« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月13日 (日)

心霊現象の謎を解こう

学者たちは心霊現象を検証すべきだ

 いよいよ、日本列島は春爛漫ですね。昨日、近くの寺に出かけていったら、桜の花吹雪がとてもきれいでしたね。う~ん、まさに日本列島春爛漫だと感じましたね。
さてはさてはという感じでお地蔵様の写真を撮ったところ、不思議なものたちが写っていたんですね。お地蔵さんの頭の上に4つほど明るくなっていますね。最初は後ろの壁が変色しているからだろうと考えていましたが、今日、確認のために見に行ったんですけれど、壁の変色は見られませんでした。
今年はNHKでも「超常現象」といった特番が放送されて、心霊現象についても世間の認識は高まりつつあるものと思っています。
下にあるような不思議な写真など、世のなかにはたくさんの心霊現象があるのだから、物理や生物学者たちは常識や偏見にとらわれず、身近で起っている心霊現象の検証を行うべきだと思います。ねえ、みなさん。

霊だろうか?

Psy04012


普通の風景

Psy04013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

スピリット・オーブの新説

ホコリもスピリット・オーブなの!?

 みなさん、こんばんは。日本国内は今、STAP細胞ねつ造問題で揺れていますね。この問題が本当にねつ造だったとしたら、日本の科学技術の根幹を揺るがしかねないから大変ですよね。
さてさて、そんな社会情勢のなかでも、心霊研究とやらはコツコツと本当にコツコツとやっていかないといけないから大変です。何しろデータをねつ造するにしても、再現性が乏しいからねつ造のしようがありませんね。
趣味でやっているんだったらいいけど、現代科学ってやつにひと泡吹かせてやろう!って日々考えて地道にやっています。
さて、そんななか、先日、近くのあるお寺に出かけた時のこと、そこではよくぼやけたオーブが被写体のなかに写るんですね。フラッシュが光った写真では、それがオーブとなって写ることがあるんです。
レンズを拭いて、じゃー、ちょっとレンズの状態を写真に撮っておこうと考えてシャッターボタンを押したら、なんと、レンズには、またまたたくさんのホコリが付着しているんですね。
下の写真がそのとき撮ったものです。レンズを拭く前の写真は残念ながら撮っていませんが、たくさんホコリが付着しているのが分かりますね。そーか、レンズにはホコリってのがよく付着するんだなぁって考えていましたが、これまで撮影した写真やビデオを見ているうちに、そのホコリらしいものがよく写る場所がお寺や神社の境内や石仏や石塔が建っている場所付近だということが分かって来たんですね。
ふーむ、そうなると、これまでスピリット・オーブというのは水滴のようなものが真犯人だと考えていましたが、このようにホコリのようなものがレンズに付着してくるのもスピリット・オーブとして検討する必要があるのではないかと考えられますね。みなさんは、この新説について、どう思われますか?

Orb0120

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

ふたつの石仏ミステリー

民俗学的な石仏研究が必要だ

 これまで、いろいろな石仏や石塔を心霊研究という視点で調べてきましたが、さてさて、ひとくちに石仏や石塔と言っても、なかなか手ごわい相手です。
石仏や石塔の研究は主に戸籍調査のような手法が一般的ですが、やはり、背景にある先人たちの死生観というものを、よく調べ上げる必要があると私は思っています。
下に紹介する写真は東京都檜原村と東京都あきる野市に見られる昔の処刑場にある石仏です。これまで余り深く考えてきませんでしたが、この二つの地域の処刑場に建立された人頭杖の石仏に、ある共通点があるのが分かります。
ひとつは二つの首(人頭杖)が地面に置かれたもの、もうひとつは首が切られた石仏に後から首がつけられたもの、その脇に首ひとつ置かれたものがありますね。
このふたつのパターンを見ると、東京都檜原村の場合は南谷と北谷側にそれぞれひとつづつ置かれているのが分かります。すなわち、村を二つに分けて処刑場の目印をつけていたのではないかと考えることができますね。
東京都あきる野市の場合は檜原村のような呼び方ではなく、昔は「あきる郷」と呼ばれ40~50ほどの小さな村が広範囲にありましたが、それを二つのグループに分けて考えていたのではないかと思います。
その為に処刑場に置いてある人頭杖の石仏も檜原村と同じような構成にしたのではないかと考えています。
このような石仏の建立の仕方は、どのような表現がよいのか分かりませんが、謎を解くには「地政学」か「民俗学」をもって対応した方が分かりやすいと考えていますね。

人頭杖 Aパターンの例

Ninto018


人頭杖 Bパターンの例

Ninto017


石仏の見方

下記URLを参考にしてください。
http://gallery.nikon-image.com/163733867/albums/651703/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »