« 聖書は霊魂をどうみるか | トップページ | オーブの認識を変えよう! »

2014年1月 3日 (金)

2014年 甲午 星占い

謹賀新年

 新年あけましておめでとうございます。
今年はサイ科学会でオーブの研究が盛り上がっているようなので、オーブのことも手をつけたいなと思っています。
今年もどうぞ宜しくお願いしますね。

Kitsune014


干支と星占い

 今年の干支は甲午(きのえうま)ですね。この干支というのは、もともと十干十二支の組合せ、要するに太陽系の五つの惑星と十二星座の組合せを表している星占いのことですね。
これらは古くから縁起と呼ばれ、一番縁起の悪い組合せは「庚申」すなわち、太陽、金星と地球といて座が一直線に並んだ時のことを表しています。たまたま、2012年にこの組合せがありましたね。(2011/3の東日本大震災と関連があるかもしれません)
このように干支は、その年の縁起を表すものだと古くから信じられてきました。今年は甲午の干支ですから、太陽系惑星と十二星座の位置を確かめてみましたら、甲、要するに太陽、地球、木星が偶然に一列に並んでいますから要件のひとつが成立していますね。
十二星座については、今年は木星が「ふたご座」の方向にありますから干支的には甲午ですが、十二星座と太陽系惑星の組合せは甲寅(きのえとら)になっています。
従って今年の天変地異にかんする占いとしては、特に大きな問題は発生しませんが、金星が一列に並ぶ6月または12月頃にちょっとした異変があるかも知れません。
また、木星や土星は主にガス状の惑星で、地球上の鉛などの物質に影響を与えることが知られています。このように昔の人々が考えた干支も現代科学で追及すれば、理にかなった考え方だという事が分かりますね。
太陽系惑星の組合せは下記のHPを参考にしました。
http://homepage2.nifty.com/m_kamada/javascript/solarsystem/

Tentai014

|

« 聖書は霊魂をどうみるか | トップページ | オーブの認識を変えよう! »

書評・時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/58877258

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年 甲午 星占い:

« 聖書は霊魂をどうみるか | トップページ | オーブの認識を変えよう! »