« TBS放送、ナスカ地上絵の謎 | トップページ | 蘇った謎の数字 »

2014年3月11日 (火)

大震災と供養

極楽の近道いくつ寒念仏(蕪村)

 今日は東日本大震災が起ってから早いもので三年目ですね。
あの日、東日本各地で被災にあわれた皆さまに心よりお見舞いと哀悼の意を表します。
昔は地域の寒い時期の寒行として寒念仏が各地で行われていたようで、俳句の季語として寒念仏が登場しています。
昔の人々は墓地の近くに寒念仏塔を建てて故人の供養を行っていたのですね。

石には魂が宿る

下の写真は自宅近くの石仏・石塔を調査したときのものです。この場所は天災にあった昔の村の人々が作った共同墓地跡だと考えています。
昔の人々は石仏・石塔をとおして、私たちに天災の恐ろしさを今に伝えているのかもしれません。そして、大事なのが、これらの場所が死者の供養のほかに生存者のこころのケアを行っていたという証です。

この場所は墓地のしるしに地蔵や庚申塔などの石仏・石塔を建てています。
奥にあるのが石祠(せきし)、これは多くが山の神を表したものだと伝えられています。建立された時期を調べていくと、そこに必ず天災の影が見え隠れして来ます。石祠にはそれが深く刻まれていますね。
地蔵は享保七年(1722)、庚申塔は享保十年代(1725~1734)、寒念仏は元禄十一年(1698)に建立されています。
その昔、元禄十六年には関東で大地震があり、特に享保の時代は日照りが続き大飢饉が発生した時代でもありました。そのことを、この場所の石仏や石塔は物語っています。

写真に見える寒念仏には黒鬼が登場します。赤鬼、青鬼は地獄にいて亡者たちを苦しめますが、黒鬼は現世で私たちを苦しめる鬼だと言われています。昔の人々は、その黒鬼にまですがって難を逃れようとしていたのですね。
私たちを苦しめる数々の天災、このような歴史の記憶を石仏や石塔に遺していった先人達、これらを次の代に伝えていくのも私たちの大事な仕事なのではないでしょうか。
民俗学の折口信夫(おりぐちしのぶ)が「石には魂が宿る」と説いたのは間違いないものと私は考えます。

これまでの石仏や石塔の調査からも分かるように、死者の霊は間違いなく石仏や石塔の周りに集まってくるようです。それは、その場所でスピリット・オーブがよく写真に写りこんでくるからですね。東日本大震災の地に石仏や石塔を建てて犠牲となった多くの死者を供養することも私たちの大事な務めだと考えています。
3・11東日本大震災を私たちはいつまでも忘れることはありません。

Ninto019


|

« TBS放送、ナスカ地上絵の謎 | トップページ | 蘇った謎の数字 »

死生学・スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/59277496

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災と供養:

« TBS放送、ナスカ地上絵の謎 | トップページ | 蘇った謎の数字 »