« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月24日 (日)

迷信浪漫(祟り)

あなたは祟りを信じますか?

 祟りというと多くの人たちのなかには似非科学だと考える人たちがいますが、でも、心の片隅には誰でも、霊は祟る、すなわち、御霊信仰(ごりょうしんこう)を持っているのです。従って、墓場、斎場など陰気なところには余り行きたがりませんね。祟りというと平将門の首塚が有名ですが、現実的に祟りを体験した人の話しは余り耳にしませんね。
でも、実際に私たちの身の回りで現実的に祟りは起っているのです。これらを、できるだけ科学的に調べていくのも心霊研究の課題なのです。

祟りの事例

○もう一つのふしぎなこと
さて、君たち、最後にもう一つふしぎな体験を述べて、私の話を終わることにしよう。岩谷十八夜観音資料の調査研究も一段落したし、国指定にもなって、ほっと一安心し、あわただしかったわが家の生活もやっと落ち着きをとりもどしたところであった。なぜかまた、妻が真夜中のきまった時刻にうなされるようになった。薬のせいでもないようだし、心あたりになるような原因はなにも考えられない。毎晩毎晩うなされるので、うんざりしながらも、なんともふしぎなことだと思っていた。ところが、ちょうどそのころ、私の家の前を通っている町道が拡幅されるため、私の家の前庭がけずられることになり、造りなおさなければならなくなった。そのため、庭師が入って土や石を動かし、庭木の移植をしていた。前庭の中央付近にひらぺったい、大きな石が置いてあった。私が子ども時代に、よくこの上に上がったりして遊んだ石である。その石を動かすため、ひっくり返したところ、裏側に文字がきざんであった。見ると、なんと「十八夜供養塔」だったのである。年号は宝暦三(一七五三)年で、私が調査した中山町の十八夜塔のうちでは、もっとも古いものの一つであった。おそらくは、天台宗の寺であった私の家が、明治維新の際に神職に変わり、廃仏き釈といって、祭ってあった仏教に関する物をすべて処分しなければならなくなったときに、庭石として再利用されたものであろう。それにしても、岩谷十八夜観音資料との出会いからその歴史を調べるようになり、各地の十八夜塔を熱心にたずねあるいた私の家から、このような十八夜供養塔が出現したということは、昔、寺だったのだから当然といえばそれまでだが、なんともふしぎなことであった。そして、もっとふしぎなことには、この十八夜供養塔が発見されたその晩から、妻は、真夜中にうなされることが、けろりとなくなったのである。これはほんとうの話で、いま、その十八夜供養塔は、私の家の畑のところにちゃんと建てて祭られており、私と妻が十五年間もひたむきにうちこんだ仕事のなによりの記念碑となっている。このように、私たちの生きている世の中には、まだまだふしぎなことがいっぱいある。そうしたものも、医学や科学の発達によって、やがては解明されてゆくことだろう。しかし、昔、迷信としてかんたんに切り捨ててしまったもののなかに、現代医学や現代科学のなぞ解きに役立つだいじなものが、たくさんあったのだ。その中のいくつかは、いまでも残っているのかもしれないのである。(霊をよぶ人たち 烏兎沼宏之 ニニ七頁 筑摩書房)

Spirits023

どのような注意が必要か

平安時代の作庭記には「もと立てる石をふせ、もと臥せる石を立てる也。かくのごとくしつれば、その石かならず霊石となり、たたりをなすべし」(藤原頼通の庶子・橘俊綱)に(石を扱うについての注意)が記されています。自宅の隅に昔からある石や石造物には注意が必要ということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

迷信浪漫(方違)

あなたは迷信を信じますか?

 密教などで使われる占い、祈祷などを迷信などと言って信じない人たちがいますが、その人たちも、結局、年末年始やお盆などの行事には疑問も持たず参加されていますね。
私も昔は占いやら祈祷といったものは全て迷信だと信じていました。でも、一度、心霊体験をしてみると占いやら祈祷というものに人間の持つ不思議な能力の存在というものに気づかされます。
今日、ここで取り上げるのは方位占いですね。平安時代のころより人々は旅に出たりするときに方位占いというものをやってから、自分の進む道の吉凶を判断していたのです。もし、自分の進む方角が凶と出た場合は、目的地にまっすぐ進まず迂回して行っていたようです。これを方違(かたたがえ)と言っていたのです。
こんなのは、ただの迷信!なんて思っている人はいませんか?

文字の語源にも「方違」がある

 異体字の研究をしていると、そもそも漢字というのは占いから始まったというのが分かりますね。中国で生まれた漢字は、もともとは「象形文字」、すなわち亀の甲羅や動物の骨などを焼いて、そこに現われた亀裂から運勢を占っていたことが知られていますね。従って、漢字の起源は「占い」から生まれたと言っても過言ではありません。
下の卍(まんじ)と惡(あく)の文字から紐解いていきましょう。図に示しているように卍も惡も言ってみれば「方違」から作られた文字という説が占いの世界にはあるのです。確かに「卍」は真っすぐではなく迂回しているのが分かりますね。「惡」も同じです。亞と心で「惡」という文字になっていますね。

Psy1188


「方違」の効能

 例えば、みなさんに、仕事先で嫌な人に会うという不安があるとしましょう。この時に「方違」という、「う回」の道順を使って目的地に行く事です。「う回」、すなわち、いつもとは違った道順を通って、そこに神社やお寺があったら、お参りして目的地に行ってみましょう。そうすると、目的地に着いたとき自分の心の奥にあった不安が無くなっていることに気がつきます。これが「方違」の効能なのです。

Psy1187

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 1日 (金)

位牌山の謎にせまる

ネパール大地震の犠牲者に黙とう

 4月25日に発生したネパール大地震の犠牲者に謹んで哀悼の意を表します。地震や豪雨などの被害は、今の私たち人類の力ではどうすることも出来ませんが、犠牲になられた方々に深く哀悼の意を表します。

位牌山の特徴とは

 位牌山とは、ここのブログで過去に取り上げてみましたが、ここにひとつの事例を紹介します。
位牌山とは山の名前そのものを表しているわけではありませんが、御霊信仰(ごりょうしんこう)のひとつと考えられます。御霊信仰は死者の魂が死後も存在して私たち生きた人間に何らかの災いをもたらすために、死者を埋葬した場所などに昔の人々は石造物や祠を建てて供養していたのです。
その場所がある山の一角を「位牌山」(呼び方は、いはいやま、いへいやまなど)と呼んでいたのです。
位牌山伝説がある場所には「位牌山の木を切って炭を焼くと祟りがある」とか「位牌山を売り買いすると祟りがある」などの伝説が伝わっています。

今回、心霊スポット、長野県にある通称「奇跡の森」と東京都あきる野市にある位牌山らしい場所の特徴が類似しているのが分かりましたので、これらの特徴について説明します。
先ず、特徴のひとつが山間にある「尾根通り」と呼ばれるところです。昔は現代と違って交通の要所は谷間を通るのではなく、山の頂付近、すなわち「尾根通り」を通って炭などの商品を運搬していたのです。古甲州街道なども山間部に行くと「尾根通り」が主流だったことが分かりますね。

One1501


そこには、共通点として

①採石場の跡がある
②近くに供養塔などの石造物がある
③山中に古墳らしいものが点在している

以上の三点があげられます。
これらの特徴をよく理解しておくと「位牌山」の場所がよく分かるのではないかと思います。

①採石場跡

One1504

②供養塔などの石造物

One1502

③山中に古墳らしいものが点在している

One1503

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »