« 信仰に生きた人々 | トップページ | 檜原村の金銀埋蔵金の行方(序章) »

2017年1月 2日 (月)

呼ばわり山の奇跡

あけましておめでとうございます

心霊研究に関心のある皆さま、今年もどうぞよろしくお願いします。

呼ばわり山(今熊山)に初詣

今熊山は関東の霊場として有名ですね。標高は505mありますが、意を決して初詣に挑戦してきました。写真は今熊山山頂に祀られている奥宮です。ご祭神は建速スサノオノミコト、月夜見命(ツキヨミノミコト)です。安閑(あんかん)天皇の時代、すなわち西暦534年頃に勧請したと記録に残っているので、とても由緒ある神社なのです。

Imakuma123

今熊神社の入り口

今熊神社は交通の便も悪くJR八王子駅からだと、上川町行のバスに乗っていくしかありません。

Imakuma112

途中に正福寺がある 

多くの観光客は、この正福寺を素通りしていきますが、今熊山が本山となっているので今熊神社と関係があるのです。本堂の入り口の天井に素晴らしい龍が描かれています。龍は天皇家を表していると伝えられています。

Imakuma113

いざ、今熊山へ

今熊神社の後方に見えるのが「関東の霊場、今熊山(標高505m)」ですね。

Imakuma114

今熊神社の横にある稲荷神社

Imakuma111

怪奇現象か?

逆光でもないのに、お稲荷さんの社殿にオーブや不思議なものが写っていました。ひょっとしたら、お稲荷さん?まあ、でも、よく分析してみないと・・・

Imakuma116

参道は特にきつい!

今熊神社が標高300mくらいですから、山頂までの200mをいっきに登るので年寄りには大変でした。

Imakuma118

新宿副都心がよく見える

今年は天気がいいので遠くに新宿副都心がよく見えました。

Imakuma119

山頂にある石造物群

山頂にあるからだと思いますが、石造物の多くは雷の直撃を受けているものが見られますね。石造物は山神、地神、雷神、水神などが主に刻まれています。

Imakuma122

いやー、それにしてもきつかったですー

安閑天皇のころ、宮妃が行方不明となり、そこで祈祷したところ無事にもどってきたという伝えで、それから今熊山は関東の霊場、呼ばわり山と呼ばれるようになったようです。みなさんも一度今熊山詣でをなさったらどうでしょうか。










|

« 信仰に生きた人々 | トップページ | 檜原村の金銀埋蔵金の行方(序章) »

心霊研究と民間信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/64712252

この記事へのトラックバック一覧です: 呼ばわり山の奇跡:

« 信仰に生きた人々 | トップページ | 檜原村の金銀埋蔵金の行方(序章) »