« 霊場(呼ばわり山)と心霊体験 | トップページ | 結界と超常現象 »

2014年8月28日 (木)

凄い!占いの魔力

不思議な占いの世界

 超心理学という世界で占いというものを何度か体験したり実験に参加したりしてきましたが、これまでのところ自分自身では半信半疑の世界でした。
最近になって石仏や石塔などを調べて陰陽道などの世界を覗いているうちに、じゃー、ちょっと自分でも占いとやらをやってみようということで八卦占いに挑戦してみました。
この八卦占いというのは中国の道教が元祖で小成八卦(大極、両儀、四象、八卦)程度までは素人でも簡単に覚えることができますね。でも、何度か実験的に八卦占いをやってみると占いという行為が、ちょっと恐ろしいものだということに気がつきます。
これまで3回実験的にやってみましたが、驚かされたのは占いが当たるというより超心理学の世界で説明される共時性(シンクロニシティ)らしいものが起るということです。実験は八卦で使う竹の棒ではなく10円玉を3個使って行う方法です。
例えば、一例目の実験では3人の被験者で行ったところ3人がそろって「凶」の八卦が出ました。2例目は2人の被験者に10円玉を並べるときに1から8までの頭に浮かんだ数字をひとつ言ってもらいましたが、2人とも「8」という数字を偶然に口にしたことです。3例目は1人の人に水にかんすることを念じてもらって八卦をやったら、偶然に八卦も「水」となったことですね。
まだ、これでは実験回数も少なくて信憑性に乏しいかもしれませんが、みなさんもどうぞ不思議な占いの世界に挑戦されてみてはどうでしょうか。

Hakke021

誰にでもできる簡単な八卦占い

 占いの方法は下の写真にあるように10円玉を3個使います。これを被験者に持ってもらって手のひらのなかで何度かかき回してもらって、それを写真のように下から一枚ずつ並べてもらいます。(10円玉は表が陽、裏が陰です)
このときに、八卦に決められている数字がありますので被験者に1から8までの頭に浮かんだ数字をひとつ言ってもらいます。これで八卦占いの手順は終わりです。コインを使った八卦占いは江戸時代にも行われていたもので、これは現代版八卦占いですね。

Hakke023


占い判断要領

 下の表は易経ネットを参考にしたものですが、この程度のものを暗記しておいて実験に活用します。ひとつひとつの細かい事は専門書で調べる必要がありますが、正象、卦徳、身体、方位、易数程度まで分かれば初級としてよいかと思います。実験をやってみると占いの恐ろしさが少し分かると思います。お勧めです。

Hakke022


(参考HP:易経ネット)
http://www.ekikyo.net/8ka/

|

« 霊場(呼ばわり山)と心霊体験 | トップページ | 結界と超常現象 »

オカルティズム」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

お邪魔します!

占いがちょっと怖いと思います!

投稿: 幸奈 | 2014年8月28日 (木) 16時39分

どうも、こんばんは。
これまで占いって第三者の立場でしか見ていませんでしたが、いざ、自分でやってみると共時性らしいものが偶然に出てきて何か怖い感じがしますね。

投稿: 管理人 | 2014年8月28日 (木) 20時37分

ユング自信も認めたと、言われる易占い。興味深いですね。実験の再現性が難しいといわれる超心理学ですが、身の回りで起こるシンクロニティなどを記録に留めておくと、なんらかの法則が得られるのではと思います。

投稿: サラスワティ | 2014年8月29日 (金) 22時30分

サラスワティさん、お久しぶりです。
コインを使った八卦占いは江戸時代ころには一般庶民の間で遊びのように広まっていたようです。今でも10円玉が3個あれば簡単に楽しめますので、占いに関心がある方にお勧めです。占いという不思議な世界、何事も自分でやってみなければ分かりませんね。

投稿: 管理人 | 2014年8月30日 (土) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/60222944

この記事へのトラックバック一覧です: 凄い!占いの魔力:

« 霊場(呼ばわり山)と心霊体験 | トップページ | 結界と超常現象 »