超心理学・what new!

2016年9月 4日 (日)

「奇跡の森」HP終了のお知らせ

みなさん、こんばんは。今日は西多摩地方は天気予報では雨模様でしたが、午後からは一転、真夏日となって暑い日差しが照り付けました。今、台風12号が九州地方に接近していますが、九州地方のみなさん頑張ってくださいね。

さて、タイトルにあるように「奇跡の森」のHPを続けてきましたがNIFTYのHPサービスが9月末で終了することになりましたので、お知らせいたします。今後のHP開示は今のところ未定ですが、他のHPサービスで開示できればお知らせします。

写真だけでは伝わらないもどかしさがある

下の写真は私が今から14年前に長野県M村で初めて撮った「幽霊クリウ」です。始めのころは超心理学に関心のある方々に写真を見てもらって、幽霊ではないかと説明して回りましたが、思うように伝えることができませんでした。やはり写真というのは二次元の世界なので、これだけの証拠だけで「幽霊が実在する」と主張するのが難しいのです。

幽霊の定義が必要だ

これまで様々な大学の研究機関などに出向いて説明しても、なかなか相手にしてもらえませんでした。それは幽霊の存在を現代の科学界で論ずるのは、まず力説するだけ変人扱いされ追放の憂き目にあうことをみなさん恐れているからだと考えています。でも、それではいけないと私は考えています。なにしろ、幽霊と遭遇した体験談は世の中にたくさん存在するからです。これらを、すべて体験者の妄想などと決めつけること自体に問題があるのではないでしょうか。やはり科学信奉の世の中ですから幽霊の定義を決めて研究することが大事ですね。

私が「幽霊クリウ」を幽霊と決めつけているのは

①「幽霊クリウ」が私の目の前を横切った瞬間を2枚撮影した。
②「幽霊クリウ」はガス状の塊である。
③別の日に同じ場所で「ひとだま」が飛んできた。
④「奇跡の森」はこれまでの調査で古墳群らしいことが判明した。
⑤「幽霊クリウ」と遭遇後、夜中にうなされる夢が続いた。

以上の5点です。
科学が進んだ世の中にあってこそ、死後の世界のこと、心霊体験の調査をできるだけ科学的に調べる研究者の登場を心待ちにしている一人です。

Kuriu0031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

What is Zen?(禅と超心理学)

6月27日(金) 禅の講演会が予定されている。

 最近、NHKの「超常現象」などで紹介されています人間の持つ「意識」とは何だろうという疑問に「禅」は大変役に立つのではないかと思います。
姜 尚中さん、佐々木 閑さんなどの公演が予定されていますので関心がある方は、是非、会場へお越しください。

詳細は下記のHPをご参照くださいね。
http://www.zenbunka.or.jp/zenken/archives/2014/03/1150250.html

日時 平成26年6月27日(金)18:00~20:30(17:00 開場)

場所 よみうりホール(有楽町)東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7F

出演
  横田南嶺老師(円覚寺派管長)
  姜 尚中氏(聖学院大学学長)
  佐々木 閑氏(花園大学教授)
  平井 正修氏(全生庵住職)

入場料 一般1500円、大学・高校生500円 (全自由席)

申込方法

ローソン/ミニストップ店頭「Loppi」で直接購入(Lコード:33889)
インターネット予約 http://l-tike.com/ (PCモバイル共通)
電話予約(24時間受付)0570-084-003(Lコード:33889)

Zen14

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

5月4日 超能力の番組紹介

超能力はあるのか!?不可思議に挑む科学者たち

 風薫る5月となりましたね。さて本日NHKのEテレで超能力の最新研究が放映(23:30~24:00)されますね。明治大学の石川幹人(いしかわまさと)先生がゲスト出演されますので、みなさんご覧になってくださいね。それにしても、今年は超心理学の番組が目白押しなので石川先生も放送局にひっぱりだこのようです。昭和50年代に起った社会現象、ユリ・ゲラー現象の再燃のようですね。

以下はNHK Eテレの番組紹介文です。

「超能力はあるのか!?不可思議に挑む科学者たち」と題し、常識にとらわれず、壮大な謎に挑み掛かる研究の最前線に迫る。念力、透視、テレパシーといった超能力の謎に、今、世界の科学者たちが真剣に挑み始めている。しかも驚くことに、ごく普通の私たちにも不可思議な未知のパワーが存在するかもしれないというのだ。最新の計測機器と統計科学を駆使して浮かび上がる、現代科学では説明困難な現象とは何なのか。そこから、最先端の物理学と超能力の思いがけない接点が見え始めている。

Face224

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

NHK「超常現象」特番のお知らせ

NHKのBSプレミアムで「超常現象」という番組放送が予定されています。
この番組制作に国際総合研究機構(IRI)の小久保秀之先生がアドバイザーとして協力されています。
超心理学の世界で放送される番組なので、みなさんお見逃しのないようにお勧めしますね。
以下はNHK番組案内から

1月11日(土) 21:00~22:30分 第1集「さまよえる魂の行方」
1月18日(土) 21:00~22:30分 第2集「秘められた未知のパワー~超能力~」

幽霊、生まれ変わり、透視、テレパシー・・・。超常現象は、今も世界で数多く報告されている。将来は解明されるかもしれないこれらの現象も、現代科学では説明できないという理由だけで、一様に“眉唾”と切り捨てられてきた。
しかし今、これらの超常現象を、科学的に解明しようという試みが、急速に進んでいる。アメリカ、イギリスなど、世界中の科学者たちがアプローチ。その結果、やはり眉唾と実証されたもの、原因が科学的に解明できたものがある一方で、現代科学では説明不可能な事実が存在することも、明らかになろうとしている。
どこまでが科学で解明でき、どこからが謎の領域なのか。
最前線の研究をもとに、科学的に鑑賞していく。

1月11日(土) 第1集 さまよえる魂の行方 ~心霊現象~

今年の夏、イギリスで行われた幽霊城の大規模調査。電磁波や低周波音測定器などの最新機器が異常な数値を捉えた。そして、その分析からは、心霊現象の意外な正体が浮かび上がってきた。さらに、前世の記憶を突然話し出す子どもたち。自分が生まれる前の出来事を次々と語る。調査の結果、その内容がまぎれもない事実だったことが判明した。この生まれ語り現象とはいったい何なのか。死後の世界や魂の謎の解明を目指す科学者たちの姿を追う。
       
------------------------------------------------------------------

 
1月18日(土) 第2集 秘められた未知のパワー ~超能力~

最近アメリカ政府が9万ページに及ぶ極秘文書を公開した。そこには、米ソ冷戦時代、アメリカ軍に「超能力スパイ」が実在していたという驚くべき事実が記されていた。さらに今年の夏、ネバダ州の砂漠で行われた壮大な超能力実験に完全密着。すると、7万人の「意識のパワー」が常識では考えられないような不思議な現象を引き起こした。はたして超能力は存在するのか。その真偽を最新科学で見極めようと挑む研究者たちの知られざる奮闘に迫る。
       
------------------------------------------------------------------
 
ナビゲーター 阿部 寛(俳優)

Nhk987

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

NHKスペシャル「神の数式」

「神の数式」、生命とは何か!?

9月21日(土)、22日(日)NHKで午後9時から連続で「神の数式」というスペシャル番組が放映されます。
心霊研究に関心がある方に必見の番組と思われます。是非、ご覧くださいね。

2千年以上に及ぶ人類の思索の歴史。それは、全宇宙の謎を解く唯一無二の“神の数式”を追い求めた歴史でもあった。ニュートン、アインシュタイン以来、科学者たちは「あらゆる自然現象は、最終的には一つの数式で説明できるはずだ」と信じてきたのだ。そして今年、ヒッグス粒子の発見によって、人類は“神の数式”の完成に向け、大きく前進しようとしている。この番組は、“神の数式”の探求に挑んだ天才たちの、苦悩と創造、ときには狂気さえはらんだ思索のドラマをビジュアル化することを目指す、野心的シリーズである。
第1回は、「なぜモノに重さ」があるのかという、素朴とも言える問いに挑んできた天才たちの物語。ヒッグス粒子の発見は、ノーベル賞を受賞した南部陽一郎博士らの「標準理論」と呼ばれる数式が、全ての物質を書き表す数式であるということを証明するものであった。その本質は、「もともと対称だった世界が、対称でなくなることで重さが生まれる」という奇想天外なものであった。あまりの大胆さ故に一度は葬られた南部博士の理論がどのようにして蘇り、ついには実験で確認されたのか、今年91歳になる南部博士らの証言ドキュメントと最新CGによって、知的興奮に満ちたドラマと斬新な世界観を描いていく。
                                           (NHK総合HPから)

Special022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

フィールドワーカの新兵器紹介

最近、アクションムービーカメラというのが市販され、心霊研究のツールとして活用できるかどうか使ってみたので紹介する。

1.小型ながら高性能

 写真にあるようにカメラ本体は手のひらサイズで持ち運びには便利だ。
 プロの写真家のように映像品質を気にしなければ十分使用可能。
 購入価格は9980円と手ごろな値段だ。

Action023


2.バッテリー内臓

 バッテリー内臓なのでPCとUSB接続で充電ができる。

3.撮影時間

 動画の場合、SDHCのメモリーカードにより
  8GB 約1時間15分
 16GB 約2時間30分
 32GB 約5時間
  以上のように取扱説明書に紹介されているが、バッテリーの残容量は未確認。
  しかし、1時間程度は余裕で動作することを確認している。

4.付属品など

 車と自転車に取りつけられるアダプターなどが付いている。

Action022


5.紹介サイト
  (株式会社 山善)
https://www.japanet.co.jp/shopping/internet/InetGoodsListSearch.do?actType=INIT&navi=21&product=WJD01-86256

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

UFO番組の紹介

UFOは実在するか!?

UFOの特集番組がNHKのEテレで8月25日(日)に放映されるようです。
昔から古代文明発祥の地で発見されている謎の円盤、本当にUFOは存在するのでしょうか。私も以前、奇跡の森の近く、夜空で見たことがあります。人類がこれまで謎としてきた宇宙からの侵入者たち。彼らは本当にいる?いない?
NHKのHPで次のように紹介されています。

「毎年、世界中で目撃される「UFO」。実はその2割までもが、今の科学では「説明不可」! 長年の水掛け論に決着をつけるべく、宇宙物理の第一人者による驚きの新事実です!」
関心がある方は是非、ご覧ください。

【放送日時】
2013年8月25日(日)
[Eテレ] 夜11:30~12:00
【再放送】
2013年8月31日(土)
[Eテレ] 昼0:30~1:00

Ufo191

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

必見!心霊研究、石仏・石塔の分析論

日本心霊科学協会 抄録のご案内

 手前みそな話ですが、去る6月30日(日)に日本心霊科学協会で「日本の石仏文化と心霊研究」と題して発表を行いました。
中身は、私たちの周りに存在する石仏や石塔を初心者として、どのように捉えればよいかに焦点をあてて論じています。
私たちの身の回りで起こる怪現象を調べていくとき、必ずと言っていいほど、その周辺に古い石仏や石塔が存在します。
それらの石仏や石塔を心霊研究として調べる際の分析論になると考えています。
関心がある方は、下記宛てお申し込みくださいね。

1.申し込み先:公益財団法人 日本心霊科学協会 事務局
             連絡先    03-3362-7111
2.販売価格 :1,000円/冊 プラス郵送費(210円)

Sinrei003



公益財団法人 日本心霊科学協会 本部

Sinrei001

第12回心霊科学研究発表会風景
                          (写真中央は挨拶中の大谷宗司会長)

Sinrei002


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

ライフログと超心理学

超心理学を目指す人々に朗報!

第419回 日本超心理学会の月例会が下記の通り開催されます。
現在、乱数発生器を応用した汎用型の試作機を世一秀雄さんが開発されています。乱数発生器は明治大学の石川幹人教授が世界意識プロジェクトの日本代表として研究を行われていますが、この乱数発生器の廉価版を開発されています。
これまで、心霊スポットなどで電子機器が狂う現象が発生することは知られていますが、その調査対応として、この廉価版型乱数発生器の活用が期待できます。最大の特徴はログが記録されるので、データ分析ができる点だと考えています。
関心のある方は是非会場へ足を運んでくださいね。

日時 
      2013年6月29日(土曜日)  14:00~16:00

場所

     学士会館   309号室

発表者

    世一 秀雄   (日本超心理学会会員)

  発表テーマ 「ライフログと超心理学」

ここ数年で人間や動物の行動や生体データを記録する技術が格段に進んできた。 一般に購入可能なデバイスや研究段階のデバイスなどを紹介しながら、 超心理学への応用を考えたい。

(詳細案内)

http://j-spp.umin.jp/japanese/monthly/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

第12回 心霊科学研究発表会のご案内

第12回 心霊科学研究発表会のご案内

 先に当ブログで紹介していました発表会が下記の通り開催されます。
心霊研究に関心のある方は、是非ご参加下さいね。

1.開催日時
 平成25年6月30日(日)
 12時30分~17時

2.会場
 公益財団法人 日本心霊科学会館 2階
 〒161-0034 東京都新宿区上落合1-12-12
 電話番号 03-3362-4095
 (詳細案内)
 http://www.mapfan.com/m.cgi?MAP=E139.41.45.9N35.42.43.1&ZM=9 

3.参加費用
  2,000円/人(テキスト代を含む)

4.予定

 12:30 開会の辞

(1)12:40~13:05 般若心経から心霊科学への道程
            (発表者:前川敏文)
(2)13:10~13:35 病と心霊
            (発表者:小室昭治)
(3)13:40~14:05 日本の石仏文化と心霊研究
            (発表者:宮原 貢)
(4)14:10~14:35 天才は早死にする?
            (発表者:吉田純志)
   10分間休憩
(5)14:45~15:10 瞬時に霊能力を得て、瞬時に霊能力を
          失った体験からの考察
            (発表者:森 彰)
(6)15:15~15:40 私の2012年問題
            (発表者:中川貴志)
(7)15:45~16:10 精神統一について
            (発表者:熊野泰之)
  16:10 審査
  16:25 審査発表
  16:40 表彰
  16:45 講評
  17:00 終了

 なお、発表終了後懇親会が予定されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)