地名の場所では本当の話だったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月15日 (日)

死者の魂と地縛霊

フランス同時多発テロの犠牲者に黙とう

 フランスで11月13日(金)に起こった同時多発テロで又、たくさんの尊い命が奪われましたね。平和な日本に住んでいる私たちには現場の緊張感は余り伝わってきませんが、亡くなられたみなさまに心より哀悼の意を表します。
今日、東京都の舛添知事が記者会見でお話されていましたが、日本もISの攻撃標的の国のひとつとなっていますので対岸の火事と思わずに緊張をもっていることが必要かも知れませんね。

地縛霊は存在するか?

 心霊研究をやっていると、地縛霊という言葉をよく耳にします。ある日、予期せぬ事故や事件に巻き込まれて自分が運悪く死んだとしたら、自分の魂は、自分が死んだということをすぐに受け入れることができるでしょうか。ウィキペディアでは地縛霊のことを次のように説明しています

「地縛霊(じばくれい、restligeists)とは、自分が死んだことを受け入れられなかったり、自分が死んだことを理解できなかったりして、死亡した時にいた土地や建物などから離れずにいるとされる霊のこと。あるいは、その土地に特別な理由を有して宿っているとされる死霊。」


私はこれまでの心霊研究から地縛霊は存在するものと考えています。下の写真は私が数年前に撮影した心霊写真ですが、写真撮影の2ケ月ほど前に近くで男性の首つり自殺があったばかりの現場でした。もし、この写真が正真正銘の心霊写真だと証明することができれば、地縛霊は間違いなく存在することになりますね。

Katsu012

地縛霊信仰は世界各地に存在している

 事件や事故で人が死ぬと、親族や知人たちが命日にその現場に供養に行って献花したりする光景をよく見かけますが、これは世界中でウィキペディアで説明されているような地縛霊信仰が存在するからだと私は考えます。下の写真は今から3年ほど前に交通事故で若い男性3人が亡くなった現場で、命日に親族の方たちが献花されていましたね。フランスで13日に亡くなられた人々の魂は、まだ、そこに留まってさまよっているのかも知れませんね。

Katsu013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

必見!NHK禁断のホラーミステリー

ドラマとドキュメンタリーが融合して面白い!

 去年はNHKで「超常現象」が特番で取り上げられ、今年はこの「怪異TV」です。先週8月6日(木)に第一話「消えたルポライター」が放送されたので興味を持って拝見しましたが、昔から各地に残る民間信仰や伝承に基づいた番組構成でなかなか専門的に面白いと思いました。8月13日(木)呪いのタイムリミット、8月20日(木)怪談少年Aと続編が予定されていますので、関心がある方は是非、ご覧になってください。
番組内容の一部を紹介しておきます。

日本各地で起こる怪事件に、架空の番組「怪異TV」のスタッフたちが挑む。謎を解くため、スタッフは民俗学の専門家や大学教授にインタビューを行い、各地に実在する民間伝承の調査を進める。浮かび上がるのは「幽霊画」「呪い」「学校の怪談」など、怪異の世界のキーワードだ。それらをヒントに、次々に謎を解き明かしていく。ドラマとドキュメンタリーが融合した知的ホラーミステリー。(NHKオンラインより)
http://www4.nhk.or.jp/P3629/

Nhkonline01

呪い!各地に残る証拠とは

 現在、超心理学という分野では国際意識プロジェクトのように、人間の内部にある「意識」の研究が盛んに行われています。人間が集団化して興奮がピークになったときに起る乱数発生器の異常な偏り現象、これらが、もし、私たちの意識が作用していたとしたら「呪い」というのが物理的に説明できるのではないでしょうか。
時は変わって、今から2100年ほど昔、日本国内においては山岳信仰が全盛期の時代がありました。各地には必ず神聖な山があって、そこで修験僧たちが祈禱などの神聖な儀式を行っていたのです。ところが、その祈禱のなかには「呪い」が含まれていたために、王族が修験僧たちの山籠りを制限し許可制にしたのです。そのために、神聖な山で祈祷を行う場合は「御岳精進(みたけそうじ)」という修業を神聖な山に入山する前に行わないと許可が出ませんでした。それで、各地に山籠りの前に修行する場所として御岳山(みたけさん、おんたけさん)という山の名が誕生したのです。
従って、今から2100年も前から「呪い」というのは人々の意識のなかに存在すると昔の人々は信じていたのではないでしょうか。写真は東京の西多摩にある大岳山(修験山)、御岳山(修行山)の山の並びです。呪い!信じられないような世界は私たちの身近に間違いなくあるのです。

Nhkonline02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

意識と夢と神様の話

意識の二体説

 最近になってイギリスの超心理学者、スーザン・ブラックモワの著書「意識」(岩波書店)を読み直してみましたが、心理学を勉強した人間ですら「意識は謎」だと言っています。
専門の先生方も、こうやって意識の謎解きに悩んでいるんだから、やはり、心霊の世界の研究も大変なのです。例えば、夢で体験する金縛りやら体外離脱なども一般的な研究者は、これらを病理学的に究明しようとしますね。
でも、よく考えてみましょう。昔から私たち人類は不吉なことがあるたびに人間ではないもうひとりの神様に向かってお祈りをしていたのです。このことを考えると、昔の人々は神様の存在を身近に感じていたのだろうと私は考えています。
従って、意識とか夢の世界というのは、私たち個人の「脳」を越えたところに、もうひとつの意識が存在すると考えることができますね。これを、意識の二体説といいます。

Man045

意識状態の地図

 次にスーザン・ブラックモアが考えた意識状態の地図をご紹介します。確かに、われわれの意識状態を図に示すと便利ですね。みなさんだったら、どのような意識状態の地図を思い浮かべますか?

Man044

ホフマンスタールの夢の世界

フランスの詩人、ホフマンスタールは「夢」について、次のような詩を残しています。
昔から人類は夢の世界は霊界とつながっていると考えていたのです。

こころの奥底は夢のいとなみに開かれている

閉ざされた室内の亡霊の手のように

夢はぼくらの中にあり、つねに命をもっている

そして三者はひとつだ、人と、物と、夢と・・・

       フーゴ・フォン・ホフマンスタール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

暗号解読で1億2千万円

ENIGMA(謎解き)ってお金になる

今日、面白いと言えばこんなニュースが流れていましたね。 【ニューヨーク共同】絶対に解けないと信じられていた第2次大戦当時のドイツ軍の暗号エニグマを解読した英国の天才数学者で、コンピューター科学の始祖とされるアラン・チューリングが暗号解読に挑んでいた当時の手書きのノートが13日、ニューヨークで競売にかけられ、102万5千ドル(約1億2千万円)で落札された。  チューリングは1954年、その功績が世間に知られることなく死亡した。チューリングを題材にした映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」は今年の米アカデミー賞脚色賞を受賞し、話題になった。

心霊研究もENIGMAのひとつ

 このニュースを取り上げたのも理由があるからですね。本当に心霊の世界というのは謎だらけなのです。まだ日本国内には本気で心霊研究をやろうといった学者や研究者が少なくて、それに殆どが怪談話ですし、それが似非科学だと言って科学というご紋に一蹴されてしまう結果ですね。でも、めげずに頑張っていこうと考えています。 最近、身近にある石造物に刻印されている異体字を調べていますが、これらは昔の人々が考え出した自分たちの信仰の表現のひとつなのです。と言う事は、昔の人々はもうこの世にいませんから、あの世から苦笑いしながら「この謎を解いてみろ!諸君」と言っているようなものなのです。 下の写真にある寒念仏の石塔も難しい謎解きのひとつです。せっかく作った寒念仏塔をまるで卵を割るように半分に切断しているのです。それも日本刀のようなものでスパっと切ったように見せている。何のためにこのような表現をしたのか、未だに謎のまま。しかし、これらの表現は密教と呼ばれる信仰の世界のできごとなので、きっと理由がある。今はこの謎は難しくて解けないけれど、いつかきっと誰かがこれらの謎解きに成功するかもしれません。そのとき、ひょっとしたら、その人は大金持ちになっているかもしれません。ねえ、みなさん。

Toom102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

心霊研究を始めよう!

心霊研究って科学なのです

 平成27年が明けましたね。今年もどうぞ宜しくお願いします。
心霊研究というと多くの人は幽霊や怪談○×などのように怖い世界の出来事のように連想されてしまいますが、どっこい、これは正真正銘の超心理学分野でのサバイバルという研究分野なのです。
もし、この世に本当に幽霊がいたと仮定してみましょう。それは、一般の人々にはとても怖いものかも知れませんが、科学者や研究者にしてみれば一種の宝の山に見えてくるのです。言ってみればコペルニクス以来の「パラダイム・シフト」が、そこにあるのですからね。
昨年はNHKでも「超常現象」という番組でも霊魂の存在について、アメリカやイギリスなどでの研究事例が紹介されたように、心霊研究自体が現実味をおびてきているのです。みなさんのなかにも、自分も心霊研究に挑戦してみたいという方がいらっしゃったら、是非、この機会に始められたらどうでしょうか。お勧めします。
研究を始めるにあたって、さて、どのような参考書が身近にあるかというと、明治大学の石川先生が著された「超心理学」(紀伊国屋書店 2800円+税)がお勧めの本です。この本は図書館などにも置いてありますから足を運んでみてはどうでしょうか。

心霊研究から生まれる副産物

 私の場合は不思議体験をしたときに、そこで古い石造物に出会って、先ず、それらの調査を手がけました。そうすると、そこに先人たちはたくさんのメッセージを異体字にして残していることが分かってきたんですね。そこから異体字に対して解読力がつくようになって、その石造物の周囲が何であったか分かるようになってきた。その中には、昔の人々が恐れ敬った現代風の心霊スポットが数多くあるのが分かるようになりましたね。従って、心霊研究を始めるには昔の人々が残した石造物の周囲を調べていけばよいことに気がつきます。
下の写真などはいい例で、昨年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に登場した石田光成の旗印に表された異体字ですね。この旗印「大一、大万、大吉」の意味は一般的には「万民が一人のため、一人が万民のために尽くせば太平の世が訪れる」と訳されていますが、占星術から見れば大一は「天帝」、大万は「全ての民」、大吉は「幸福」となりますから、全訳すると「天の神のもとに全ての民が幸福である」というようになりますね。
このように心霊研究では昔の人々の考え方が分かったり、いろいろな副産物が生まれてくるのも事実です。霊魂や幽霊といったものを怖がらずに科学の目線で調べていくと結構ドラマチックな人生に出会えることと思います。

Stougatsu02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

どう見る?STAP細胞論文ねつ造問題

STAP細胞論文は本当にねつ造なの?

 今年もいよいよ師走間近となりましたね。日本語大賞のなかに出てきたSTAP細胞ねつ造問題は結局、再現できなかったということで疑惑の白黒がハッキリした形になりましたが、最先端科学のプロ集団がどうしてこのような間違いを犯してしまったのだろうと純粋に疑問が残りましたね。
ユニット・リーダの小保方春子さんが5月に行った記者会見の様子を見ていても、彼女の姿は真剣そのものでしたから全てが嘘だったとは信じたくありませんね。
でも、200回以上再現できたと反論したものが再現できなかったのだから、プロの科学者としては追放などの厳しい処分を受けて当然なのかもしれません。どこの世界でも嘘は厳しい処分を受けてしまいますね。

Stap021

自然界の不思議

 ips細胞やSTAP細胞で脚光を浴びたのがプラナリアという虫なのではないかと思いますね。この虫は胴体のどこを切られても、そこから、また、頭や胴体が再生されて一匹の固体として成長していくんですね。だから、細胞の研究をしている人たちはSTAP細胞というのは、あって当たり前と考えたのではないでしょうか。
自然界にはまだまだ現代の科学では説明できない謎がたくさんあるのだから、STAP細胞というのはこれからも細胞研究の用語として生き残っていくと思います。

Stap022


STAPは心霊研究と重なるものがある

 何故、私がSTAP細胞論文のねつ造問題を私のスピリット・オーブ研究と重ね合わせて見たかと言うと、2012年5月に近くの神社仏閣を調査している時に偶然、動くオーブ(ムービング・オーブ)を3体撮影することに成功したんです。この3体のオーブは同年5月連休の期間に撮影したもので、その時はムービング・オーブはいつでも撮影できると確信していました。ところがどっこい、不思議なことにその後は全くカメラの前に姿を現さなくなりました。
3体も動画で撮影できたことから、その時は、これで私もスピリット・オーブが存在すると世間に胸を張って証明できる!と興奮していましたが、その後は無のつぶて、全く姿を現さなくなってしまったんですね。何回も再現するのであれば胸を張って発表できる見込みでしたがアテが外れてしまったのです。
STAP細胞の再現実験に失敗した小保方春子さんを擁護するわけではありませんが、彼女の研究には超心理学特有の「再現性の乏しさ」があったのではないかと考えることもできます。下の映像は私が2012年5月に撮影したムービング・オーブのひとつです。
その後は今のところカメラの前に全くと言ってよいほど姿を現しません。不思議でなりませんが存在するのは事実なのです。再現させることは大変ですが、焦らずに地道に再現実験を進めることが科学者や研究者として必要な心構えなのではないでしょうか。ねえ、みなさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)