« 恐山 死者たちの場所 | トップページ | 霊場探訪(佐世保の霊場) »

2014年6月20日 (金)

霊場探訪(呼ばわり山)

行方不明者を呼び戻す関東の霊場

 東京都八王子市に霊場今熊山があります。この山は古くから「関東の呼ばわり山」として行方不明者を呼び戻す霊験があると信じられてきました。山のふもとに「今熊神社」があります。先日、この神社を訪れた時にも丁度厄払いの神事が行われており、信者のご家族が祈祷を受けておられる最中で、超心理学の立場で一部始終を拝見でき大変参考になりました。
尚、今熊神社は下図(小峰公園HPより)のようにハイキングコースになっており気軽に探訪することができます。心霊研究に関心がある方にお勧めの霊場です。

Imaguma09


神仏習合の霊場

 八王子から秋川街道に入り小峰トンネルの手前を左折して進むと、間もなく正福寺が見えてきます。この守護神となっているのが今熊神社です。神仏習合がよく表れていますね。
正福寺の門前に庚申塔が一基ありました。この庚申塔も専門家の目から見ると不思議な存在ですね。寒念仏の主材料である石灰岩を使っているのです。恐らく、この庚申塔は寒念仏を合祀しているという表現ですね。

Imaguma02


正福寺

この寺は貞治(じょうじ)三年(1364年)開山とあるので随分古くからこの地で信仰されていたことが分かりますね。

Imaguma01


拝殿の天井絵

すばらしい竜の絵、文化財そのものです。

Imaguma08


塚と道標

正福寺を過ぎて今熊神社に向かう途中に塚があります。地元の人にこの塚のことを尋ねると詳しい事は分からないということでした。

Imaguma03


塚の上の石仏・石塔

この塚には右から庚申塔、寒念仏、地蔵、石塔、板碑ニ基が並んでいます。正福寺開山年、貞治という元号は南北朝の時代に北朝方で使われた元号なので、この地に板碑が建てられているのも頷けます。

Imaguma05


道標と異体字

この塚の前に道標が建てられており「左おおぐま山」と刻印されています。この「左」と言う字はエをヒ(神)に変えて左は神社と表現しているのですね。異体字って本当に解読のコツが分かると面白いですね。

Imaguma04


そして今熊神社

今熊神社はかつて「今熊野神社」と呼ばれていたようです。要するに熊野の信仰そのものですね。後ろに見える山が今熊山です。
第27代安閑天皇の頃、紀州(現和歌山県)熊野本宮大社を勧請したと伝えられています。 今熊神社の御祭神は、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)、月夜見命(つきよみのみこと)。

Imaguma06


呼ばわり山伝説とは

今熊神社にまつわる呼ばわり山伝説とはおよそ次ぎのような伝承によるものです。
「遠く、安閑天皇の御世に、皇后が行方不明になった時、天皇の夢にお告げがありました。武蔵の国、今熊神社に祈願すれば、皇后はたちどころに現れるというものでした。直ちに勅使が武蔵の国に下向し、今熊神社に祈願したところ、夢のお告げ通りに皇后が見つかったと伝えています。この神社では今も行方不明者の探索祈願が行われています。」

Imaguma07


今熊神社HPは下記参照
http://www1.ocn.ne.jp/~kmg/imakuma.htm

|

« 恐山 死者たちの場所 | トップページ | 霊場探訪(佐世保の霊場) »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/59848863

この記事へのトラックバック一覧です: 霊場探訪(呼ばわり山):

« 恐山 死者たちの場所 | トップページ | 霊場探訪(佐世保の霊場) »