« 宇宙物理と心霊研究 | トップページ | 第12回 心霊科学研究発表会のご案内 »

2013年5月14日 (火)

処刑と御霊信仰

大悲願寺日記のこと

 これまで江戸時代の日本国内における処刑文化についていろいろと調べてきたが、やはり古文書から探そうとしてもその実態は皆無に近いほど闇の中の出来事のようでほとんど分からない。
下の本は五日市町(現東京都あきる野市)郷土館が平成5年にまとめた「大悲願寺日記 上・下」であるが、この本にそのヒントがあるのではないかと考えて調べてみたが、処刑にかんするものは何も書かれていなかった。
この大悲願寺日記というのは中身をよく精査して読んでみると実に面白い。あきる野市には現在50程の寺院が存在するが、江戸時代のころまで宗派を問わずこの大悲願寺は地域の総本山寺として大きな権限を持っていたようである。
末寺、その他に関わらず人事権も持っていたようであるから、すごいとしかいいようがない。その権限は今の八王子や入間市の方まであったようである。従って、この日記を読めば当時の武蔵国と呼ばれた地域の処刑のことも書かれているのではないかと期待したが、そのようなことは一切書かれていなかった。誠に残念無念!

Daihigan01


御霊信仰とは何か

 大悲願寺日記から考えられるのは寺院としては村の処刑には一切関わっていなかったということだろうと考える。
これまでに処刑場の跡と思われる場所を10ケ所ほど調べてみたが、共通してみられるのは石仏の頭がみな一様に切り取られていることである。
これは仏教の世界で言われる「御霊(ごりょう)信仰」、すなわち霊が祟ると昔の人たちは考えていたから、供養が背景にあるように思われる。

Daihigan02

「切欠」という思想

 東京都あきる野市には「切欠(きっかけ)」という珍しい地名がある。このような地名や名前は非常に珍しく、ほかに東北地方にも何カ所か存在するようである。
地名の語源を調べてみると「切り立った崖」という説がある。地元では「崖」のことをバケという。ガケとは言わない。下の地図を見てもらえば分かるように、地図の中にはバケと記されたところはどこにもないのである。従って、この「切り立った崖」説は妥当でないように思う。
私が考えるには切欠という地名は「切る」「欠ける」を組合わせたものが語源なのだろう。従って人を処刑する、すなわち首を「切る」、その後で石仏の頭を「欠ける」というふうに紐解いていくと、石仏の頭が何故欠けているのかが理解できるようになる。

Daihigan05

|

« 宇宙物理と心霊研究 | トップページ | 第12回 心霊科学研究発表会のご案内 »

心霊研究と民間信仰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/57385268

この記事へのトラックバック一覧です: 処刑と御霊信仰:

« 宇宙物理と心霊研究 | トップページ | 第12回 心霊科学研究発表会のご案内 »