« どう見る?STAP細胞論文ねつ造問題 | トップページ | 心霊研究を始めよう! »

2014年12月30日 (火)

超常現象のウソとホント

超常現象と通常現象の見方

 いよいよ師走となりましたね。昔はネコも杓子もと言われるほど庶民はお金の工面に走り回っていましたが、最近ではそのような光景も見られなくなりましたね。ATMなどの出現で世のなかも様変わりしたと言う事なのでしょうか。
昨日、NHKのBSで今年初めに放送された「超常現象」の再放送があったので改めて見直しましたが、世の中で数多く報告されている超常現象に対して、一部の科学者たちがそれらを無理に一般の物理法則を使って実験して説明しようという試みは、私のような心霊研究家としては受け入れがたいものがありましたね。
もちろん、未解決の「超常現象」というのは、いつかは科学的に解明されて一般的な「通常現象」になっていくわけですから、科学第一主義は大切なことなのです。しかしながら、私のように心霊現象をライフワークとして研究している人間も、それほど馬鹿ではありません。目の前で起っている不思議な現象の原因は何だったのか、現場に何度も足を運んでいろいろな角度から調べているわけですね。
下の写真は、素人の人が見たら驚くかもしれません。お地蔵様の両目から、あたかも涙がこぼれ落ちているかのように見えますね。ひょっとしたら、これは「超常現象」なのかもしれませんが、そうではありません。お地蔵様の目がくぼんだところから雨水が流れている跡があたかも涙の跡のように見えているだけの「通常現象」なのです。
このような一般的な理性を持って「超常現象」というものを私たちは調べているのですから、何事にも科学者と言うものは様々な角度から調べていく必要がありますね。

Rinsi026


超常現象の研究のあり方

 下の写真は私がここのブログで何度かお話した幽霊クリウと幽霊ボンボリに遭遇したときの写真です。不思議なものが写っているのは誰が見ても分かると思いますが、大切なのは2枚の写真に偶然写っている人間や動物のような顔ですね。偶然と言えば偶然なのですが心霊体験の現場で見られた不思議な光景ですね。この顔の犯人は人工的に作られたものではなく、2つとも自然界の苔(こけ)や菌類が作り上げた傑作なのです。これを科学的に単純に説明しようとすると、単に自然界が偶然に作ったものだということになるでしょう。しかし、そうではありません。この2ケ所は間違いなく偶然に私が不思議な体験をした心霊スポットなのです。今はこの顔のオブジェは消えて見当たりませんが、余りにも偶然すぎる出来事だったのです。このように偶然に起った不思議な現象を人間のたんなる錯覚などと蓋をせずに科学的に調べていくことが未解明超常現象にチャレンジする科学者や研究者に求められる姿勢なのではないかと思いますね。
来年も心霊研究を通して「超常現象」の解明に取り組んでいきますので、みなさま宜しくお願いしますね。

Ghost138

|

« どう見る?STAP細胞論文ねつ造問題 | トップページ | 心霊研究を始めよう! »

心霊理論2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/60892105

この記事へのトラックバック一覧です: 超常現象のウソとホント:

« どう見る?STAP細胞論文ねつ造問題 | トップページ | 心霊研究を始めよう! »