« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月 4日 (水)

先人たちの霊場の目印

  世間ではコロナウィルス騒動で大変な状況になっていますね。みんなミクロの生物たちの仕業ですが、考えてみれば霊魂の世界も同じだと考えています。ミクロの生態系のことは本当に未知のことばかりなので研究に本腰を入れて欲しいところです。
さて、今回は先人たちが残した「霊場の入り口」のサインについてお話しします。心霊研究から石造物の世界を眺めてみると、不思議なほど昔の人々が考えた信仰のことがよく分かるようになります。

霊場の入り口サインは石造物の組合わせだ

各地の石造物を見て歩いていると、霊場のある場所には必ず「庚申塔」と「百番塔」を組み合わせているのが分かります。
東京都檜原村の大岳神社入口にも同じような組み合わせがみられ、そこに「大岳神社入口」の石塔が建立されています。

Photo_20200304111901 

東京都あきる野市(今熊山入口)

Photo_20200304112201 

長野県北相木村(佐久霊場)

2

以上のように各地の石造物を調べてみると、霊場の入り口に建立してあるものは「庚申塔」と「百番塔」の組み合わせだということが分かります。

「奇跡の森」の百番供養塔の意味

石造物に「供養塔」と刻印してあるものは、その石造物が仏式であることを示しています。従って奇跡の森に建立してある「百番供養塔」は仏式であるのが分かります。この場所には、この石塔が一基しかありませんが、建立年が嘉永元年申年と刻印してあります。干支を調べてみると、嘉永元年は戊申です。普通はこの戊申と刻印するはずなのに、わざわざ「申年」と刻印したのには理由があるからだろうと考えています。すなわち、干支の申(さる)に庚申(こうしん)を掛け合わせて、この場所が「霊場」の入り口だと言っているのではないでしょうか。

Photo_20200304114601 

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »