« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月10日 (金)

魔界の使者見聞録

魔界の使者とは何か

 石仏の世界を心霊という視点から調べていると、一般的な石仏研究では見落とされている世界がよく見えてきます。そのひとつが私たちが死んだ後に必ず立ち寄る場所とされている地獄界ですね。
そこには閻魔大王がいて地獄界を支配しています。地獄の入口には人間の頭がふたつ、すなわち人頭杖(にんとうじょう)があって、そこを死者が通るとき、最初の頭の目が光ると地獄行き、隣の頭から芳しい香りが出てくると天国行きなのです。地獄行きの死者は脱衣婆(だつえば)が不敵な笑みを浮かべながらやってきて服を脱がされ地獄へと突き落されます。さらに閻魔庁と呼ばれるところには浄玻璃鏡(じょうはりきょう)があって生前の罪が映し出され、業の秤(ごうのはかり)では罪の重さが計られます。
このような死後の世界の物語が日本では昔から語り継がれているのです。従って、私たちの身近にある石仏のなかには、地獄界を表すものがあることが分かります。この地獄界を表す石仏たちの存在は、これまでの石仏研究では見落とされているものなのです。
心霊研究においては路傍や神社仏閣にある、これらの魔界からの使者が何のために建立されたのか背景を調べることも必要だと言えるのです。

Datueba014


閻魔大王

 一般的に仏教の世界では「この世のことはお地蔵様、あの世のことは閻魔様」というように語られています。従って、私たちがこの世で目にする石仏にはお地蔵様以外のものがあってはならないという戒めがあるのですね。でも、どうして、そのような戒めがあるにもかかわらず昔の人々は閻魔大王の石仏を建立したのでしょうか。謎の世界ですね。

Datueba012

人頭杖

 人頭杖はよくお地蔵さまが長い間の風雪にさらされて、その影響で風化したり地震などで倒れて頭だけ残ったというような話を聞くことがありますが、そうではありません。魔界の使者、人頭杖としてわざわざ地蔵などの頭の部分だけを作って残したんですね。
人頭杖などの魔界の使者の石仏がある場所では、そこで過去に裁きをやったというような解読ができるのです。

Datueba017


脱衣婆

 脱衣婆の石仏もそんじょそこらで見かけるようなものではありませんね。脱衣婆も魔界の使者なのです。しかしながら、この脱衣婆は昔の遊女たちの守り神でもあったのです。従って、この脱衣婆の石仏がある付近には、その昔、遊郭があったというのが分かるのです。

Datueba013

浄玻璃鏡

 浄玻璃鏡の石仏というのは余りよく知られていませんが、お寺の境内などで時々見かけるものです。写真のように丸い形をしているのでよく分かります。この石仏は経塚のために建立されていますが、他に聖観音などを文字にして建立されているのもあります。

Datueba016

業の秤

 この業の秤はたどり着くまでに随分と時間がかかりましたが、このように頭が欠けた地蔵と人頭杖の片方の頭がいっしょに建立してあるのが特徴です。各地に同じような石仏がみられるので魔界の使者、すなわち「業の秤」と解読ができるのです。

Datueba015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

危険予知とPSYの力

自然災害(地震・噴火・津波など)は予知できるか?

 9月27日に発生した御岳山の噴火で多数の死傷者や行方不明者がでていますが、慎んで哀悼の意を表します。 超心理学の分野では、このような自然災害に対し人間の持つ予知能力の研究も行われていますが、まだまだ成果はみられず残念でなりません。 しかしながら、このような危険な現場にいらっしゃった方々のなかには、偶然にも助かったという人も存在するのは事実です。このような境遇のなかにあって何が生死を分けたのでしょうか。 そのなかには間違いなく人間の持つ予知能力が潜んでいるのです。

Mitake222


PSYとフラッシュ現象
 

  「PSY(魂)が働く」という言葉は超心理学の世界ではよく耳にする言葉です。何人かの被験者を集めて透視や予知の実験をするという風景はテレビの番組などで見ることがありますが、これらはまだ実験方法が確立されていないので信憑性に乏しい状況です。 しかし、私のこれまでの体験から、人間がある種の危険の前にさらされるときはPSYの力が働くのは本当のように思います。現在までに我々人類は事象の3秒前の予知ができることが知られていますが、実際は事象の数時間前には自分の身の前で起る危険を予知できるものと考えています。 そのシグナルはフラッシュ現象です。フラッシュ現象というのは私が命名したもので心理学や超心理学の分野ではまだ使われたことがありません。フラッシュ現象は私たちが通常に生活をしているときに、急に脳裏に「地震」とか「交通事故」などのキーワードが浮かんでくることがありますが、この現象をフラッシュ現象と呼んでいるのです。 この現象は自分に危険な事象が発生する数時間前に必ず誰にでも起ります。それを私たちは気づかずに見逃しているだけなので、時々、自身の神経を集中させてみれば理解できるようになるのです。

Mitake224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »