« まちがいだらけの幽霊探し | トップページ | 2014年 甲午 星占い »

2013年12月28日 (土)

聖書は霊魂をどうみるか

神さまの話

 年の瀬も押し迫って来ましたね。最近は正月といっても昔のような雰囲気ではないので、何となく、たんなる休日の通過点のような気がしますね。
今年もいろいろな事がありましたが、光陰矢のごとしに過ぎていきますね。
今年の活動を振り返ってみると先のブログでも述べたように、何といっても「日本の石仏文化と心霊研究」につきるような気がします。これまでの日本の石仏研究に心霊という新しい研究手法を取り入れたことですね。
いっぽう、私は超心理学の世界に入ったころは、この世界で神々の話をしたり、宗教の信念などを話すことには違和感を感じていました。天外伺朗さんの「ここまで来たあの世の科学」にも、最後の章のところは仏教の信念のことが述べられています。
私も超心理学の世界に入って、もう10年近くなりますが、ようやく私も天外伺朗さんなどの著名人がおっしゃってる仏教の信念などが分かるようになった気がしています。
先日の某TV局の幽霊論争もそうです。否定派の方たちは、まだ科学と宗教を別のものだと考えているから肯定派の意見に耳を貸さない、それが背景にあるように思います。
私たち人類は、ほぼ100%人生のなかで不思議な体験をする。それを知識人と豪語する人たちは勘違いや幻覚などと言って「鼻であしらう」。もっと自分が体験した不思議な出来事を素直に認めて、それを社会に還元することが必要なのではないかと思いますね。不思議な体験を欧米の人々は「神様の話」として後世に伝えています。

下のユーチューブの動画はSuspended Beliefさんから、見てコメントを欲しいと依頼があったものです。これはUFOを捉えたものですが、何点かはこうもりなどが飛んでいるもののようにも見えますが、やっぱり不思議なものが写っています。
私もこのようなものを一、ニ度見たことがあります。星空のきれいな場所で夜空を見ていると、人工衛星ではないようなものがよく飛行していたり、動きを止めて近くを動き回っている光るものを見ることがあります。これらをよく観察して人工物や野鳥など消去法で消していって最後にUFOだと結論づけるのも科学という知識人のやるべき仕事だと思っています。
まずは、下記の動画を見て感じたことがあれば何かコメントをお願いしますね。来年もよろしくお願いします。

What Are Spirits According to The Bible?(聖書は霊魂をどうみるか)

</p>

|

« まちがいだらけの幽霊探し | トップページ | 2014年 甲午 星占い »

書評・時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/58837166

この記事へのトラックバック一覧です: 聖書は霊魂をどうみるか:

« まちがいだらけの幽霊探し | トップページ | 2014年 甲午 星占い »