« 多摩の怪談「すってくりょう」 | トップページ | 霊に怯える人々 »

2018年10月12日 (金)

幽霊はオーブが現れる現場で探せ!

あっという間に秋がやってきたという感じですね。
さて、今日は幽霊の探し方についてお話したいと思います。
巷では人数を集めて心霊スポットに出かけて行って幽霊探しのようなことをやっている人たちをネットなどで見かけることがありますが、それは主に遊びが目的でプロのやることではありません。幽霊を探すのであったら、出来るだけ少人数で調査内容を細かく計画して取り組むことが必要です。

先ずはオーブがよく現れる現場を探せ!

ここではスピリットオーブを単にオーブと呼んでいますが、人気のない山道や森の中を歩いていて、偶然、撮影した場所にオーブが写っていたら、その場所で定点撮影方式で撮影して、何度か撮影できる場所を選択します。オーブがたくさん写る場所がありますが、単独で写る場所を推奨します。

Orb1307

スピリットオーブは同じ場所に現れる

Orb1312

このようにスピリットオーブは同じ場所に出現する傾向にある。

次に幽霊とひとだまが出現する

このような場所に何度か出かけて写真撮影を続けていると、幽霊はカメラの前に姿を現すことがある。この場合、カメラの前に現れた「幽霊」を「真の幽霊」と断定するのは、幽霊が現れた現場で別の日にひとだまが飛んできたりポルターガイスト体験をすることで裏付けられる。

Orb1212

|

« 多摩の怪談「すってくりょう」 | トップページ | 霊に怯える人々 »

心霊理論1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/67267074

この記事へのトラックバック一覧です: 幽霊はオーブが現れる現場で探せ!:

« 多摩の怪談「すってくりょう」 | トップページ | 霊に怯える人々 »