« 「奇跡の森」HP終了のお知らせ | トップページ | 信仰に生きた人々 »

2016年9月29日 (木)

憑依の分析と診断の仕方

憑依は病気のようなもの

みなさん、こんばんは。早いもので九月も明日で終わりですね。さて、今日は憑依についてお話します。憑依って言葉と意味は誰でも知っていますが、未だに科学のメスが入れない未知の領域なんですね。世の中には、これを逆手にとって詐欺まがいの医療?行為が暗躍していますが、でも、この人たちを一概に責めるわけにはいきませんね。なにしろ、科学の未知の領域であること、それから、私もれっきとした憑依体験者であるからです。憑依というのは病気のようなもので、5000人から10000人(推定)に一人くらいの割合でかかる希なものなのです。また、憑依という言葉は知っているけれど、どのようなものが「憑依」と呼ばれる症状か分かっていない人が多いのも診断が遅れる理由のひとつです。ここでは私の体験をもとにした憑依の診断の仕方についてご説明します。憑依というのは下の絵にもあるように古くから自分の肩に何者かが乗っているようなイメージですね。

Blue0033

憑依は時間がたてば治るものだ

そもそも憑依というのは一度かかったら一生続くものではありませんが、少なくとも症状が治まるまでに10年から15年くらいの歳月を要します。下の図が私が「へ」の字曲線と名付けている憑依曲線です。だいたい潜伏期間から回復するまでの憑依度を現したもので、以下、順に説明します。

Hyouikyokusen3


潜伏期間:

この期間は自分でも気づきませんが交通事故などのもらい事故を受けやすくなります。私の場合、この時期に交通事故、要するにもらい事故ですが三か月の間に三回の追突事故にあいました。この頃はちょっと身の回りのことが心配になってきます。だいたい潜伏期間は三か月程度と考えてもよいでしょう。

発症1:

潜伏期間を過ぎると毎晩のように恐ろしい夢にうなされる日が続きます。要するに超心理学の世界で研究されている「明晰夢」、すなわち現実の世界で起こっているような夢ですね。眠るとすぐに怖い夢を見るようになるので、眠るのがとても怖くなるのです。この期間は睡眠不足もあって、とてもつらい毎日が続きます。このようなときに人間は鬱になるのではないでしょうか。

Blue0031

発症2:

発症1の期間を過ぎるとオーブや不思議なものが頻繁に写真に写ったり、ポルターガイストと呼ばれるような超常現象を目の当たりにするようになります。また、自分の肩に何かが乗っているように感じることが多く、肩の痛みもよく感じます。発症1と発症2の期間中にダウジングの実験をやってみると、特にペンデュラム(振子)が大きく反応します。発症1と発症2の期間はだいたい4年から6年程度です。


Blue0030

発症3:

憑依の力も弱まりますが、時折、心霊スポットなどで写真に不思議なものが写ったりしますが、夢も一般的なものが多く霊の反応はあまり受けなくなります。どうですか、みなさん、現代医学でも謎だらけの憑依の分析方法は分かりましたか?

|

« 「奇跡の森」HP終了のお知らせ | トップページ | 信仰に生きた人々 »

憑依研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/64276562

この記事へのトラックバック一覧です: 憑依の分析と診断の仕方:

« 「奇跡の森」HP終了のお知らせ | トップページ | 信仰に生きた人々 »