« 呪いの美学、白魔術・黒魔術とは | トップページ

2017年6月 7日 (水)

古戦場跡には幽霊が現れる?

みなさん、こんばんは。
九州地方が今日梅雨入りしたので、関東地方もそろそろ梅雨入りですね。
さて、今日は、ちょっと怖い梅雨の時期の幽霊のお話です。
 今から15年くらい前に近くの水くみ場で出会った幽霊のことを、今でも時々調べていますが、最近になって、その幽霊は今から500年くらい前に起こった前田・上杉両軍との戦闘で犠牲となった地元の村人たちなのではないかと考えるようになりました。

戸倉城山合戦とは

 天正十八年(1591)、時の関白秀吉が後北条討伐のために武州八王子城、滝山城、戸倉城、檜原城を前田・上杉連合軍に命じて攻めたとき、戸倉城で平山一族が連合軍を迎え撃った合戦です。合戦は豊臣方の圧勝で終わりましたが、皮肉にも地元では戸倉の見城、檜原の聞き城と言われていて、当時の合戦は相手の松明を見たり半鐘の音を聞いただけで簡単に落城したと伝えられています。
 このように私も当時の合戦のことは簡単に考えていましたが、実際は激戦があったようです。

Orb300

激戦を伝える慰霊塔?

 これまで、私が心霊体験をした一帯を調べて来ましたが、最近では調査の際にオーブも写らず諦めかけていました。でも、今年になって近くに当時の合戦を伝える慰霊塔があることが分かったので、現在、その関連性を調べています。
この慰霊塔は昭和57年(1982)に建立されています。でも不思議ですよね。古戦場跡などの公的な石碑はよく見かけますが、この慰霊碑は個人が、しかも500年くらい前の戦没者の慰霊のために建立しているのです。この慰霊塔には次のように刻印されています。

  天正十八年 戸倉城山
   合戦盆堀谷戦没者 慰霊塔
        黙堂謹書


Orb305

幽霊「ボンボリ」は戦没者の霊だろうか?

 よく古戦場跡で幽霊の目撃談がありますね。そうすると、私の前に現れた幽霊「ボンボリ」は近くの盆堀谷で亡くなった戦没者の霊という可能性も出てきたのです。
どうですか、みなさん。古戦場跡での心霊体験、信じられますか。

Orb301
                             (幽霊「ボンボリ)

|

« 呪いの美学、白魔術・黒魔術とは | トップページ

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/65379423

この記事へのトラックバック一覧です: 古戦場跡には幽霊が現れる?:

« 呪いの美学、白魔術・黒魔術とは | トップページ