« 昭和のレトロなオーブ | トップページ | 「気」と地震予知 »

2013年11月19日 (火)

幽霊って何だろう

心霊研究のむずかしさ

 現在の超心理学という世界では、私たち一般人が学術的に「幽霊」の存在を説くことは、非常に嫌う人たちがいて論文ひとつ書くのにも神経を使う状態ですね。でも、どこそこの大学の先生が、外国の幽霊にかんする論文を翻訳して発表することにかんしては何の反発も起きないのだから、今の日本の学術団体の体質そのものだとよく思いますね。
どこかの会合に行って、よく耳にするのはアメリカに行って発表して認められれば、日本でも認める人が出てくるだろうと言う悲観的なアドバイスを受けることがあるので、とても残念ですね。科学という世界はもっと公平であるべきではないかとよく思います。
でも、文句ばっかり言っててもしょうがない。地道にやるだけですね。いつかきっと世論が盛り上がる日も来るでしょう。

「霊」は集団化する!?

さて、その問題の「幽霊」の話です。昨年から今年にかけて私は様々なスピリット・オーブたちとも遭遇してきました。それらのスピリット・オーブたちはカメラのレンズの前に現われて、動いているのもありましたね。
そのスピリット・オーブたちは大きさ形状を調べてみると、だいたいが30~数十ミクロン程度の大きさで形状は球状です。普段は透明に近い状態で、レンズの前で小さな気象現象を起こし水滴をレンズにあててくるところまで判明しました。
従って、個々のスピリット・オーブたちは非常に小さいミクロの世界のものであるのです。では、幽霊って何なのだろうということになりますね。それは、考え方を変えれば海の中で小魚たちが大魚たちからの捕食を免れるために集団化という行動を起こすことがありますね。それと同じことがどうも「霊」の世界でも起っているのではないかと考えます。
私が今から11年前に初めて遭遇した「幽霊クリウ」はそのことを物語っているのではないかと考えています。霊の集団化、みなさんはどう思いますか?

Ghost102

幽霊クリウは「霊」の集団化した姿か!?

Ghost103


|

« 昭和のレトロなオーブ | トップページ | 「気」と地震予知 »

心霊理論1」カテゴリの記事

コメント

あらゆる角度から調べていくことが大切ですね。
幽霊といわれるものは実体がないため、手探り状態ですが。

投稿: サラスワティ | 2013年11月22日 (金) 11時07分

サラスワティさん、こんばんは。
随分と寒くなってきましたね。それから、もうじき師走ですね。一年って、本当にあっと言う間にすぎていきますね。今年はいろいろ計画をたててみましたが、成果は論文1件の発表とRNGの実験くらいでしょうか。RNG実験は論文になるかと考えていましたが、必要なデータが集まらず断念しました。これからも、いろんな角度から心霊というものを見つめていこうと考えています。これからも宜しくお願いしますね。

投稿: 管理人 | 2013年11月22日 (金) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/58608570

この記事へのトラックバック一覧です: 幽霊って何だろう:

« 昭和のレトロなオーブ | トップページ | 「気」と地震予知 »