« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月24日 (土)

日本超心理学会大会のお知らせ

JSPP第45回大会のお知らせ

JSPP(日本超心理学会)の年次大会が下記の通り開催されます。
超心理学に関心のある方は万障お繰り合わせのうえご参加ください。

1.日時
  平成24年12月15日(土)
  13:00~16:50
2.場所
  フォーレスト本郷
  東京都文京区本郷6-16-4
  tel 03(3813)4408
  http://j-spp.umin.jp/japanese/event/program/45program.html

3.予定
 ○13:00~13:10
  開会の辞
 ○13:10~13:25
  会長挨拶
 ○13:25~13:55
  総会
 ○13:55~14:55
  【特別講演】
  「オーブ(ORB)の関係について」
  発表者:佐々木茂美 他
 ○14:55~15:10
  休憩
 ○15:10~16:10
  【特別講演】
  「物理学的実在論と予知」
  発表者:平藤雅之
 ○16:10~16:40
  懇話会「超心理学の新しい地平」
 ○16:40~16:50
  閉会の辞
 ○17:00~19:00
  懇親会

※写真は第44回大会(H24年2月)の発表様子です。

Jspp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

GPSを使った心霊調査1

GPSが確かに狂った

 先に紹介したように心霊スポットで電子機器の異常が発生するという事案があり、その検証のために簡易GPSを使用して調査を続けていたが、このほど確かにGPSが狂うという現象が確認できた。まだデータの量としては少なすぎるかもしれないが、これから調査の回数を増やしていけば確率の高いデータが得られると思う。
この簡易型GPSはデータが残るという点で心霊調査で今後の活用が期待できる。是非、心霊研究に関心のあるみなさんも活用を検討していただきたい。

調査地点

 東京都檜原村 時坂の百番供養塔及び浅間嶺

GPSデータ異常

 自宅から調査地点までの往路は正常にログが残っているが、帰路が完全に狂った。

(往路)

 正常にデータは記録

Gps1114

(帰路)

 調査場所から自宅付近までデータなし、自宅付近から狂ったデータを表示した。

Gps1113
自宅付近が全くデタラメな軌線を表示した。

今後の検討事項

 このGPSを使った心霊調査において、データをどのようにまとめ、検証や評価に活用するか検討が必要と思われる。みなさんのなかに何か名案があれば提案をお願いしたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

聖なるオーブの生態調査(墓守)

聖なるオーブの生態系を調べよう

まだどこの世界でも聖なるオーブの研究を科学的につきとめようという動きはないが、21世紀となった今だからこそこの発達した科学技術を使って解明していく事が必要なのだと思う。
まだ霊魂の存在は現代科学では架空のものにすぎないレベルであるが、科学の見識者の力を集めて研究を進めることが必要だ。
私の考えでは現代の科学水準で十分に聖なるオーブは解明できると思う。霊魂の存在は、まだ誰も実証したものがいないが、私のこれまでの体験や調査から聖なるオーブたちは間違いなくこの世に存在している。
彼らははっきりとした意識を持っている。まずは関心のある方に是非、聖なるオーブの調査を科学的に生態系的な考えに基づいて進めるようお願いしたい。彼らがよく集まって現われる場所はどこか、どういう時に姿を現したかなどを記録に残していこう。

聖なるオーブたちは墓守ではないか

今年はわが家の近くにある神社・仏閣を100ケ所ほど両墓制という視点で調査を行ってきたが、その時の副産物がオーブが頻繁に写る場所があるという特定であった。
ここのブログでも何回か紹介してきたが、聖なるオーブたちは神社の鳥居の周り、仏閣の墓地入り口にある石仏・石塔の周りでよく写ることが分かった。
よく写るというより、その場所に行ってカメラのレンズを向けると驚くように被写体のなかにたくさん入ってくる。そこから一歩、神社やお寺のなかに入っていっても、その先では殆どと言ってよいほどオーブたちはレンズの前には姿を現さなかった。
これは即ち聖なるオーブたちがたんなる自然現象ではなく、霊魂というものが実際に存在し侵入者に対してその場所を守っているからなのではないかと言える。
霊魂調査の発端となった奇跡の森の幽霊クリウもそうであるが、墓場の入り口付近で姿を現した。彼らはすなわち、墓場の墓守という役目で存在していると考えていいのかもしれない。

Orb0892


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »