« 平将門ミステリー紀行(いざ、勝峰山!) | トップページ | 平将門ミステリー紀行(オーブと怨霊) »

2018年3月19日 (月)

平将門ミステリー紀行(血の池地獄)

急に暖かくなってきたので桜の開花も秒読みかなと思っていましたら、急に寒くなって足踏み状態になりましたね。
さて、今日は平将門ミステリー紀行も勝峰山という心霊スポットへの挑戦です。
勝峰山は標高454mなのでそう高い山ではないのですが、登って現場を見てみると、やっぱり心霊スポットだと分かりますね。では、いよいよ心霊スポットへ、いざ!

1.勝峰山(454m)へは車が便利です

  JR五日市駅からだと、秋川街道で小机から大久野方面へ向かいます。
  緑の矢印の部分が「藤太橋」の案内板があるところです。

Masakado131

2.勝峰山史跡案内板

  これは頂上付近に掲示してありますが、この場所で平将門と藤原秀郷が一戦を交えたことは史実として公認されていませんが、現場に行ってみると、本当に歴史上この場所はまさに隠蔽されていると誰しも考えるかも知れません。

Masakado122

3.勝峰山山頂の見取り図

Masakado125

4.血の池入り口の不気味な祠

  山頂に登る途中に血の池の案内板がたっています。入口の所に木で作った祠が二つありますが、これが、ちょっと怖いです。何しろ中身が空っぽなんです。理由は分かりませんが主のいない祠も本当に怖いです。

Masakado127

5.ドリーネ(窪地)にある「鈴石」

  ドリーネとは石灰岩大地などが雨水などで浸食されて窪んだところを意味する専門用語のようです。この場所に平将門の愛妾、鈴か御前が生前好きだったお手玉のことを忍んでか「鈴石」というのが祀ってあります。

Masakado128

6.血の池

  「鈴石」の近くにあるのが、ちょっと怖い「血の池」と呼ばれる小さな池ですね。
最初のころよく意味が分かりませんでしたが、将門の武勇伝を調べていくと、鈴か御前が将門を裏切って敵方に密通したことが背景にあるようです。仏教などでは女性が堕ちる地獄のことを「血の池地獄」と呼んでいるので、この場所は歴史そのものを証明しているのではないかと思います。深さはそんなに深くはなく5~6m程度です。

Masakado129

7.山頂付近にある「鎧塚」

伝説では「一夜城」となっているので、確かに山頂付近は城郭のような面影はありませんでしたが、この「鎧塚」が一夜城の面影を残しているのではないかと思います。

Masakado126

8.考 察

今回の調査では観光客もちらほら見えていましたので、霊の反応のようなものは余り感じられませんでしたね。やっぱり、心霊スポットというのは誰もいないときに一人で行って調査するのが一番です。ここは、心霊に興味のある初心者の方にお勧めの心霊スポットですね。

|

« 平将門ミステリー紀行(いざ、勝峰山!) | トップページ | 平将門ミステリー紀行(オーブと怨霊) »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/66515659

この記事へのトラックバック一覧です: 平将門ミステリー紀行(血の池地獄):

« 平将門ミステリー紀行(いざ、勝峰山!) | トップページ | 平将門ミステリー紀行(オーブと怨霊) »