« 聖なるオーブの生態調査(墓守) | トップページ | 日本超心理学会大会のお知らせ »

2012年11月18日 (日)

GPSを使った心霊調査1

GPSが確かに狂った

 先に紹介したように心霊スポットで電子機器の異常が発生するという事案があり、その検証のために簡易GPSを使用して調査を続けていたが、このほど確かにGPSが狂うという現象が確認できた。まだデータの量としては少なすぎるかもしれないが、これから調査の回数を増やしていけば確率の高いデータが得られると思う。
この簡易型GPSはデータが残るという点で心霊調査で今後の活用が期待できる。是非、心霊研究に関心のあるみなさんも活用を検討していただきたい。

調査地点

 東京都檜原村 時坂の百番供養塔及び浅間嶺

GPSデータ異常

 自宅から調査地点までの往路は正常にログが残っているが、帰路が完全に狂った。

(往路)

 正常にデータは記録

Gps1114

(帰路)

 調査場所から自宅付近までデータなし、自宅付近から狂ったデータを表示した。

Gps1113
自宅付近が全くデタラメな軌線を表示した。

今後の検討事項

 このGPSを使った心霊調査において、データをどのようにまとめ、検証や評価に活用するか検討が必要と思われる。みなさんのなかに何か名案があれば提案をお願いしたいところです。

|

« 聖なるオーブの生態調査(墓守) | トップページ | 日本超心理学会大会のお知らせ »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/56139474

この記事へのトラックバック一覧です: GPSを使った心霊調査1:

« 聖なるオーブの生態調査(墓守) | トップページ | 日本超心理学会大会のお知らせ »