« 先人たちの霊場の目印 | トップページ | 折口信夫の石こづめ論の検証 »

2020年4月20日 (月)

生命とは何か(霊とウィルス)

4月7日(火)に新型コロナウィルス拡散による非常事態宣言が出されて、世の中が物騒な状況となってきましたね。
医療のある専門家の説明によるとウィルスは生物ではないと説明されていましたが、この説明を聞いて過去にここのブログでも取り上げました物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーの「生命とは何か」という著書が頭に浮かんできたため、すぐに読み直してみましたが、この本は素人にはちょっと難しい、何しろ物理学者が書いたものですから理解するのに一苦労します。
要するにウィルスというものは生物ではないがDNAかRNAどちらかの遺伝子を持っていると言うのです。
医学的に見た場合、ウィルスそのものが非生物扱いされているのはしょうがないと考えがちなのですが、やはりシュレディンガーが説いているように医学的な面からだけでなく、化学や物理(特に量子力学)の考え方を取り入れて「生命とは何か」を論考する必要があるのではないかと考えます。
シュレディンガーは生物の考え方として「生きているものは物理学の普通の法則に帰着させることのできない或るやり方で働きを営んでいるという結論を出す準備が整ったに違いない」という説明をしています。従って医学的な見地だけでウィルスは生物ではないと断定するのには現時点では問題があるのではないかと考えます。

ウィルスは生物か非生物か

Korona003

霊魂は生命体?だろうか

Bonbori1 

世の中にはまだ不思議な世界がたくさん潜んでいます。上の写真は以前私の前に 姿を現した幽霊「ボンボリ」です。これこそ、生命の神秘を物語る唯一の証人ですね。

|

« 先人たちの霊場の目印 | トップページ | 折口信夫の石こづめ論の検証 »

心霊理論1」カテゴリの記事

コメント

現在、世界各地の都市部においてコロナの影響による非常事態宣言が出ており、日本の人々も大変な状況になっています。
どうやら、今年3月に予定されていた超心理学会の講演会も中止になったようですね。
「霊魂は生命体?だろうか」については、意識があるのなら生命体と考えて良いのではと思っています。ウイルスと細菌は似ているようでまた別のモノと医学的には定義がありますが、なかなか難しいですね。超心理学への応用もできないものでしょうか。

投稿: サラスワティ | 2020年4月20日 (月) 21時02分

サラスワティさん、お久しぶりです。コロナウィルス渦の中で世の中大変なことになっていますね。昔、「ミクロの決死圏」というSF映画がありましたが、我々人類も「ミクロ」という世界について、さらに研究を深める必要があるのではないでしょうか。我々の身体の中にはたくさんの細胞、遺伝子が存在しますが、それらをコントロールしているものが中心にいる、それが生霊というやつではないか、素人ながらそう考えます。

投稿: 管理人 | 2020年4月23日 (木) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 先人たちの霊場の目印 | トップページ | 折口信夫の石こづめ論の検証 »