« 女性が天国へ行けない理由 | トップページ | 金縛りは霊や悪魔の仕業? »

2015年6月19日 (金)

意識と夢と神様の話

意識の二体説

 最近になってイギリスの超心理学者、スーザン・ブラックモワの著書「意識」(岩波書店)を読み直してみましたが、心理学を勉強した人間ですら「意識は謎」だと言っています。
専門の先生方も、こうやって意識の謎解きに悩んでいるんだから、やはり、心霊の世界の研究も大変なのです。例えば、夢で体験する金縛りやら体外離脱なども一般的な研究者は、これらを病理学的に究明しようとしますね。
でも、よく考えてみましょう。昔から私たち人類は不吉なことがあるたびに人間ではないもうひとりの神様に向かってお祈りをしていたのです。このことを考えると、昔の人々は神様の存在を身近に感じていたのだろうと私は考えています。
従って、意識とか夢の世界というのは、私たち個人の「脳」を越えたところに、もうひとつの意識が存在すると考えることができますね。これを、意識の二体説といいます。

Man045

意識状態の地図

 次にスーザン・ブラックモアが考えた意識状態の地図をご紹介します。確かに、われわれの意識状態を図に示すと便利ですね。みなさんだったら、どのような意識状態の地図を思い浮かべますか?

Man044

ホフマンスタールの夢の世界

フランスの詩人、ホフマンスタールは「夢」について、次のような詩を残しています。
昔から人類は夢の世界は霊界とつながっていると考えていたのです。

こころの奥底は夢のいとなみに開かれている

閉ざされた室内の亡霊の手のように

夢はぼくらの中にあり、つねに命をもっている

そして三者はひとつだ、人と、物と、夢と・・・

       フーゴ・フォン・ホフマンスタール

|

« 女性が天国へ行けない理由 | トップページ | 金縛りは霊や悪魔の仕業? »

書評・時評」カテゴリの記事

コメント

そのスーザンブラックモアの本は私も持っています。
スーザンブラックモアは昔は大学で超心理学を学び、研究をしていたようですが、後に懐疑論者として脳の研究をしているという事実を、ある本で読みました。
ですから、意識などの問題についても唯物論に基づいた見方で結論付けており、超心理学の研究においてあまり参考にはできないかと思っています。

投稿: サラスワティ | 2015年6月20日 (土) 22時55分

こんばんは。超常現象については世の中の多くの学者や研究者たちはどちらかというと懐疑的ですね。超常現象を扱うASIOSを主宰されている先生たちも、皆さん、懐疑派です。考えてみれば、超心理学の世界って懐疑派の人たちが周りにいっぱいいて大変です。でも、病院で患者の臨終をたくさん目の当たりにしていらっしゃる先生たちのなかには霊の存在を確信されている人もいますね。そのような先生たちとも友達になっていけば、本音が聞けそうな気がしています。

投稿: 管理人 | 2015年6月21日 (日) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/61762794

この記事へのトラックバック一覧です: 意識と夢と神様の話:

« 女性が天国へ行けない理由 | トップページ | 金縛りは霊や悪魔の仕業? »