« 心霊スポットと「丁場」 | トップページ | 霊場(呼ばわり山)と心霊体験 »

2014年7月23日 (水)

恐るべき庚申信仰

庚申信仰ってやっぱり凄い!  

先日、NHKのコズミックフロントを見ていましたら、黄道十二星座のなかでいて座から強力なガンマ線が出ているという説明でした。驚きですね。 やっぱり今から三千年も四千年も前に中国で編み出された庚申信仰って、ここのブログで何度も取り上げていますが、それは、干支の組合せのなかで一番縁起が悪いとされているものです。そうすると強力なガンマ線が出ているいて座(東洋では申)を不吉の星座とみた古代中国の道教思想と現代科学がここで偶然に結び付いたことになりますね。 昔の人が考え出した庚申信仰って、やっぱり凄いんですね。

Iteza022

庚申という星占い

 古代中国の人々が考えた星占いは下の表のように十二支と十干を組合わせたものです。この組合せは60通りあり、ひとつの組合せが巡ってくるのは60年周期ですね。ここから我々が身近に使っている60歳の還暦というものがでてきたんですね。 庚申の庚はかのえ、すなわち金星と太陽ですね。申は黄道十二星座のなかのいて座です。庚申信仰ではこの組合せが一番凶だと考えられているのです。

Kaguya02

太陽系惑星と黄道十二星座の関係

 古代中国では太陽系惑星(水星、金星、火星、木星、土星)の存在を理解していたのでしょう。そこから五行思想、すなわち、あらゆる万物は火、木、土、金、水から成りたっていると考えました。 地球はその当時、天動説であったために太陽、月とともに五つの惑星が天空を回っていると昔の人々は考えたのです。そのなかで木星は太陽の周りを約12年かけて一周するので、丁度、時計の針のように動いて見えるのです。そのために地球から見える木星の先には黄道十二星座のひとつが、そこにあるのです。 木星が指し示す先にいて座が存在していれば、その年は不吉なことが起きると昔の人々は占ったのだと思います。

Kaguya03

禁止されていた庚申塔

 江戸時代になると、この庚申塔の新たな設置は禁令が出されていたようです。その理由はよく分かりませんが、講というものが一種の反社会的なものとみなされたためではないかと考えています。 それにしても、禁令が出されているにも関わらず昔の人々はどうして各地にたくさんの庚申塔を残したのでしょうか。不思議ですね。

Koushin001

|

« 心霊スポットと「丁場」 | トップページ | 霊場(呼ばわり山)と心霊体験 »

心霊研究と民間信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/60031403

この記事へのトラックバック一覧です: 恐るべき庚申信仰:

« 心霊スポットと「丁場」 | トップページ | 霊場(呼ばわり山)と心霊体験 »