« 肩こりって憑依現象? | トップページ | たかがダウジング、されどダウジング »

2015年7月25日 (土)

心霊写真の検証法

和尚さんだって幽霊は怖い!?

夏、真っ盛りですね。昨日、NHKの新日本風土記という番組を見ていたら幽霊屋敷の特集をやっていたので興味深く拝見させていただきましたが、そこで気づいたのが、幽霊ってお寺の和尚さんたちも怖いんだなぁということでした。お寺の和尚さんたちも、やはり人の子でしたね。

写真というのは二次元の世界

さて、話は変わりますが、世のなかに出回っている心霊写真の多くが偽造されたものと考えられていますが、全てが偽造されたものとは言えないようです。私の撮影した写真のなかにも幽霊やオーブ、その他、光、にじみ、ピンボケなど原因不明のものが多数捉えられていますが、撮影時に気づいたものはオーブなど数点で、気づかないものが驚くほど多いのです。屋外で写真を撮っていると周りの景色に気を取られるためだと考えています。これらの写真は超常現象に関心がある複数の人に検証してもらいましたが、まだ、どなたからも検証結果が示されていません。写真というのは二次元の世界なので、それだけで白か黒かを検証するのは難しいというのが、ひとつの理由です。

合成写真の検証は簡単にできる

私が考える心霊写真の検証法としては、現在のカメラはデジタル・カメラが主流なので、その写真の画像情報を読み解く方法があります。故意に偽造されたものは画像情報が撮影者や編集者の手で故意に書き換えられている場合もありますが、一般的には画像を合成すると、撮影したときの画像情報の一部が表示されなくなりますので、合成されている可能性が高いのです。写真の画像情報はプロパティの詳細情報から簡単に確認できます。

撮影者の心理と現場検証

次に写真を撮影した人の心理状態です。ひと昔前のフイルム式カメラの場合は、写真撮影後、専門店にフイルムを持ちこんで焼き増ししてもらうパターンであったために手間がかかり、だいたいが記念写真、すなわち旅行先の写真、運動会、卒業写真、家族記念写真などが撮影の主流でした。従って、この時代は記録を残すために構えて写真を撮ったというのが一般的な撮影者の心理として理解できるのです。ところが、最近の写真の嗜好は昔と大きく変わり、誰でも好きなときに、好きな写真が撮れる時代になりました。デジタル・カメラですから誰でも簡単に合成写真も作れるのです。このために、心霊写真が写ったという写真を検証するときには、撮影者の心理、すなわち、何のために撮影したのかという動機を調べる必要があるのです。例えば、下の写真を見てもらえば理解できると思いますが、この写真は四人の女性をどこかの場所で記念撮影したもののようです。向かって左から二番目の女性の頭部分が欠けているように見えますが、これは、「はい、これから心霊写真を撮りますから、シャッターを押す時に合図するから、二番目の女性は首を動かして頭を隠してね」と言わんばかりのポーズをとっているのです。従って、この写真は人を驚かせたいために撮ったという撮影者心理の表れです。私の場合も多くが心霊スポットでオーブなどが写ることを念頭に置いて撮影していますから、第三者が見ると極めて不自然なものが多いのです。従って、他人に説明するときは必ず写真を撮った動機を付け加えて説明しています。
最後に現場検証です。下の写真にもあるように心霊写真としてよく引き合いにされる華厳の滝をバックにした有名な写真です。この写真は既に複数の人たちが現場検証を行っているので、心霊写真ではないことが証明されています。すなわち、親子連れの足下に人の首が写っていたというのは、親子連れの後ろが坂道で下っているために、そこに、たまたまいた観光客の頭の部分が写っていたというのが事の真相なのです。私も不思議な写真が写ったときには、必ず現場に行って確認をするようにしています。従って、心霊写真の検証には、写真の画像情報を確認する、撮影者の心理を確認する、現場で再確認をする、この三点に絞れば、心霊写真の多くが偽物だというのが分かりますね。みなさんも、このやり方で一度、心霊写真の検証をやってみたらどうでしょうか。

Ghost102

|

« 肩こりって憑依現象? | トップページ | たかがダウジング、されどダウジング »

心霊理論1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/61956890

この記事へのトラックバック一覧です: 心霊写真の検証法:

« 肩こりって憑依現象? | トップページ | たかがダウジング、されどダウジング »