« 平将門ミステリー紀行(城と三すくみ) | トップページ | 平将門ミステリー紀行(血の池地獄) »

2018年3月13日 (火)

平将門ミステリー紀行(いざ、勝峰山!)

この2〜3日、随分と暖かくなってきましたね。
今日は平将門ミステリー紀行の大本命、日の出町に伝わる勝峰山(かつぼやま、又は、かつぼうやま)合戦伝説についてお話しします。
日本の歴史上は平将門と藤原秀郷がこの地で合戦を行ったことは史実として捉えられていませんが、現地を訪ねてみると、史実自体が間違っているのではないかと錯覚してしまいますね。

合戦の内容

伝承によると天慶3年(940)に相模原方面から藤原秀郷(田原藤太)に追われた将門は勝峰山に一夜城をたてて立てこもった。
翌日、秀郷は羽生から、家来は幸神から攻め、激戦の末、将門は梅ケ谷峠を抜けて青梅から奥多摩へと逃げて行った。(日の出町史より)

いざ!勝峰山へ

最寄り駅はJR五日市駅が便利

Masakado121

実踏コース

JR五日市駅→藤太橋→幸神神社→岩井橋→勝峰山林道→山頂

藤太橋

藤原秀郷(田原藤太)がここから平将門に向かって矢を放ったという伝説の橋(実際、橋はなく説明板と使われていた石が数個残っているだけ)

Masakado123

幸神神社

藤原秀郷が陣をはった場所と伝えられている

Masakado124

勝峰山登山入り口(岩井橋)

岩井橋を渡ると太平洋セメント工場が見えますが、すぐに左折。一応、山頂近くまでは車で行くこともできます。

Masakado119

勝峰山林道

Masakado120

今日のところは、ここまでですね。(◎´∀`)ノ でも、この先からが、ちょっと怖いですよ、ホント(*≧m≦*)

|

« 平将門ミステリー紀行(城と三すくみ) | トップページ | 平将門ミステリー紀行(血の池地獄) »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/66494149

この記事へのトラックバック一覧です: 平将門ミステリー紀行(いざ、勝峰山!):

« 平将門ミステリー紀行(城と三すくみ) | トップページ | 平将門ミステリー紀行(血の池地獄) »