« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月17日 (木)

植物の超能力(第三の目) を知ろう

植物には第三の目がある?

 先日、市内を散歩しているときに、下の写真にある山芋の蔓(つる)に出会いました。この何の変哲もないような光景、普通だったら何も考えずに通りすぎてしまいそうですが、植物の超能力「目」というものを発見してつい立ち止まって写真を撮ってしまいました。 この写真では平らな塀に規則的なプレスの穴が開いていて、それを山芋の蔓はすかさず見抜いて蔓をまるで針糸を通すように這わせているのです。(この写真では三ケ所の赤丸の部分) 一般的には竹や木々などに植物が蔓を巻いている状況をよく見かけますが、この山芋は明らかに他と違って鉄板に規則的に開けられた穴の場所を見つけて蔓を這わせているのです。これは、どこかに目の存在がないと説明できませんね。

Sunp0026

目の無いひとだまの不思議

 これまで私もひとだまに出会ったことがあって、そのひとだまには目も口も鼻のようなものは見当たらなかったのに、不思議なことに、そのひとだまは間違いなく私を目指して飛んできたのです。 目と言うと、私たちの常識では医学的な目のことを思い浮かべてしまいますが、世のなかには目の無い生物がたくさんいますね。例えばこうもりです。彼らは目が退化していて、それを補うために超音波を発して周囲の確認を行っているのが分かっていて、この能力が生命の第二の目ではないかと思っています。 しかし、他の目の無い生物たちがどうやって周りの光景を識別しているのかはまだよく分かっていないのが事実です。もし、この世に霊魂が存在していたとしたら、彼らはどうやって現実の世界を見ているのだろうという疑問が生じてきます。 このような疑問は、私の考えでは今回写真に撮った山芋の蔓にそのヒントが隠されているような気がしています。彼らの物を識別する超能力、何でもない蔓の話しですが・・・第三の目がそこに隠されています。

Hitodama023

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月 5日 (土)

ダウジングで分かる霊能力

ダウジング反応って、人それぞれ

 先のブログでダウジング・ツールの作成と実験方法については私のやり方を紹介しましたが、これまで何人かの人に実験してもらってから分かったのはダウジングの反応の仕方は大小があって、人それぞれで違うということです。要するに、人にはダウジングの力があって測定時期によって、その力には大小があるということになりますね。
これまでの振り子(ペンデュラム)実験から

①殆ど反応しない 2人(女性2人 霊感が強い)
②普通に反応する 5人(女性3人、男性2人 霊感は余りない)
③高く反応する  1人(男性1人 霊感が強い)


振り子の実験方法は前のブログでも述べているように、小石を一個用意して、その上約1センチメートル上に振り子を吊るす方法です。
実験数は少ないので余り科学的な裏付けにはなりませんが、併せて霊感が強いか、弱いかも確認したところ、ダウジング反応の弱い人と高い人に霊感が高いという傾向があることが分かりました。実験って、やってみると本当に面白い結果がでますね。

竜のように動きだす振り子

 前のブログでも述べたようにダウジングは誰にでもできる芸当なのです。ただ、誰も自分で実験しているような人が皆無なので認識していないのが現実です。
私の場合、現在のダウジングの力は上の②に相当していますが、ちょうど霊体験の真っ最中は③の状態でした。その頃は、まだ、ダウジングの認識が無かったので、人間に備わっているダウジングの力というものをそんなに気に止めていませんでしたが、今になって考えてみると霊能力とダウジングの力には相関関係があると言えるようです。
私がダウジングの力に気づいたのは振り子の実験からです。下の写真のようにガラスコップを用意して、その中にネックレスなどの鎖を使って吊るしていきます。普通はコップの近くに近づけるとその鎖が振り子のように振れますが、霊能力があると、まるで生き物の竜のように動きだし始めます。この現象には本当にびっくりさせられますが、自分に霊能力があると思っている人は是非、この実験をやってみて下さい。お勧めです。

Dawsing017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »