« 霊は縄文にあり | トップページ | モノーが描いた生命・進化・人類の未来 »

2013年1月31日 (木)

スピリット・オーブの検証

客観的に観察しよう

 インターネットでオーブにかんするサイトを調べてみると様々なものがスピリット・オーブ(聖なるオーブ)のように紹介されているものがある。
このため、昨年度の日本超心理学会総会で私はスピリット・オーブの学術的な定義を設定すべきではないかと提言を行ってきました。その要旨は次の3点です。

①雨や霧雨ではない
②昆虫やホコリではない
③同じ場所で頻繁に写る

このように学術的な定義を決めておくと、多くのオーブの映像がこの定義に含まれるために絞り込んでスピリット・オーブの観察が可能になると思います。
この提言はまだ学術的に受け入れられているものではありませんが、一般オーブマニアの指針としてとらえればよいと思うので是非参考にしてください。
下の二枚の写真は霧雨と屋内のホコリを実験的に撮影したものです。

①【霧雨の写真】
 雨の降り始めや霧雨の日に写真を撮るとオーブがたくさん写ります。
Orb120913

②【屋内のホコリの写真】
 フトンや衣類などをたたいてホコリを出すとレンズ近くを通過するホコリがオーブのように写ります。
Orb120912

③スピリット・オーブの事例
http://gallery.nikon-image.com/163733867/albums/990057/

このように客観的にオーブのことを考えると殆どのオーブが自然現象として説明できるようになり、心霊現象など余計な心配は不要になると思います。

オーブの事例を検証してみよう!

下のユーチューブの映像はtorakun72さんの投稿映像ですが、スピリット・オーブの定義を当てはめてみると屋内のホコリが映像に写ったものではないかと判断できますね。
さて、皆さんはどう判断しますでしょうか?

【torakun72さんがとらえたオーブ】

<

/p>

|

« 霊は縄文にあり | トップページ | モノーが描いた生命・進化・人類の未来 »

オーブ研究」カテゴリの記事

コメント

以前、米国のオーブ研究サイトを覗いているとオーブのコアには磁気双極子(多重極?)があるとの記述がありました。
YouTubeでもFluxgate磁束計によるオーブによる
磁場の直流成分?を検出しているビデオが公開されていますよね。
http://www.youtube.com/watch?v=QS2zBZzwf4I
オーブの進路に強い磁石を置いておくと何らかの進路妨害になるかもしれませんね。
お札を貼るより効果的かもしれません。

投稿: Otaku | 2013年3月 7日 (木) 19時56分

どうもコメントありがとうございました♪
私も心霊現象と磁場異常について、自分自身でも体験しましたし興味を持っています。
現在、日本超心理学会の会員の方が乱数発生機を活用した測定器を開発中ですので、完成を待って私も実験してみようと思っています。
これはログがパソコンで見えるよう工夫されていますので、実験の証明に活用できそうです。
ちなみに、この測定器も磁場の変化をキャッチして乱数としてデータ化するようになっています。
乞うご期待ですね。

投稿: 管理人 | 2013年3月 9日 (土) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/56667706

この記事へのトラックバック一覧です: スピリット・オーブの検証:

« 霊は縄文にあり | トップページ | モノーが描いた生命・進化・人類の未来 »