心霊理論2

2015年10月20日 (火)

本当?生前の姿で現れる幽霊たち

目撃談の殆どが生前の姿の幽霊なのは何故?

 先日、私の知り合いの女性から心霊の体験談を聞きましたが、ちょっと気になったので紹介します。 彼女の話しによると、数年前の出来事で以前勤めていた会社の食堂の従業員の方でAさんという方がいて、最近、顔を合わせていないなと思って心配していたときに、たまたま、その方が心配したその日に食堂の厨房の薄暗い奥に見えたそうです。それで、その時は取り越し苦労だったと考えて一安心していましたが、その翌日、Aさんが亡くなったという連絡が会社の方にあったということです。Aさんは一週間ほど前に体調をくずされて入院されていたそうで、彼女が姿を見かけないと心配した時期とあっているのです。 私も心霊研究でいろいろな方から体験談を聞いていますが、多くの人が人間の姿をした幽霊を見たというのが圧倒的です。そして、東日本大地震の例を調べてみると、被災地で語られる多くの体験談も生前の姿をした幽霊の目撃談なのです。こればかりは心霊研究をやっている私でも、どうして、人間の姿をした幽霊が目撃されるのかが検討もつかない難問です。 これまで、私が調べてきた幽霊クリウはガス状で、幽霊ボンボリはレンズの結露現象で現れているのですから、生前の姿をした幽霊の目撃情報にはまいってしまっている状態です。何者でも死んでしまえば肉体は腐って跡かたも無くなってしまうのですから、残ったとしても形の無い霊だけだと考えるのが当然ですね。 先日、近くの薄暗いトンネルを自転車で走っているときに黒い人影のようなものが目に留まって心臓がドキっとしましたが、近づいてよく見てみるとガードレールに衣類が引っ掛かって人影のように見えただけの錯覚でした。 このように幽霊の見え方には心理的なものが多く、詳細に分析してみると7~8割が目の錯覚、気の迷い、恐怖心、集団ヒステリーなどで説明ができると考えますが。残りの2~3割の体験は事実なのかも知れません。私は個人的には人間の目が見たのではなく、脳が植物の第三の目のところで説明したように、人間もこの第三の目で見たのではないかと考えています。心霊研究ではこのことを念頭に置いて人間の姿をした目撃情報を分析する必要がありますね。 みなさんは実際に幽霊ってのは生前の姿で現れると思いますか?

Ghost234

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

植物の超能力(第三の目) を知ろう

植物には第三の目がある?

 先日、市内を散歩しているときに、下の写真にある山芋の蔓(つる)に出会いました。この何の変哲もないような光景、普通だったら何も考えずに通りすぎてしまいそうですが、植物の超能力「目」というものを発見してつい立ち止まって写真を撮ってしまいました。 この写真では平らな塀に規則的なプレスの穴が開いていて、それを山芋の蔓はすかさず見抜いて蔓をまるで針糸を通すように這わせているのです。(この写真では三ケ所の赤丸の部分) 一般的には竹や木々などに植物が蔓を巻いている状況をよく見かけますが、この山芋は明らかに他と違って鉄板に規則的に開けられた穴の場所を見つけて蔓を這わせているのです。これは、どこかに目の存在がないと説明できませんね。

Sunp0026

目の無いひとだまの不思議

 これまで私もひとだまに出会ったことがあって、そのひとだまには目も口も鼻のようなものは見当たらなかったのに、不思議なことに、そのひとだまは間違いなく私を目指して飛んできたのです。 目と言うと、私たちの常識では医学的な目のことを思い浮かべてしまいますが、世のなかには目の無い生物がたくさんいますね。例えばこうもりです。彼らは目が退化していて、それを補うために超音波を発して周囲の確認を行っているのが分かっていて、この能力が生命の第二の目ではないかと思っています。 しかし、他の目の無い生物たちがどうやって周りの光景を識別しているのかはまだよく分かっていないのが事実です。もし、この世に霊魂が存在していたとしたら、彼らはどうやって現実の世界を見ているのだろうという疑問が生じてきます。 このような疑問は、私の考えでは今回写真に撮った山芋の蔓にそのヒントが隠されているような気がしています。彼らの物を識別する超能力、何でもない蔓の話しですが・・・第三の目がそこに隠されています。

Hitodama023

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

死の起源と木乃花咲耶媛

死の起源とは何か

 平成27年度も始まりましたね。心霊研究でいろいろなところに出かけて写真撮影やら磁場の調査をやっていますが、どうしてだか最近はオーブが写ったり磁場測定器が狂ったりすることが皆無となってしまいました。
しょうがない、今年の春は桜の見物でもして興じてみようかと・・・
ところで、桜について、ちょっと考えてみましょう。日本のさくらという語源は一説によると「木乃花咲耶媛(このはなさくやひめ)」だと言われていますね。この木乃花咲耶媛の神話のなかに「自分とニニギ尊の間にできた子が、不義の子ではないかと疑われたために、身の潔白を証明するため産室に火を放って子を産んだ」、すなわち、これが死の起源を説明する神話だと言われています。
また、木乃花咲耶媛は富士山の女神としても信仰されており、日本の女神信仰の世界が垣間見えてくるような気がします。
よく考えてみたら、私たちをとりまく生命世界には「生と死の起源」というものがあって、「生の起源」は科学的な研究が多く行われていますが、「死の起源」というものに全く手つかずだったように思います。このようなところに心霊研究の盲点があるのではないでしょうか。「死の起源」というものをどのように考えるかは、まだよく分かりませんが、日本の神話のなかにヒントがあるかも知れません。下の写真は近くの神社の鳥居付近の春爛漫絶品の光景です。

Kishi021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

被災地での霊的体験調査の提言

東日本大震災の犠牲者に黙とう

 今日で早いもので東日本大震災から4年という月日が経ってしまいましたね。震災で犠牲になられた皆さまに心より哀悼の意を表します。
さて、先日のNHKのNEWS WEBという番組で被災地での霊的体験を取り上げていましたが、心霊研究家としてとても良いテーマを選んでくれたと感謝しています。被災を受け生き残った人々の体験談を真摯に受け止めて、心のケアを行うのは大事なことのように考えます。現在、この取り組みは東北大学が事務局となって被災者たちが体験した霊的体験の支援を宗教関係者も交えて行っているそうで、霊的(心霊)体験はデータがまとまれば場合によっては死後の世界の現実味がでてくるかもしれませんね。

霊的(心霊)体験をタブー視しない

 超心理の世界においても霊魂の存在を否定する専門家もたくさんいますが、まだ謎が解明されていない現在、フィフティ、フィフティの考え方で聞き取り調査を行って被災者たちが体験した不思議な出来事を真摯にみつめることが大切だと私は思います。被災者たちの霊的な体験談をタブー視しないことが何よりも大切です。
そのなかで、私が提言する調査項目を下記に示します。

1)病理学的な調査を行って欲しい
  先ずは、不思議な体験をした人たちの病理学的検査が大切です。そのなかでも、一般健常者と比べて体内の血液に異変がないかなどごく一般的な健康診断の要素を取り入れた調査が必要と考えられます。
  これまでの私の調査では霊的体験をする人たちはごく一部の人たちなので、霊媒のような変化が体内で起っているのではないかと考えているので、それには、先ず血液成分のなかで何か異変が起こっていないかなどの検査が有効だと考えているのです。
2)夢の調査
  とくに霊的体験のなかには夢枕のように明晰夢といわれる類の体験があるので、不思議な夢を見た時は、それが一般的な夢か明晰夢なのかに分ける必要があります。とくに、明晰夢をよく見るという人は憑依にあっている可能性が高いということになります。
3)デジタルカメラやビデオカメラを使った撮影
  霊的体験や霊感が強い人にはオーブが写りやすいと言う傾向がみられるので、まずは、霊的体験をした人たちに一人で出かけてもらって海や川などの風景写真や動画を撮ってもらうことです。オーブがよく写る人は憑依にあっている可能性が高いということになりますね。

このような調査内容が超心理学的には最低必要な項目に思います。

関連HP

被災地における霊的体験と継続する絆─身内の霊と未知の霊─日本宗教学会(2014年9月13日)堀江宗正(東京大学)
norick.h@nifty.com
http://www.academia.edu/8308769/%E8%A2%AB%E7%81%BD%E5%9C%B0%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E9%9C%8A%E7%9A%84%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%81%A8%E7%B6%99%E7%B6%9A%E3%81%99%E3%82%8B%E7%B5%86_%E8%BA%AB%E5%86%85%E3%81%AE%E9%9C%8A%E3%81%A8%E6%9C%AA%E7%9F%A5%E3%81%AE%E9%9C%8A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

不思議な夢の分析方法

不思議な夢は分析できるか?

 もう2月ですね。今日、近くのお寺で節分の行事が行われていましたので、ちょっと顔を出してきました。奉納歌舞伎などがあって大変賑わっていました。

さて、心霊研究を始めるにあたって、私も最初はそうでしたが、信仰の世界で語られる死後の世界というものはたんなる作り話であって、それこそ非科学的な世界とばかり馬鹿にして食ってかかっていました。 それは、天外伺朗さんの「あの世の科学」では最終的には彼も死後の世界のことを「信仰」の世界で説明されていたように、私もその時は著名な先生方も結局は死後の世界のことなんて空想とか妄想話しに終わってしまうんだなと考えたりしましたね。 でも、最近、お寺や神社を巡っているうちに何となく天外伺朗さんの説が理解できるようになったと言うのが最近の心境ですね。研究と言うものは時間をかければかけるほど当初の考え方から大きく進化していくものなのです。 それから、最近になってフィールドに出かけて写真をたくさん撮っていますが、昨年の夏ごろまでに写っていたオーブや不思議な画像などはもう見当たらなくなりましたね。そのほかに、不思議な夢も最近は見なくなってきたし、これも不思議な変化のひとつです。 でも、世のなかには毎日のように不思議な夢をみている人も大勢いらっしゃることでしょう。そのような夢の世界がデータ化できれば「あの世」のことも科学的な分析に役立つのかも知れませんね。下の写真は近くのお寺に掲示してあったお墓参りの心得で、科学的な分析に役立つ条項が明記されているように思いますので、関心がある方は是非、参考にしてください。

お墓参りの心得

一、先ず本堂のご本尊さまにお参りしましょう。
二、正月、春彼岸、盆、秋彼岸にお参りしましょう。
三、祥月命日にはお参りしましょう。
四、誕生日にもお参りしましょう。
五、祝いごとがあればお参りしましょう。
六、夢をみたらお参りしましょう。
七、迷いがおきればお参りしましょう。
八、歎きがあればお参りしましょう。
九、感謝と報恩のためにお参りしましょう。
十、近くに来たらお参りしましょう。

Higan102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月30日 (火)

超常現象のウソとホント

超常現象と通常現象の見方

 いよいよ師走となりましたね。昔はネコも杓子もと言われるほど庶民はお金の工面に走り回っていましたが、最近ではそのような光景も見られなくなりましたね。ATMなどの出現で世のなかも様変わりしたと言う事なのでしょうか。
昨日、NHKのBSで今年初めに放送された「超常現象」の再放送があったので改めて見直しましたが、世の中で数多く報告されている超常現象に対して、一部の科学者たちがそれらを無理に一般の物理法則を使って実験して説明しようという試みは、私のような心霊研究家としては受け入れがたいものがありましたね。
もちろん、未解決の「超常現象」というのは、いつかは科学的に解明されて一般的な「通常現象」になっていくわけですから、科学第一主義は大切なことなのです。しかしながら、私のように心霊現象をライフワークとして研究している人間も、それほど馬鹿ではありません。目の前で起っている不思議な現象の原因は何だったのか、現場に何度も足を運んでいろいろな角度から調べているわけですね。
下の写真は、素人の人が見たら驚くかもしれません。お地蔵様の両目から、あたかも涙がこぼれ落ちているかのように見えますね。ひょっとしたら、これは「超常現象」なのかもしれませんが、そうではありません。お地蔵様の目がくぼんだところから雨水が流れている跡があたかも涙の跡のように見えているだけの「通常現象」なのです。
このような一般的な理性を持って「超常現象」というものを私たちは調べているのですから、何事にも科学者と言うものは様々な角度から調べていく必要がありますね。

Rinsi026


超常現象の研究のあり方

 下の写真は私がここのブログで何度かお話した幽霊クリウと幽霊ボンボリに遭遇したときの写真です。不思議なものが写っているのは誰が見ても分かると思いますが、大切なのは2枚の写真に偶然写っている人間や動物のような顔ですね。偶然と言えば偶然なのですが心霊体験の現場で見られた不思議な光景ですね。この顔の犯人は人工的に作られたものではなく、2つとも自然界の苔(こけ)や菌類が作り上げた傑作なのです。これを科学的に単純に説明しようとすると、単に自然界が偶然に作ったものだということになるでしょう。しかし、そうではありません。この2ケ所は間違いなく偶然に私が不思議な体験をした心霊スポットなのです。今はこの顔のオブジェは消えて見当たりませんが、余りにも偶然すぎる出来事だったのです。このように偶然に起った不思議な現象を人間のたんなる錯覚などと蓋をせずに科学的に調べていくことが未解明超常現象にチャレンジする科学者や研究者に求められる姿勢なのではないかと思いますね。
来年も心霊研究を通して「超常現象」の解明に取り組んでいきますので、みなさま宜しくお願いしますね。

Ghost138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

危険予知とPSYの力

自然災害(地震・噴火・津波など)は予知できるか?

 9月27日に発生した御岳山の噴火で多数の死傷者や行方不明者がでていますが、慎んで哀悼の意を表します。 超心理学の分野では、このような自然災害に対し人間の持つ予知能力の研究も行われていますが、まだまだ成果はみられず残念でなりません。 しかしながら、このような危険な現場にいらっしゃった方々のなかには、偶然にも助かったという人も存在するのは事実です。このような境遇のなかにあって何が生死を分けたのでしょうか。 そのなかには間違いなく人間の持つ予知能力が潜んでいるのです。

Mitake222


PSYとフラッシュ現象
 

  「PSY(魂)が働く」という言葉は超心理学の世界ではよく耳にする言葉です。何人かの被験者を集めて透視や予知の実験をするという風景はテレビの番組などで見ることがありますが、これらはまだ実験方法が確立されていないので信憑性に乏しい状況です。 しかし、私のこれまでの体験から、人間がある種の危険の前にさらされるときはPSYの力が働くのは本当のように思います。現在までに我々人類は事象の3秒前の予知ができることが知られていますが、実際は事象の数時間前には自分の身の前で起る危険を予知できるものと考えています。 そのシグナルはフラッシュ現象です。フラッシュ現象というのは私が命名したもので心理学や超心理学の分野ではまだ使われたことがありません。フラッシュ現象は私たちが通常に生活をしているときに、急に脳裏に「地震」とか「交通事故」などのキーワードが浮かんでくることがありますが、この現象をフラッシュ現象と呼んでいるのです。 この現象は自分に危険な事象が発生する数時間前に必ず誰にでも起ります。それを私たちは気づかずに見逃しているだけなので、時々、自身の神経を集中させてみれば理解できるようになるのです。

Mitake224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

結界と超常現象

結界とは何か

 私たちは身近にお寺や神社があるのに、そこに余り足を踏み入れようとしませんね。その主な理由は「神社やお寺に行く用事がないから」だろうと思います。 それは、ありふれた理由でもありますが、宗教や心霊研究から考えてみると神社には鳥居、お寺には山門というのが入り口にあるのが分かります。よく考えてみると神社やお寺では結界という考え方がありますね。要するに、ここから先は神聖な場所だという印が必要なのです。その目印が鳥居であったり山門であったりするのです。従って、目には見えない結界によって私たちは鳥居や山門を安易にくぐっていないのに気づかされます。 この結界というものを理解するのも心霊研究では必要なのだと思います。

目に見えない結界というバリアがある

 これまで多くの心霊スポットや神社、仏閣を訪ねてきましたが鳥居や山門の付近でオーブや不思議なものが写るということですね。昔の人々は鳥居や山門を神聖な場所を示す結界と考えていたので、このような場所で不思議なものが写真に写るのだと考えられます。 もし、死後の世界があったとしたら先人達が悪霊から神聖な場所を守っている場所があるのではないかと考えることができるのです。結界という私たちの目には見えないバリアが身近に存在することを理解すべきですね。

Ghost121


神社の鳥居付近でのオーブの例

Ghost120


お寺の山門付近での不思議な物体の例

Ghost119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月20日 (日)

心霊スポットと「丁場」

丁場を探せ!

 昨日、NHKのダークサイド・ミステリーで平将門の首塚が特集で再放送されましたが、主に平将門の祟りの検証が史実に基づいて進められとてもよかったと思います。心霊研究では心霊現象を調べる時に冷静に事象を見つめる必要があるので大変参考になりますね。
下の写真は将門塚の古い写真ですが、確かに塚の恰好をしているのが分かります。心霊研究でいろいろな心霊スポットにでかけてみると、その場所が一般的な道路の近くにあって、丁度「丁」という字を書いたような場所であることに気づきます。
この「丁」という文字は異体字を研究すると「切」という字と同じだということが分かって来ます。昔は石切り場のことを「丁場」などとも呼んでいたのです。現在の将門塚は時代が大きく変わっているので、丁場という雰囲気ではありませんが昔の写真からは何となく雰囲気が伝わってくるものと思います。
従って、私たちの住んでいる街のどこかに「丁」と書いたような道路にお地蔵さんとか石塔が並んで建っている場合は、そこが昔は高札場や塚、あるいは共同墓地だったことが分かるのです。

Kosatsu027



地図上から見えてくる心霊スポット

Kosatsu029

高札場の例

Kosatsu022


一般的な塚の例

Imaguma03


昔の共同墓地の例

Kosatsu024

以上のように、どれも丁という字を書いたような場所に石造物が建っているのが分かりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

心霊現象の謎を解こう

学者たちは心霊現象を検証すべきだ

 いよいよ、日本列島は春爛漫ですね。昨日、近くの寺に出かけていったら、桜の花吹雪がとてもきれいでしたね。う~ん、まさに日本列島春爛漫だと感じましたね。
さてはさてはという感じでお地蔵様の写真を撮ったところ、不思議なものたちが写っていたんですね。お地蔵さんの頭の上に4つほど明るくなっていますね。最初は後ろの壁が変色しているからだろうと考えていましたが、今日、確認のために見に行ったんですけれど、壁の変色は見られませんでした。
今年はNHKでも「超常現象」といった特番が放送されて、心霊現象についても世間の認識は高まりつつあるものと思っています。
下にあるような不思議な写真など、世のなかにはたくさんの心霊現象があるのだから、物理や生物学者たちは常識や偏見にとらわれず、身近で起っている心霊現象の検証を行うべきだと思います。ねえ、みなさん。

霊だろうか?

Psy04012


普通の風景

Psy04013

| | コメント (0) | トラックバック (0)