« GPSを活用した心霊調査 | トップページ | GPSを使った心霊調査1 »

2012年11月 2日 (金)

聖なるオーブの生態調査(墓守)

聖なるオーブの生態系を調べよう

まだどこの世界でも聖なるオーブの研究を科学的につきとめようという動きはないが、21世紀となった今だからこそこの発達した科学技術を使って解明していく事が必要なのだと思う。
まだ霊魂の存在は現代科学では架空のものにすぎないレベルであるが、科学の見識者の力を集めて研究を進めることが必要だ。
私の考えでは現代の科学水準で十分に聖なるオーブは解明できると思う。霊魂の存在は、まだ誰も実証したものがいないが、私のこれまでの体験や調査から聖なるオーブたちは間違いなくこの世に存在している。
彼らははっきりとした意識を持っている。まずは関心のある方に是非、聖なるオーブの調査を科学的に生態系的な考えに基づいて進めるようお願いしたい。彼らがよく集まって現われる場所はどこか、どういう時に姿を現したかなどを記録に残していこう。

聖なるオーブたちは墓守ではないか

今年はわが家の近くにある神社・仏閣を100ケ所ほど両墓制という視点で調査を行ってきたが、その時の副産物がオーブが頻繁に写る場所があるという特定であった。
ここのブログでも何回か紹介してきたが、聖なるオーブたちは神社の鳥居の周り、仏閣の墓地入り口にある石仏・石塔の周りでよく写ることが分かった。
よく写るというより、その場所に行ってカメラのレンズを向けると驚くように被写体のなかにたくさん入ってくる。そこから一歩、神社やお寺のなかに入っていっても、その先では殆どと言ってよいほどオーブたちはレンズの前には姿を現さなかった。
これは即ち聖なるオーブたちがたんなる自然現象ではなく、霊魂というものが実際に存在し侵入者に対してその場所を守っているからなのではないかと言える。
霊魂調査の発端となった奇跡の森の幽霊クリウもそうであるが、墓場の入り口付近で姿を現した。彼らはすなわち、墓場の墓守という役目で存在していると考えていいのかもしれない。

Orb0892


|

« GPSを活用した心霊調査 | トップページ | GPSを使った心霊調査1 »

オーブ研究」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
最近、私の会社でオーブが動画で撮れるようになりました。
私自身は13年前くらい前に写真にオーブが写っていることに気付いてから、オーブの写真は沢山持っています。とりあえず最近アップした動画を見てください。
http://youtu.be/6_jVTwj0BJs

投稿: 中しゃ | 2013年1月15日 (火) 20時06分

こんばんは。どうも訪問ありがとうございます♪
聖なるオーブについて関心がある方の訪問は大歓迎ですよ。日本超心理学会の月例会にはちょくちょく顔を出していますので、東京近郊にお住まいでしたら是非一度顔を出して下さい。

さて、中しゃさんのユーチューブの映像を見せていただきましたが、屋内で撮影すると肉眼では見えないようなチリやホコリ、昆虫たちがたくさん存在します。五月ごろ、太陽光線が強くなって室内に差し込んでくるようになると、その光線の筋にたくさんのホコリが舞っているのが分かりますよね。そのホコリの中に小さな昆虫たちが飛び交っているのも見ることができます。その昆虫たちがレンズの前を通過するときに、ちょうどオーブのような姿で捉える事が出来ます。ということで屋内のオーブは残念ながら非常に判断が難しいというのが今の私の見解です。

でも、心霊研究は余り真剣にやっている人が少ないだけに面白い世界です。
私もオーブがよく写る人を探しているところなので、何かあればご支援ください。宜しくお願いしますね。

投稿: 管理人 | 2013年1月15日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/56028242

この記事へのトラックバック一覧です: 聖なるオーブの生態調査(墓守):

« GPSを活用した心霊調査 | トップページ | GPSを使った心霊調査1 »