« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

異界の記憶(日本的たましいの原像)

みなさん、こんにちは。梅雨空でうっとうしい毎日が続いていますね。九州、熊本、大分地方では大地震後の大雨で大変だと思いますが、被災された皆さん頑張ってくださいね。
さて、今日は心霊研究に役立ちそうな一冊を見つけてきましたので、この本の紹介とこの後暫くは私が調べた日本的たましいの原像についてお話ししたいと思います。

心霊研究に役立つ一冊です

この本の著者は久野昭(くのあきら)で、私も殆ど名前も知りませんでしたが、この本には柳田邦夫や折口信夫など民俗学などで有名な研究家たちが調べたもののなかで、日本人が考えた死後(異界)の世界のことが比較的に分かりやすく纏められています。例えば、これまで私が調べてきた心霊スポットなどには昔の人々が考えた異界の姿が見え隠れしてくるのです。あの世とこの世の境界(結界)はどうなっているのかなど、昔の人々が考え出したものがよく調べ上げられています。
これまで私もいろいろな民俗学の本を読み漁ってきましたが、この一冊である程度、昔の人々が考えた民俗的風習などがよく理解できるものと思います。心霊スポットの調査などに興味がある方の必読本ですね。

本の紹介

 1.著書名:異界の記憶
 2.副 題:日本的たましいの原像を求めて
 3.出版社:三省堂
 4.著 者:久野 昭
 5.初 版:2004年3月1日


詳細はここ

 https://www.sanseido-publ.co.jp/publ/ikai_no_kioku.html
Kofun114


古い石仏や石塔の周辺で起こる怪異

現代の私たちは路傍にある古い石仏や石塔が、なぜ、そこにあるのかなんて深く考えたりはしませんね。ただ、確かなのは昔の人々はそれらに魂を吹き込めていたのです。魂を吹き込めるとは、文字通り死者や生贄を必ずと言ってよいほど石仏や石塔の周りに埋葬していました。それは昔の遺跡周辺から出土するという「一字一石」「多字一石」などの経石というものから判断できますね。下の写真は呼ばわり山と呼ばれる今熊山の山頂で見つけた山神、地神、水神の石経塚です。仏教では経石と呼ばれますが神教では石経塚となっています。私も何度か体験しましたが、このような場所の周辺で超常現象や怪異とよばれるような体験談を耳にすることがありますね。

Douso012

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

オーブと不思議な夢の物語

逆光で写すとオーブが写る

みなさん、こんにちは。もう梅雨入りしたのに、ここ二、三日は西多摩地方は晴天続きです。
休日は心霊研究でデジカメなどを持って近隣の心霊スポットによく出かけますが、最近では殆どオーブたちは私の前に姿を現しません。お!オーブが写ったと喜んで調べてみると多くがレンズに付着したホコリです。下の写真がよい例ですね。
以前は、これもスピリット・オーブだと騒いでいましたが、最近では目が肥えてきて逆光で写すとレンズに付着したホコリが写ることも分かってきたので、ホコリのオーブには、もう惑わされません。みなさんもホコリのオーブに騙されないように注意しましょうね。
Orb0123


遊び心でシャボン玉による交霊実験

気を取り戻して、いろいろ考えた挙句、シャボン玉もオーブの一種だし、じゃー、シャボン玉を心霊スポットで飛ばしたら、スピリット・オーブたちが姿を現すのではないかと考えて何か所かで実験してみました。他人から見たらバカ丸出しかも知れませんが、無駄でもやってみなけりゃ分かりませんね。
実験方法は簡単で、シャボン玉を飛ばして、その後、写真を何枚か撮ってオーブが写っていないか調べる程度です。これまでの調査では一度も写ったものはありませんでした。うーむ、誠に残念!
Orb0120


後で不思議な夢を見た!

そんな感じで諦めかけていましたが、先日、夢の中でオーブたちが現れました。そこは薄暗い湖畔のようなところで、水辺に小さな家が一軒あって、その近くでたくさんのオーブがシャボン玉のように舞っている光景でした。
本当に夢の世界って不思議な世界だと思いますね。みなさんも一度、心霊スポットでシャボン玉実験をしてみたらどうでしょうか。夢の世界でオーブたちが現れたらびっくり仰天ですね。
Orb0124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »