« お盆に霊は現れるか | トップページ

2018年9月 5日 (水)

多摩の怪談「すってくりょう」

台風21号が関西中心に各地に被害をもたらしましたが、被害に遭われたみなさまにお見舞い申し上げます。

今日は、多摩の怪談に取り上げられている東京あきる野市にある兄弟塚「すってくりょう」の調査を行ってきましたので、調査内容をご説明します。

Tamakai011


現地案内地図



あらまし

その昔、菅尾太郎、次郎という兄弟がこの地にいて、兄が鎌倉に出かけている間に、弟次郎が兄の愛馬を田がきのために兄の許可もなく貸し出してしまった。
数日後、鎌倉から戻った兄はこのことに大変激怒し、兄弟げんかが始まり、刀を抜いて果し合いになってしまった。「ずめり坂」のところで弟がよろけたときに、その刃が兄の胸元にあたり、兄は息絶えたという。
兄思いの弟は、我に返り嘆き悲しみ、そこで自害したという。二人の亡骸はそのまま頭もそらずこの場所に埋葬されてしまった。
その後、村人たちがこの場所を通るたびに、どこからか、頭をそってくれ、「すってくりょう」といううめき声のような声が聞こえてきたという。

Tamakai013

現地の状況

Tamakai012

八雲神社

地図上では八雲神社が目印となっています。

Tamakai014


調査後の感想

今回の調査では、特に写真や電子機器などにも異常は見られませんでした。この場所は、普段人通りも少なく、心臓の弱い人は気を付けたがいいかもしれません。

|

« お盆に霊は現れるか | トップページ

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/67132710

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩の怪談「すってくりょう」:

« お盆に霊は現れるか | トップページ