« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月20日 (金)

NHKスペシャル「神の数式」

「神の数式」、生命とは何か!?

9月21日(土)、22日(日)NHKで午後9時から連続で「神の数式」というスペシャル番組が放映されます。
心霊研究に関心がある方に必見の番組と思われます。是非、ご覧くださいね。

2千年以上に及ぶ人類の思索の歴史。それは、全宇宙の謎を解く唯一無二の“神の数式”を追い求めた歴史でもあった。ニュートン、アインシュタイン以来、科学者たちは「あらゆる自然現象は、最終的には一つの数式で説明できるはずだ」と信じてきたのだ。そして今年、ヒッグス粒子の発見によって、人類は“神の数式”の完成に向け、大きく前進しようとしている。この番組は、“神の数式”の探求に挑んだ天才たちの、苦悩と創造、ときには狂気さえはらんだ思索のドラマをビジュアル化することを目指す、野心的シリーズである。
第1回は、「なぜモノに重さ」があるのかという、素朴とも言える問いに挑んできた天才たちの物語。ヒッグス粒子の発見は、ノーベル賞を受賞した南部陽一郎博士らの「標準理論」と呼ばれる数式が、全ての物質を書き表す数式であるということを証明するものであった。その本質は、「もともと対称だった世界が、対称でなくなることで重さが生まれる」という奇想天外なものであった。あまりの大胆さ故に一度は葬られた南部博士の理論がどのようにして蘇り、ついには実験で確認されたのか、今年91歳になる南部博士らの証言ドキュメントと最新CGによって、知的興奮に満ちたドラマと斬新な世界観を描いていく。
                                           (NHK総合HPから)

Special022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

方位磁石異常の検証法

正しい検証法とは

 よく富士山麓の樹海などで方位磁石が狂うという話しを聞くことがありますが、実際にフィールドワーク時に確認するにはどうしたらいいか説明します。
この方位磁石が狂うという話は、多くが方位磁石を単品で持参して現場でクルクル回ることを言っているようですが、いざ、方位磁石を単品で現場に持っていって調べても、人間が移動するたびに手に持っている方位磁石も確かに指針がクルクル動き出すから、それを異常というわけにはいかないですね。従って方位磁石の異常とはどういうものか実験器具のあり方が大切になってきますね。
現在、私が行っている確認方法は下の写真にあるようにプラスチックのプレートに東南西北方角に1個ずつ方位磁石を張り付けて確認する方法です。正常な状態では、この4個の方位磁石は全て同じ方向を指しています。写真にあるように方位磁石が狂いだすとそれぞれの指針がバラバラに指すようになる。これが要するに方位磁石が狂うという現象なのです。

Test012

方位磁石は金属に反応する

 上の写真は4個の方位磁石の下に金属を片隅に置いて実験したものです。要するに方位磁石は言ってみれば金属探知機のようなもので、地表などでは近くに金属類があると、それに反応してしまうのです。
下の図のように実験する場合は人間が直接手に持って測定界隈を歩きながら確認する方法がよいでしょう。私も一度だけこの方法で実験して方位磁石が10秒ほど狂ったことを体験しているので有効な実験方法だと思います。
みなさんも、一度試しに実験してみたらどうでしょうか。

Test013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

スピリット・オーブの新刊紹介

オーブにかんする科学的な新刊をご紹介します。
著者は日本サイ科学会会長の佐々木茂美先生です。
オーブには大きく、ごく普通の自然界で発生するナチュラルオーブと謎とされるスピリット・オーブの二つに分けられます。
このスピリット・オーブに科学者として光を浴びさせた研究として価値ある一冊ですね。
制作:岩波ブックセンター 価格1,050円(税込)

【精神と科学の統一像、「精神と科学」研究の開始】

オーブとは、たまゆら(玉響)、パワー・スポットとは聖地のことだ。人は、時間や空間の枠組みに縛られて生活しているが、死んであの世に行くことになる。その後の世界の事は科学的には未だ解明されていない。
デジタルカメラの普及によって、最近ではオーブ(たまゆら)がノイズとして写真に映り込むようになってきた。「たまゆら」は、この世とあの世の両方の性質を持っている。しかも条件さえ選べば、誰にでも撮影することが可能だ。「たまゆら」を介して、双方の世界の間で情報交換ができれば、素晴らしいことではないか。
本書は、人の心と対外にある「たまゆら」の初歩的な実験関係とその解釈を記した革新的な書物である。願い事を叶えたり、心身を癒したり、運やツキを呼び込むためにも、あの世の枠組みを私たちはもっと知る必要があるのだ。

第1節 オーブは何所にいるか

第2節 オーブの存在を確かめるには

第3節 オーブを出現させる為には

第4節 オーブの明るさと大きさ

第5節 オーブの形成過程

第6節 パワー・スポットとしての分杭峠

第7節 「オーブ」は「パワースポット」で出現する

第8節 「願いを叶える」ためのパワー・スポット

スピリット・オーブに関心がある方にお勧めの一冊です。

Img_1427_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »