« 怖くなる、千手の誓い! | トップページ | 布田道の怪 »

2020年8月 4日 (火)

現実に起きる【祟り】の怖さ

  みなさん、こんにちは。
梅雨も明けて蒸し暑い毎日が続いていますね。
さて、今日は【祟り】についてお話したいと思います。心霊研究では主に心霊体験のようなものがメインテーマとなってしまいますが、時々、現地調査をしていると、特に多くが古い石造物の近くで不思議な話を耳にすることがあります。それは、一家破産、夢にうなされる、最近、事件や事故に巻き込まれたというような類のお話です。第三者が聞くとそれぞれ別の次元で起こっているような話に聞こえますが、共通点は古い石造物の存在です。心霊研究では、このような石造物にまつわる【祟り】についてもひとつのテーマとして研究が必要と思いますね。
Photo_20200804145001

事例1(ニソの森)

地元の月信仰の調査をしていると、ニソの森という古い月信仰の場所に辿りつきます。ニソの森のニソというのは二十三夜の二十三が訛ってニジュウソウとなり、それが、また訛って二十三になったと民俗学の世界で述べられています。不思議なことに、このニソの森付近で不吉なことが2件起きています。ひとつは一家の破産ですね。もうひとつはニソの森近くにある二十三夜塔が一度破壊されて、その後、修復されているということです。いろいろ情報収集を行っていますが、なかなか地元の人から核心的な話を聞くことはできませんが、私は背景に【祟り】があるものと考えています。写真は2ケ所のニソの森の風景です。普段は誰もこの森には入りません。

Photo_20200804150301


事例2(戦没者慰霊碑)

戦国時代、多くの犠牲者が出た古戦場の近くに昭和50年代に地元の人が戦没者慰霊碑を建立しています。時代を遡ること420年も前に起こった戦争犠牲者の慰霊碑が建立されています。 地元の人に話を聞いてもよく分かる人はいません。太平洋戦争での戦没者慰霊碑くらいでしたら誰でもよく戦争のことを知っているので理解できますが、今から420年前に起こった戦没者の慰霊碑を建立するというのはただ事ではありませんね。私はこれもひとつの【祟り】現象だと考えています。写真は現在の慰霊碑です。

 Bonbori101

事例3(夢でうなされる石造物)

これは、私の住んでいる近くで現実的に起こった話で、体験者の方から事のいきさつを聞く機会がありました。不思議なことにこの石造物群のなかの小さな石仏が毎日のように夢に現れるということでした。それ以来、夢にうなされた人は毎日のように、この石造物群の周りを清掃し、花々を供えているとのことでした。

Photo_20200804152201


どうですか皆さん、石造物の【祟り】の怖さ、お分かりになりましたでしょうか。

|

« 怖くなる、千手の誓い! | トップページ | 布田道の怪 »

心霊理論2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖くなる、千手の誓い! | トップページ | 布田道の怪 »