« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月17日 (水)

googleが捉えた不思議な光を探せ!

超自然現象なのだろうか?

 今年の3月にgoogleが捉えた東京都あきる野市での不思議な光についてお話しましたが、当ブログに訪問していただいた方から岡山県津山市でも同じような不思議な光が確認されたと書き込みがありました。 確かにgoogleの地図から確認してみると、東京都あきる野市で確認されたものと姿かたちが似ているように思われます。googleの地図作成時に起ったミスなのかどうか分かりませんが、現代のデジタル写真加工技術面から考えても人工的に加工されたものではないように思いますが、超自然現象なのか、さて、みなさんはどう思われますか?同じようなものが他の地域でも確認されたら連絡くださいね。

Hikari232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

臨死体験と心霊研究

NHKで臨死体験の特集が予定されています

 9月14日(日)PM9:00からNHK(総合)で臨死体験の特集が放映されるようです。この内容は過去にもNHKで取り上げられたことがあり、また新しい視点での特集になるだろうと思いますので関心がある方にお勧めの番組ですね。
臨死体験でお馴染の立花 隆さんが出演されていますので、新しい考察があるかと思います。写真はNHKのHPから引用。

Rinsi021


死ぬとき心はどうなるのか

 「死ぬとき心はどうなるのか」というものが取り上げられ、科学的な見地で番組も編成されているものと思います。しかしながら大切なのは脳科学の一般論ではなく、臨死体験を引き起こすトリガーが何なのかを追及することではないかと私は思っています。
人間の脳のある部位に電気ショックを与えると不思議な音楽が聞こえたり、お花畑のようなシーンが見えたりすることは既に分かっていますが、やはり大切なのは大手術や事故などで死線をさ迷った人々が体験する「臨死体験」こそ、そこに真実が隠されていると思います。

Rinsi022


心霊体験でも臨死体験は起る

 私自身の体験からも言えますが、心霊体験をすると臨死体験が起ると言う事ですね。本当に長野県で幽霊クリウと遭遇した後、世に言われるお花畑やトンネル現象などのさまざまな臨死体験をしたんですね。だからこそ言えるのは臨死体験には必ずそれを引き起こす何らかのトリガーのようなものが存在すると言う事ですね。それを調べることも現代科学では必要なことなのです。

死ぬって怖くない

 石仏の研究を始めてから、近くのお寺にある三界万霊塔のお地蔵様(人物像)によくお参りに行きますが、この方は今から300年くらい前にご住職をされていた尼僧がモデルです。私はこのお地蔵様に出会って三界万霊という意味を理解しましたが、このようにニコニコ顔のお地蔵さまは日本全国どこにもないと思います。
一般的にお地蔵様は「半眼微笑」、すなわち、半分目を閉じて微笑んで世の中の出来事を見ているお釈迦さまの姿を現していますが、ここにあるお地蔵さまは満面の笑顔ですね。きっとこの方は私たちに「死ぬって怖くないんですよ」というメッセージを今に伝えているのだと考えています。
自殺や事件事故に巻き込まれて死ぬ人は、ちょっと痛い目にあってあの世に旅立ちますが、一般的な死は「眠るように」あの世に旅立つわけですから、死ぬって言うのは、そんなに怖いものなのではないかもしれませんね。このようなことも今の死生学の世界には必要だと思います。

Rinsi023

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

結界と超常現象

結界とは何か

 私たちは身近にお寺や神社があるのに、そこに余り足を踏み入れようとしませんね。その主な理由は「神社やお寺に行く用事がないから」だろうと思います。 それは、ありふれた理由でもありますが、宗教や心霊研究から考えてみると神社には鳥居、お寺には山門というのが入り口にあるのが分かります。よく考えてみると神社やお寺では結界という考え方がありますね。要するに、ここから先は神聖な場所だという印が必要なのです。その目印が鳥居であったり山門であったりするのです。従って、目には見えない結界によって私たちは鳥居や山門を安易にくぐっていないのに気づかされます。 この結界というものを理解するのも心霊研究では必要なのだと思います。

目に見えない結界というバリアがある

 これまで多くの心霊スポットや神社、仏閣を訪ねてきましたが鳥居や山門の付近でオーブや不思議なものが写るということですね。昔の人々は鳥居や山門を神聖な場所を示す結界と考えていたので、このような場所で不思議なものが写真に写るのだと考えられます。 もし、死後の世界があったとしたら先人達が悪霊から神聖な場所を守っている場所があるのではないかと考えることができるのです。結界という私たちの目には見えないバリアが身近に存在することを理解すべきですね。

Ghost121


神社の鳥居付近でのオーブの例

Ghost120


お寺の山門付近での不思議な物体の例

Ghost119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »