« 幽霊はオーブが現れる現場で探せ! | トップページ | スピリット・オーブの科学的考察 »

2018年11月 3日 (土)

霊に怯える人々

久しぶりに「奇跡の森」に足を運んできました。朝の気温が氷点下三度と、東京から比べると一か月近く季節が冬へと進んでいました。
今から三年ほど前に一度足を運んでいた時、「奇跡の森」の界隈の木々を地元の業者が伐採しているのに遭遇しましたが、今回訪れてみると百番供養塔の周りがかなりバッサリと切られているのに驚かされました。
現代科学というものは霊魂の存在をかなり否定していますが、こういう場所こそ科学的なメスを入れる必要があると考えています。
今回の調査では地元の人の話を聞く機会はありませんでしたが、現地の大きな様変わりを見ると、やはり地元の人々は私が遭遇した幽霊「クリウ」のことを知っていて、かなり恐れているために百番供養塔界隈の木々を伐採したとしか考えられませんでした。

2018年11月現在の奇跡の森の姿

入口付近の近況

Aiki181100

奇跡の森にある現在の「百番供養塔」

Aiki181101


「百番供養塔」の付近の近況

Aiki181102

過去の「百番供養塔」付近と比べてみる

かなりの木々が伐採されているのが分かりますね。

Aiki181104

この場所は夏になると木々の影響で薄暗くなるところでした。

|

« 幽霊はオーブが現れる現場で探せ! | トップページ | スピリット・オーブの科学的考察 »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/67343036

この記事へのトラックバック一覧です: 霊に怯える人々:

« 幽霊はオーブが現れる現場で探せ! | トップページ | スピリット・オーブの科学的考察 »