« google コンパスの活用法 | トップページ | 遂にとらえた超常現象! »

2015年2月 3日 (火)

不思議な夢の分析方法

不思議な夢は分析できるか?

 もう2月ですね。今日、近くのお寺で節分の行事が行われていましたので、ちょっと顔を出してきました。奉納歌舞伎などがあって大変賑わっていました。

さて、心霊研究を始めるにあたって、私も最初はそうでしたが、信仰の世界で語られる死後の世界というものはたんなる作り話であって、それこそ非科学的な世界とばかり馬鹿にして食ってかかっていました。 それは、天外伺朗さんの「あの世の科学」では最終的には彼も死後の世界のことを「信仰」の世界で説明されていたように、私もその時は著名な先生方も結局は死後の世界のことなんて空想とか妄想話しに終わってしまうんだなと考えたりしましたね。 でも、最近、お寺や神社を巡っているうちに何となく天外伺朗さんの説が理解できるようになったと言うのが最近の心境ですね。研究と言うものは時間をかければかけるほど当初の考え方から大きく進化していくものなのです。 それから、最近になってフィールドに出かけて写真をたくさん撮っていますが、昨年の夏ごろまでに写っていたオーブや不思議な画像などはもう見当たらなくなりましたね。そのほかに、不思議な夢も最近は見なくなってきたし、これも不思議な変化のひとつです。 でも、世のなかには毎日のように不思議な夢をみている人も大勢いらっしゃることでしょう。そのような夢の世界がデータ化できれば「あの世」のことも科学的な分析に役立つのかも知れませんね。下の写真は近くのお寺に掲示してあったお墓参りの心得で、科学的な分析に役立つ条項が明記されているように思いますので、関心がある方は是非、参考にしてください。

お墓参りの心得

一、先ず本堂のご本尊さまにお参りしましょう。
二、正月、春彼岸、盆、秋彼岸にお参りしましょう。
三、祥月命日にはお参りしましょう。
四、誕生日にもお参りしましょう。
五、祝いごとがあればお参りしましょう。
六、夢をみたらお参りしましょう。
七、迷いがおきればお参りしましょう。
八、歎きがあればお参りしましょう。
九、感謝と報恩のためにお参りしましょう。
十、近くに来たらお参りしましょう。

Higan102

|

« google コンパスの活用法 | トップページ | 遂にとらえた超常現象! »

心霊理論2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/61081089

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な夢の分析方法:

« google コンパスの活用法 | トップページ | 遂にとらえた超常現象! »