« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月27日 (火)

寒念仏狂想曲

凶の連鎖反応はなぜ続く?

 最近というか、いつの時代にも起ることのように思いますが世界各地で悲惨な事件や事故が相次いで報道されていますね。アメリカインデアンの諺に「人間は地球を支配するが地球は人間を支配しない」というものがありますが、これは間違いなのではないかと最近よく思います。
地球上では日照りや豪雨などが続くと、その対象地域では人間の気持ちは次第に荒んできて凶悪犯罪やテロなどが多発してくるのではないかと思います。要するに我々地球上の生き物は知らず知らずのうちに地球という惑星に物理的、心理的に支配されているのではないでしょうか。
韓国で起った旅客船の沈没も痛ましい事故でしたが、その後も連続したように地下鉄の事故やら大型商業施設の火災など大きな事故が続きましたね。昔から「ニ度あることは三度ある」という諺があるように、こういうものが超心理学的な事例なのではないかと思います。要するに凶の連鎖反応と言われる類です。

Sewol021


世相を表す寒念仏

私たち日本人たちは、その昔、日照りや干ばつ、火山噴火、地震などの天災は鬼が起こしていると考えていたようです。そこで、戦国時代のころから「鬼の寒念仏」という行が流行り出して日本各地に石塔が建立されだしたようです。私も小さい頃、田舎で寒念仏の行を見たことがあります。先頭に確か和尚さんがいて、その後を信者の方たちが一列に並んでお経を唱えながら進んでいくんですね。
もう、このような風習は既に絶滅しているようで、今では何処に行っても見ることすらできませんね。懐かしい記憶だけが残っています。「苦しい時の神頼み」ではなく「苦しい時の鬼頼み」が根底にあるようです。
その寒念仏の石塔のひとつが下にある写真です。とても不思議な寒念仏塔で上から楔(くさび)のようなものが2本打ちこまれているように見えますね。この石塔を造った人たちは何を考えて2本の楔を入れたんでしょうか。今のところこの寒念仏塔の異体字は謎のままです。寒念仏狂想曲といったところでしょうか。どなたか解明に挑戦してみたらどうでしょうか。

Stone032


あのなかに鬼やまじらん寒念仏

寒念仏というのは昔は一月の宗教行事だったようです。確かに、いろいろな伝記などを調べてみると、そのようなことが書かれていますが、実際に現場に行って建立時期を調べてみると一月以外にも二月、四月、六月、八月といったものがありますね。どうしてでしょうか。これもまだ解明されていない謎の一つです。
私たちの身の回りにはいつも怖い鬼がいると昔の人々は考えていたようです。世の中を渡り歩くひとつの知恵だったのかもしれません。

Ohtsue12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

STAP細胞論文と妖精事件

コティングリー妖精事件から学べ

幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリーがNHK地上波で放送されるようになって、多くの方々が私たちの身の回りで起る不思議な現象について関心を持つようになったのではないかと思います。 先週の放送でコティングリー妖精事件のことが取り上げられていましたが、これは今を遡ること90年ほど昔の話しですね。現代の人々がこの写真を見ればすぐに偽造だと分かるのに、昔の人々は本物だと信じてしまった。 それは、シャーロック・ホームズで有名なコナン・ドイルが本物だと認めたからと言うのが背景にあるようです。私はこの時、カール・セーガンの「人はなぜエセ科学に騙されるのか」という著書が脳裏に浮かびました。 カール・セーガンの論説を要約してみると、第一に当時の人々はたんに騙されていたのではなく、現代版タブロイド紙の記事ネタのように世の中の面白い話にただ興じていただけなのかも知れませんね。それが独り歩きを始めてさも真実の出来事のようになってしまう。一種の社会現象というものではないでしょうか。 それから当時有名となっていたコナン・ドイルが「本物だと認めた」と言うから、著名人の言葉に踊らされて当時の社会が騒ぎまくった。これが主な要因のように考えられますね。 この事件のことをよく考えてみると、今、日本国内で起っている「STAP細胞ねつ造疑惑事件」によく似ていますね。最初、理研が発表したときには世間はあっと言うほど驚いて騒ぎまくってしまいましたが、いったんねつ造が報じられてしまうと放送局やら新聞社が手のひらを返してしまったように研究者を攻撃し始めてしまいましたね。 日本の有名な大学を卒業して、それからアメリカへ留学して博士号を取得した大先生だから言う事なすこと全て正しいと考えた現代社会の暗部は「コティングリー妖精事件」と余り変わりませんね。 いつの時代も人々は世間を騒がすタブロイド記事に踊らされているのではないでしょうか。

Face228
(偽造が発覚した妖精写真)

妖精は存在するのではないか

さて、ここでは、コティングリー妖精事件をただたんに面白おかしく論じるだけではありません。それでは心霊研究はおしまいですね。 これまでのいろいろな現地調査から、例えばお寺や神社といった場所で撮影したもののなかに、やはり時々不思議な写真があるのです。下の2枚の写真がその例です。 これまで写真に写る不思議なものはオーブだけかと考えていましたが、オーブ以外のものが結構写るんですね。下の写真は2枚ともカメラのレンズが曇ったものです。曇ったというより油のようなものがベッタリとレンズに付着していたというのが実情です。 これまでの調査からカメラのレンズにはオーブの犯人である水滴やらホコリなどが付着しているのが分かって来ましたが、今回のようにレンズに油っぽいものが付着することもあるのです。 そうすると、私たちの身の回りには何か得体の知れないものたちが飛びまわっているということになるのです。これは科学的な根拠は今のところ掴めていませんが、自然界ではまだ解明されていない不思議なことが起っているのですね。

共同墓地での写真

Face226

お寺の境内での写真

Face227

次回5月24日(土)も面白そう

NHK 幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー 「検証 魔のトンネル」のようです。 NHKさんも最近頑張ってますよね。私も応援してますよ。みなさんも是非ご覧になって下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

5月4日 超能力の番組紹介

超能力はあるのか!?不可思議に挑む科学者たち

 風薫る5月となりましたね。さて本日NHKのEテレで超能力の最新研究が放映(23:30~24:00)されますね。明治大学の石川幹人(いしかわまさと)先生がゲスト出演されますので、みなさんご覧になってくださいね。それにしても、今年は超心理学の番組が目白押しなので石川先生も放送局にひっぱりだこのようです。昭和50年代に起った社会現象、ユリ・ゲラー現象の再燃のようですね。

以下はNHK Eテレの番組紹介文です。

「超能力はあるのか!?不可思議に挑む科学者たち」と題し、常識にとらわれず、壮大な謎に挑み掛かる研究の最前線に迫る。念力、透視、テレパシーといった超能力の謎に、今、世界の科学者たちが真剣に挑み始めている。しかも驚くことに、ごく普通の私たちにも不可思議な未知のパワーが存在するかもしれないというのだ。最新の計測機器と統計科学を駆使して浮かび上がる、現代科学では説明困難な現象とは何なのか。そこから、最先端の物理学と超能力の思いがけない接点が見え始めている。

Face224

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »