« 聖地、奇跡の森へ | トップページ | お化け探知機って使えるの? »

2016年1月 1日 (金)

八王子にあるふたつの庚申霊場

呼ばわり山へ初詣

謹賀新年。心霊研究に関心があるみなさま、ことしもどうぞよろしくお願いします。 今日、東京都八王子市にある今熊(いまくま)神社に初詣に行ってきました。今熊神社はかつて今熊野神社と呼ばれていましたが、いつの頃からか不明ですが現在の今熊神社と呼ばれるようになったのですね。 この今熊山は関東の霊場、すなわち、行方不明者を呼び戻すことができる霊場「呼ばわり山」として古くから信仰されてきた有名な山ですね。

Koushin13


猿田彦と青面金剛は庚申信仰の主尊

八王子の霊場といえば高尾山が有名ですが、もうひとつ、上川地区にある今熊山は冒頭にも説明したように「呼ばわり山」として知る人ぞ知る霊場なのです。 下のGoogleの地図に二つの山の位置を示しています。この二つの山は庚申信仰でつながっているのです。

Koushin11


高尾山と猿田彦

高尾山と言えば「天狗」で有名ですね。庚申信仰では神式の主尊として「猿田彦」、すなわち天狗が信仰の対象となっています。薬王院のところにも天狗が立っていますので、よく分かりますね。

Koushin12_2


今熊山と青面金剛

今熊山は世間では余り知れ渡っていませんが、これは要因のひとつに交通の便が悪いことがあげられます。高尾山はJR中央線や京王線が近くまで走っていますので交通の便に恵まれていますが、今熊山はちょっと行くのには大変です。甲州街道から枝線に入って高尾街道、秋川街道へとはいって行って五日市カントリーを過ぎたところから、やっと今熊神社の案内板が見えてきます。 今熊山の裏手に「金剛の滝」があって、かつて、この場所が修験場だったことが分かります。「呼ばわり山」は行方不明者を呼び戻すという触れ込みになっていて、今でも、この神社に行方不明者を呼び戻すために訪れる人が多いのです。 この行方不明者を呼び戻すという表現に、かつては、今の探偵事務所のことを「興信所」と呼んでいましたね。この「興信」は「庚申」から派生したと考えることができますね。 仏式では庚申信仰の主尊は「青面金剛」なのです。

Koushin14

|

« 聖地、奇跡の森へ | トップページ | お化け探知機って使えるの? »

心霊研究と民間信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/62983434

この記事へのトラックバック一覧です: 八王子にあるふたつの庚申霊場:

« 聖地、奇跡の森へ | トップページ | お化け探知機って使えるの? »