« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月22日 (土)

幽霊は捕まえられる?

どうやって幽霊を捕まえるの?

 幽霊は捕まえられるか?なんて面白そうなタイトルをつけてみましたが、昔、アメリカのオカルト映画で「エンティティ」というのがあって、その映画では霊魂を凍らせて捕まえよう!という場面があったことを思い出しました。
日本国内では、このような発想を持つ人は余りいないように思いますが、心霊研究とやらにどっぷりと浸かってみると、どうしたら霊魂やら幽霊といったものを実際に捕まえることができるだろうかと現実的に考えてしまいます。やはり、霊魂や幽霊の存在を証明するのには実際に彼らを捕獲することが何よりですが、かと言って彼らを捕獲するのは現状の技術では至難の業なのです。
しかし、それでは研究というものは前に進みませんので、何か手だてを考えなければなりませんね。どなたかグッドアイデアのある方の意見をうかがいたいところです。

Ghost233


先ずは幽霊たちの性格を調べよう

 これまでに私の前に姿を現した幽霊たちの現れ方を分類してみると、大きく三つに分けることができるようです。下の写真にあるように、先ず私が最初に会った幽霊クリウですね。彼は濃いガス状のかたまりで私の目の前を横切って行きましたので、スモーク(煙)型と呼ぶことにしました。次に幽霊ボンボリですね。彼はカメラのレンズを結露させて姿を現したのでフォッグ(霧)型、三番目は幽霊カツヌマです。彼は有名なレイナムホールで写された「褐色の貴婦人」と姿かたちがそっくりです。従って、このようなタイプをスモッグ(煙霧)型と呼ぶことにしました。
このように分類してみると、彼らをどのような方法で捕獲するか・・・、現状ではまだ名案が浮かんできませんが、彼らはそう簡単には捕まえることが出来そうにありません。この三つのタイプの幽霊たちの性格をよく調べてから捕獲方法を考えないといけませんね。どなたかグッドアイデアをお持ちの方があれば、ご意見を募集中です。

Orb251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

必見!NHK禁断のホラーミステリー

ドラマとドキュメンタリーが融合して面白い!

 去年はNHKで「超常現象」が特番で取り上げられ、今年はこの「怪異TV」です。先週8月6日(木)に第一話「消えたルポライター」が放送されたので興味を持って拝見しましたが、昔から各地に残る民間信仰や伝承に基づいた番組構成でなかなか専門的に面白いと思いました。8月13日(木)呪いのタイムリミット、8月20日(木)怪談少年Aと続編が予定されていますので、関心がある方は是非、ご覧になってください。
番組内容の一部を紹介しておきます。

日本各地で起こる怪事件に、架空の番組「怪異TV」のスタッフたちが挑む。謎を解くため、スタッフは民俗学の専門家や大学教授にインタビューを行い、各地に実在する民間伝承の調査を進める。浮かび上がるのは「幽霊画」「呪い」「学校の怪談」など、怪異の世界のキーワードだ。それらをヒントに、次々に謎を解き明かしていく。ドラマとドキュメンタリーが融合した知的ホラーミステリー。(NHKオンラインより)
http://www4.nhk.or.jp/P3629/

Nhkonline01

呪い!各地に残る証拠とは

 現在、超心理学という分野では国際意識プロジェクトのように、人間の内部にある「意識」の研究が盛んに行われています。人間が集団化して興奮がピークになったときに起る乱数発生器の異常な偏り現象、これらが、もし、私たちの意識が作用していたとしたら「呪い」というのが物理的に説明できるのではないでしょうか。
時は変わって、今から2100年ほど昔、日本国内においては山岳信仰が全盛期の時代がありました。各地には必ず神聖な山があって、そこで修験僧たちが祈禱などの神聖な儀式を行っていたのです。ところが、その祈禱のなかには「呪い」が含まれていたために、王族が修験僧たちの山籠りを制限し許可制にしたのです。そのために、神聖な山で祈祷を行う場合は「御岳精進(みたけそうじ)」という修業を神聖な山に入山する前に行わないと許可が出ませんでした。それで、各地に山籠りの前に修行する場所として御岳山(みたけさん、おんたけさん)という山の名が誕生したのです。
従って、今から2100年も前から「呪い」というのは人々の意識のなかに存在すると昔の人々は信じていたのではないでしょうか。写真は東京の西多摩にある大岳山(修験山)、御岳山(修行山)の山の並びです。呪い!信じられないような世界は私たちの身近に間違いなくあるのです。

Nhkonline02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

たかがダウジング、されどダウジング

8月は鎮魂の月

 毎日、暑い日が続いてますね。暑中お見舞い申し上げます。 8月といえば、日本人にとっては鎮魂の月とも言えますね。今日が広島、8月9日が長崎に原爆が投下された日で、8月15日が終戦記念日と建て続けて慰霊の日が続いていますね。それからもうひとつ忘れてならないのは、8月12日の日航機墜落の日です。日航機が御巣鷹山に墜落してから、もう30年という歳月が流れてしまいました。 そして、終戦から既に70年、今の日本人の多くは「平和ボケ」しているから戦争の怖さを知りませんが、考えてみれば北方領土四島は終戦から70年も経っているのに、まだロシアに占領されたままなのです。そのことを考えると、日本の終戦の定義がよく分かりませんね。もうすぐ、お盆。8月はまさに鎮魂の月ですね。

ダウジングツールの作り方

 さて、話は変わって、超心理学の世界に飛び込んでみましょう。お子さんの夏休みの自由研究に、もってこいかも知れませんよ。 ダウジングというと特殊なロッドとかペンデュラム(振り子)が必要だと皆さんは考えていませんか?インターネットなどで検索してみると、これらのツールはびっくりするくらいの値段で販売されていますね。でも、私の実験だと周囲にあるもので十分で、余計な費用も発生しないから安心ですよ。是非、みなさんも実験してみてください。 簡単な例では写真にあるように身近な材料を使います。例えば、クリーニング屋さんで使っている針金製ハンガー、魚焼きの金網、バーベキュー用の箸なんてすぐに手に入る材料ですね。要は表面がなるべくツルツルして滑りやすいものを選ぶことです。それをL型に加工するだけでいいんです。 ペンデュラム(振り子)なんて糸と重りがあれば十分です。

Dawsing015

簡単なダウジングの実験の仕方

 ダウジングの実験の仕方も簡単です。例えば、L型ロッドを作ったら写真のように空き瓶などを利用して、そこに両手に持ったロッドを3~5cm程度に近づけていきます。そうすると、両手に持ったL型ロッドが空き瓶に磁石の力のように吸い寄せられていくのが分かります。L型ロッドの持ち方は、両手のこぶしにちょうど花を指すように軽くロッドを置くことです。 次にペンデュラムです。普通の糸(10~20cm程度)の先に重りをつけて、小石を用意して、その小石の上1cm程度の高さにぶら下げます。そうすると、次第に振り子のように動き始めます。そして、その重りを小石の上30cmくらいのところに引き上げてやると、振り子の動作はなくなります。

Dawsing016

たかがダウジング、されどダウジング!

 よくダウジングというのは人間の持つ潜在的な超能力なんて騒いでいる人もいますが、要は自分自身でやってみることが大切ですね。 ダウジングは誰にでもできる芸当なのです。従って、ダウジングというのは超常現象なのではなく、たんなる通常現象だというのが分かってきます。 でも、どうでしょうか、このダウジングこそ、まだ知られていない生命のひとつの力なのではないかと私は考えています。従って、科学的にデータを採取してみれば、ひょっとしたらノーベル賞も夢でないかもしれませんよ。ねえ、みなさん。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »