« 冥土 in JAPAN with 地蔵 | トップページ | 心霊写真の検証法 »

2015年7月21日 (火)

肩こりって憑依現象?

重度の肩こりは憑依現象なの?

最近、私の周りでも夏場にはクーラ病などで肩こりに悩んでいる人たちをよく見かけます。肩こりは言ってみれば国民病のようなもので、誰でも一度はかかる肉体疲労の症状として扱われています。しかし、一度、憑依というものを体験してみると、季節に関わりなく長期的に悩まされることがあり、肩こりというものが全て病理学的問題なのか疑問を抱かざるを得なくなります。昔から日本では、憑依に会うと肩に何者かが乗っているような感覚になると伝えられていますが、これらは現実に起るのです。特に重度の肩こりの場合は、肩に鉄板が埋め込まれたような違和感を覚えたり、キリキリと両肩が締め付けられるように痛みだす症状などが表れます。これらの痛みの特徴は医者から処方してもらった薬では目立った効き目がみられないということです。しかし、不思議なことに、これらの痛みは心霊スポットに出かけて行って、その場所を供養して戻ってくると治まる場合があるのです。科学の進んだ世のなかにあって、そのようなことは迷信だなどとおっしゃる方もいらっしゃるかも知れませんが、先ずはご自分の目で確かめることが必要です。憑依にはこの他に夢にうなされたり、写真に頻繁にオーブが写るようになったりとか身の回りで不思議な出来事が頻発するようになるのです。これらの特徴をよくみて、自分が今、憑依にあっているかどうかの判断が必要です。

憑依を気づかないことがある

また、憑依というのは本人が気づかないうちに起ることが多く、周囲で不吉な出来事や不思議な体験が頻発するようになったら、近くの神社やお寺などに出かけて相談することをお勧めします。また、憑依の期間は私自身の体験から少なくとも十年くらい続きます。最初の二、三年は驚くほど頻繁に不思議な体験が続きますが、その後はグラフのようになだらかな下降をたどって行くのです。これを私は憑依曲線、別名への字型に見えるのでへの字曲線とも呼んでいます。従って、一度憑依を受けた人は元の正常な身体に戻るまでに十年程度の辛抱が必要と思われます。また、憑依を受けた場合、古くから霊能者や霊媒師による除霊という儀式のようなものが伝えられていますが、これまで、私が調べた範囲では確かな証拠は得られていませんが、地元で信頼の篤い霊能者や霊媒師の方がいらっしゃったら、除霊を受けてみるのもいいかも知れません。

Photo

|

« 冥土 in JAPAN with 地蔵 | トップページ | 心霊写真の検証法 »

心霊理論1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/61930461

この記事へのトラックバック一覧です: 肩こりって憑依現象?:

« 冥土 in JAPAN with 地蔵 | トップページ | 心霊写真の検証法 »