« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月15日 (日)

死者の魂と地縛霊

フランス同時多発テロの犠牲者に黙とう

 フランスで11月13日(金)に起こった同時多発テロで又、たくさんの尊い命が奪われましたね。平和な日本に住んでいる私たちには現場の緊張感は余り伝わってきませんが、亡くなられたみなさまに心より哀悼の意を表します。
今日、東京都の舛添知事が記者会見でお話されていましたが、日本もISの攻撃標的の国のひとつとなっていますので対岸の火事と思わずに緊張をもっていることが必要かも知れませんね。

地縛霊は存在するか?

 心霊研究をやっていると、地縛霊という言葉をよく耳にします。ある日、予期せぬ事故や事件に巻き込まれて自分が運悪く死んだとしたら、自分の魂は、自分が死んだということをすぐに受け入れることができるでしょうか。ウィキペディアでは地縛霊のことを次のように説明しています

「地縛霊(じばくれい、restligeists)とは、自分が死んだことを受け入れられなかったり、自分が死んだことを理解できなかったりして、死亡した時にいた土地や建物などから離れずにいるとされる霊のこと。あるいは、その土地に特別な理由を有して宿っているとされる死霊。」


私はこれまでの心霊研究から地縛霊は存在するものと考えています。下の写真は私が数年前に撮影した心霊写真ですが、写真撮影の2ケ月ほど前に近くで男性の首つり自殺があったばかりの現場でした。もし、この写真が正真正銘の心霊写真だと証明することができれば、地縛霊は間違いなく存在することになりますね。

Katsu012

地縛霊信仰は世界各地に存在している

 事件や事故で人が死ぬと、親族や知人たちが命日にその現場に供養に行って献花したりする光景をよく見かけますが、これは世界中でウィキペディアで説明されているような地縛霊信仰が存在するからだと私は考えます。下の写真は今から3年ほど前に交通事故で若い男性3人が亡くなった現場で、命日に親族の方たちが献花されていましたね。フランスで13日に亡くなられた人々の魂は、まだ、そこに留まってさまよっているのかも知れませんね。

Katsu013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 2日 (月)

必見!アジア巨大遺跡と縄文文明

11月8日(日)、NHKスペシャルで「縄文」放送予定

 早いもので11月、日本のことわざに「一日が経つのは長いけれど、一年はあっという間に過ぎていく」というのがありますが、本当に月日はことわざのようにあっという間に過ぎていきますね。来月はもう師走です。 さて、去年はNHKのスペシャル番組で「超常現象」が放送されて、超常現象を扱う超心理学というものが一般の人々の間に知られるようになりましたが、今年は、この巨大遺跡のスペシャル番組ですね。 心霊研究をやっていると、どうしても古代遺跡というものが視野に入ってきます。時代を遡って行くと昭和、大正、明治、江戸、安土桃山、鎌倉、平安、奈良・・・と、どんどん続いて弥生、縄文時代に辿りついてしまいますね。 土木の関係者に話を聞くと、関東平野では表面の黒い地層を掘り進んでいくと、その下に赤い地層が見えてきて、その境界線の付近から縄文時代の遺跡がよく出土するとのことで、地層にも言ってみれば木の年輪みたいなものがあるんですね。 その縄文時代の遺跡の特集が11月8日(日)PM9:00からNHKで予定されていますので、心霊研究に関心がある方は是非、ご覧になってくださいね。因みに、これまでの放送は10月17日(土)カンボジアのアンコール遺跡、10月18日(日)ミャンマーのバガン遺跡、それから11月7日(土)中国の始皇帝稜が予定されています。

Minami026

古代遺跡には目印が必ずある

 江戸時代のお寺の古文書などに目を通してみると、年中行事のなかでお坊さんが近くの遺跡供養に出かけているのが分かります。下の写真もその一例で、長野県佐久地方にある今から9500年前の洞窟型縄文遺跡ですが、その前に庚申塔、百番塔が建てられているのが分かりますね。この遺跡はここのブログでも何度か取り上げたものですが、縄文時代から平成まで、その時代の村人により延々と絶えることもなく供養が行われているのが出土品により分かっています。それから、当時ここで暮らしていた縄文人たちは身内に死者が出ると、同じ洞窟内に埋葬していっしょに暮らしていたのです。 死者といっしょに暮らしていたとは現代人には理解できませんね。この写真には複数のオーブも写っているのが分かりますが、このような現象が心霊スポットなどでよく見られるのです。このために、古い石仏や石塔が建っている場所が古い遺跡なのかどうか見極める観察力が心霊研究では必要となりますね。

Minami024

脈々と受け継がれている縄文文化

 下の写真は近くのお寺に建立されている江戸時代に作られたお地蔵様です。ご覧のとおり、左と右ではお地蔵様の顔立ちが違うのが分かりますね。写真中央の縄文のビーナスと比べてみれば、左が女性で右が男性であることは一目瞭然ですね。女性の顔立ちを逆三角型に作る、この表現方法が縄文時代から延々と受け継がれているのに驚きを隠しきれませんね。

Minami030

「霊」は間違いなく縄文にあり

 ここのブログで何度も取り上げていますが、心霊研究においては古代の葬祭や自然信仰にかんする知識が必要です。特に縄文時代の遺跡などを訪れてみると、縄文時代の人々が考えていた死後の世界のことが何となく理解できるようになりますね。 下の写真は東京都八王子市にある国史、縄文遺跡にある説明です。死者を埋葬するとき、縄文人たちは集落の中心に埋葬していたことがよく分かります。私は「霊」というものは間違いなく縄文時代に芽生えたのではないかと考えている一人です。 従って、怪奇現象などが多発する場所では、縄文時代の痕跡を探すことも必要ではないでしょうか。

Minami025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »