« 臨死体験と不思議な脳の働き | トップページ | TBS放送、ナスカ地上絵の謎 »

2014年2月26日 (水)

ここまで分かった寄霊現象

電子機器が狂う寄霊現象

みなさん、こんばんは。早いもので今日は2月26日、もう、あと二日で2月も終わりですね。2月は“逃げる”と言われるように、あっという間に通りすぎていきますね。
さて、よく心霊スポットなどで電子機器が狂うということを耳にしますが、私も何回かこの経験があります。
これまで、いろいろな心霊スポットに出かけては、この「電子機器が狂う」ミステリーを調べて来ましたが、私なりに中間的な結論がでましたのでお話したいと思います。
まず最初に電子機器が狂うという事象は、その電子機器が人の手や身体に身につけているときにのみ起きるということです。それ以外のときは異常は発生しません。
電子機器ばかりでなく方位磁石などでも発生することがあります。下の写真にもあるように身につけている腕時計なども対象となります。従って、心霊スポットの調査を行う時には調査前と調査後に時間のずれがないか腕時計の確認を行う必要がありますね。
これまで、私が経験した心霊スポットでの電子機器類の異常は次のようなものがありました。

○腕時計が5分ほど遅れた。
○方位磁石が10秒ほど狂った。
○GPSのルート表示が狂った。
○ビデオカメラのズームがきかなくなった。
○バケタン(お化け探知機)から異常音(アラーム)が出た。

以上のようなものがあげられます。
これらの異常は常に発生するものではなく、ある心霊スポットに出かけて最初のころによく発生します。その理由は残念ながらまだよく分かっていません。
従って、これらの事象をよく検討した結果、心霊スポットで起きる電子機器の異常とは、先ず、人の手や身体につけている電子機器や方位磁石などで発生しやすいという事が言えるのではないかと考えます。

Rng103


スピリット・オーブも一種の寄霊現象

このように考えてみると、今、世間で注目が高まっているスピリット・オーブも一種の寄霊現象だということができますね。
必ず人が手にしているカメラにのみ反応し、無人カメラには写らないということになります。
無人カメラにオーブが写るのであれば、それはホコリや霧雨、昆虫の類が犯人だということになりますね。

Rng104

|

« 臨死体験と不思議な脳の働き | トップページ | TBS放送、ナスカ地上絵の謎 »

心霊理論1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/59203707

この記事へのトラックバック一覧です: ここまで分かった寄霊現象:

« 臨死体験と不思議な脳の働き | トップページ | TBS放送、ナスカ地上絵の謎 »