« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月24日 (日)

魂のレイラインの謎にせまる

身近にあるレイラインを探そう

みなさん、こんにちは。今年は東海、北陸まで梅雨明けしているのに関東地方はまだ梅雨空が続いています。さて、今日は私の住んでいる東京都あきる野市で発見した魂のレイラインについてお話します。レイラインとは古代の人々が創りあげた離れた宗教遺跡などをつなぐ直線を指してそう呼ばれていますが、未だに謎が多く世界中で研究が行われているものです。そのレイラインが私の住んでいるあきる野市にもあることが分かって驚いているところです。とに角、心霊研究をやっていると驚きというか昔の人々の考えた死生観というものが直接目の当たりにできて感慨深いものがありますね。下の地図のように①~⑤がレイラインが確認できた場所で2kmほどの場所に点在しています。

Douso013

死者を待つ神社

秋川市(現あきる野市)地名考(昭和58年発行)によると地図①に示す雨武主(あめむしゅ)神社の参道近くに死人(しぶと)沢というのがあったことが記載されています。この場所を何度か調べてみましたが辺りに祠などの目印となるものは見つけることができませんでした。私の考えでは、この場所はその昔、間もなく死期を迎える人々を受け入れた場所なのではないかと考えています。

Douso014

北枕の方角を向く神社

これまで、あきる野市内の神社50社ほどの方角を調べてきましたが真北の方角を向いている神社は、この雨武主神社しか確認できませんでした。日本人は死者を寝かす際に頭の方向を北に向け「北枕」と昔から伝えているように、神社が北枕の方角を向いているのは死者の為ではないかと考えています。

Douso021

鳥居場と遥拝(ようはい)所

上の地図で示しているように雨武主神社には秋川を挟んで「②鳥居場」、小宮神社には平井川を挟んで「③遥拝所」が設けられています。このように「鳥居場」と「遥拝所」をわざわざ設けたのは、一方が神式、片方が仏式というように日本人が昔から崇拝した神仏習合が背景にあるものと考えています。
あきる野市雨間にある「鳥居場」

Douso016

鳥居場から見える雨武主神社

Douso015

あきる野市原小宮にある「遥拝所」

Douso017

辻地蔵と「捨て場」跡

「捨て場」というのは両墓制のところでも述べているように、江戸時代まで一般の人々は自分の墓を持つことができませんでした。従って、お寺には「詣り墓」という名称で石塔や地蔵を各家ごとに持ち寄り一般的な供養はそこで行っていました。いっぽう、遺体を葬った村の共同墓地を「捨て場」とか「捨て墓」と呼んでいましたが、その場所には墓標のようなものは一切なく、代わりに共同墓地の入り口には辻地蔵を建てて目印にしていたのです。驚かれるかも知れませんが、みなさんの近くにある辻地蔵は両墓制の名残なのです。

「捨て場」入口にある辻地蔵

Douso019

「捨て場」跡地(現在市民プールになっている)

Douso020

川向こうにある楽園

では、どうして昔の人々は川を挟んでお祈りをしたのでしょうか。それは、死後の世界が通称「三途の川」を挟んで「この世」と「あの世」に分かれていると考えていたからだと考えています。このような発想はキリスト教の世界にもあって、youtubeにも紹介されています。一例としてエミルー・ハリスが歌っていた「when they ring those golden bells」に表れています。詩の内容は「川の向こうに永遠の楽園と呼ばれる場所がある・・・」こんな感じですね。西洋、東洋を問わず人々は川を挟んでお祈りをしていたことがよく分かりますね。どうですか、みなさん、昔の人々が考えた魂のレイラインの謎が分かりましたか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 9日 (土)

ついに発見!密教、寒念仏のルーツ

みなさん、こんにちは。東京の西多摩地方は今日は生憎の雨天です。今日は昔の人々が信仰した寒念仏のルーツについて大発見がありましたのでお話しますね。

どこにでもある寒念仏塔

一言で寒念仏と言っても、普通の人には何のことだか訳が分からないと思います。でも、下の写真にあるようにお寺や神社の傍に建っている石塔をよく見てみると、寒念仏塔って文字が見えてきますよ。一度、ご自宅の近くの神社やお寺の傍にある石塔をよく見てくださいね。
Sekka04

寒念仏って何?

寒念仏ってのは、私も長年、そのルーツを調べてきましたが、庚申塔や二十三夜塔などは平安時代のころ中国から伝来したことは知られていますが、寒念仏塔は全くの謎だらけなのです。戦国時代のころに大津絵に鬼の寒念仏が描かれているのは分かっていますが、誰が何のために広めたのかよく分かっていないのです。下の絵が大津絵十四人衆、すなわち十三人は侍や商人などの一般人で、そのなかに鬼が一匹紛れ込んでいるのです。それで、大津絵十四人衆と呼ばれています。この寒念仏は庚申信仰などと同様に三年かけて講の形式で行われています。また、寒念仏塔は石灰岩か自然石の二つに分かれて建立されているのが特徴ですが、この理由もまだよく分かっていません。


Ohtsue012


ルーツは日本から3500kmも離れたヤップ島だった

この寒念仏塔が日本から遥か彼方3500kmほど離れたミクロネシア連邦のヤップ島がルーツだと言ったら、皆さん信じられますか?何をバカなことを言っているんだと一蹴される方がいらっしゃるかも知れませんが、これは事実なのです。
Sekka02

石貨と寒念仏に共通点がある

ヤップ島では石灰岩を加工した石貨が知られていますね。不思議なことにヤップ島には石灰岩は産出せず、500kmほど離れたパラオから石灰岩を切り出して船で運ばれていたのです。500kmも離れたところから船で運んでいたのですから命がけですね。そうしてまで、ヤップ島の島民は何故このような石灰岩を手に入れたかったのでしょうか、不思議ですね。石貨と言うように個人的な財産のような価値があったのだと私は考えています。一方、日本の寒念仏塔の多くは石貨と同様に石灰岩を切り出し、文字を刻印したものが見られます。どうして、わざわざ石灰岩に固着したのかが疑問となりますね。大発見!この寒念仏塔を調べているうちに、石貨と同じように丸い穴が開けられたものに出会ったのです。この時、体中を稲妻が走る!これが寒念仏のルーツだと直感したのです。

ヤップ島の石貨の例


Sekka01

私が発見した穴の開いた寒念仏塔

Sekka03

どうですか?みなさん、信じられませんがヤップ島の石貨と寒念仏塔の共通点、理解できましたか?石貨の丸い穴は運ぶために開けられたという説が大半を占めていますが、私が発見した穴の開いた寒念仏塔を見てみれば故意に開けたとしか考えられません。石貨の穴は多分、運ぶために開けたのではないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

異界の記憶(なぜ人を火葬にしたか)

みなさん、こんばんは。もう早いもので七月、一年の半分がすぎてしまいましたね。さて、今日は日本人が「なぜ人を火葬にしたか」についてお話をしたいと思います。
人の火葬なんて縁起の悪い話だといぶかる人もいらっしゃるかも知れませんが、心霊研究では大切な知識の一つです。

仏教とともに伝来した火葬?

一般的にみれば日本の火葬は仏教の荼毘(だび)の風習が背景にあると言われていますが、昭和40年代ころまでは多くの地方では村に共同墓地があって、そこでの野辺送りによる土葬が主流でした。これは年配者の方であれば、よくご存じのことだと思いますが、江戸時代まで続いた両墓制が背景にあるのだと考えます。

Kofun115

古墳時代にも火葬の風習があった

そのなかで火葬の歴史を振り返ると、各地の古墳で火葬の痕跡が見つかっているのも事実です。下の写真が東京都あきる野市の瀬戸岡にある古墳のひとつで、ここでも火葬の痕跡が確認されているのです。

Kofun112

なぜ人を火葬にしたか

この疑問を調べていくと、同じく東京都あきる野市の郷土資料のなかに、昔の人々が人を火葬にした記録が見つかりました。この資料によれば留原(ととはら)地区では疫病などで人が死んだ場合は、決められた山腹に運んで火葬にしたことが記されていました。まだ、この記録だけで全てとは言えませんが、日本人が人をなぜ火葬にしたかの一因が分かったのです。

「どうぶつ」と呼ばれた火葬場があった

あきる野市の郷土資料によると、留原地区では村の山腹に火葬場があって、そこを「どうぶつ」と呼んでいたそうです。疫病などが原因で死者がでると、死者はそこへ運ばれ火葬されていました。火葬が終わると、そこには目印となる墓標などは一切立てなかったようです。したがって、年配の村人以外、「どうぶつ」と呼ばれた火葬場のありかは誰にも分らないようになっています。東京都あきる野市には軍道(ぐんどう)地区にも山腹に火葬場があったことが伝えられていますが、いずれも現地を調べてみましたが、火葬場の痕跡を見つけることができませんでした。私も何度か山中で不思議体験をしていますが、その場所は「どうぶつ」と呼ばれた火葬場跡なのではないかとも考えています。下の写真のように山中にある小さな広場が「どうぶつ」の場所だったのではないでしょうか。どうですか、みなさん、日本人の火葬の起源らしいものの姿が見えてきたでしょうか。

Kofun113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »