« 心霊写真の検証法 | トップページ | 必見!NHK禁断のホラーミステリー »

2015年8月 6日 (木)

たかがダウジング、されどダウジング

8月は鎮魂の月

 毎日、暑い日が続いてますね。暑中お見舞い申し上げます。 8月といえば、日本人にとっては鎮魂の月とも言えますね。今日が広島、8月9日が長崎に原爆が投下された日で、8月15日が終戦記念日と建て続けて慰霊の日が続いていますね。それからもうひとつ忘れてならないのは、8月12日の日航機墜落の日です。日航機が御巣鷹山に墜落してから、もう30年という歳月が流れてしまいました。 そして、終戦から既に70年、今の日本人の多くは「平和ボケ」しているから戦争の怖さを知りませんが、考えてみれば北方領土四島は終戦から70年も経っているのに、まだロシアに占領されたままなのです。そのことを考えると、日本の終戦の定義がよく分かりませんね。もうすぐ、お盆。8月はまさに鎮魂の月ですね。

ダウジングツールの作り方

 さて、話は変わって、超心理学の世界に飛び込んでみましょう。お子さんの夏休みの自由研究に、もってこいかも知れませんよ。 ダウジングというと特殊なロッドとかペンデュラム(振り子)が必要だと皆さんは考えていませんか?インターネットなどで検索してみると、これらのツールはびっくりするくらいの値段で販売されていますね。でも、私の実験だと周囲にあるもので十分で、余計な費用も発生しないから安心ですよ。是非、みなさんも実験してみてください。 簡単な例では写真にあるように身近な材料を使います。例えば、クリーニング屋さんで使っている針金製ハンガー、魚焼きの金網、バーベキュー用の箸なんてすぐに手に入る材料ですね。要は表面がなるべくツルツルして滑りやすいものを選ぶことです。それをL型に加工するだけでいいんです。 ペンデュラム(振り子)なんて糸と重りがあれば十分です。

Dawsing015

簡単なダウジングの実験の仕方

 ダウジングの実験の仕方も簡単です。例えば、L型ロッドを作ったら写真のように空き瓶などを利用して、そこに両手に持ったロッドを3~5cm程度に近づけていきます。そうすると、両手に持ったL型ロッドが空き瓶に磁石の力のように吸い寄せられていくのが分かります。L型ロッドの持ち方は、両手のこぶしにちょうど花を指すように軽くロッドを置くことです。 次にペンデュラムです。普通の糸(10~20cm程度)の先に重りをつけて、小石を用意して、その小石の上1cm程度の高さにぶら下げます。そうすると、次第に振り子のように動き始めます。そして、その重りを小石の上30cmくらいのところに引き上げてやると、振り子の動作はなくなります。

Dawsing016

たかがダウジング、されどダウジング!

 よくダウジングというのは人間の持つ潜在的な超能力なんて騒いでいる人もいますが、要は自分自身でやってみることが大切ですね。 ダウジングは誰にでもできる芸当なのです。従って、ダウジングというのは超常現象なのではなく、たんなる通常現象だというのが分かってきます。 でも、どうでしょうか、このダウジングこそ、まだ知られていない生命のひとつの力なのではないかと私は考えています。従って、科学的にデータを採取してみれば、ひょっとしたらノーベル賞も夢でないかもしれませんよ。ねえ、みなさん。 

|

« 心霊写真の検証法 | トップページ | 必見!NHK禁断のホラーミステリー »

ESP研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/62030633

この記事へのトラックバック一覧です: たかがダウジング、されどダウジング:

« 心霊写真の検証法 | トップページ | 必見!NHK禁断のホラーミステリー »