« 超能力と心理 | トップページ | 霊魂のパラダイム・シフト »

2012年6月27日 (水)

古代遺跡と心霊スポット

神々と神社発祥の検証

東京都あきる野市に網代弁天洞窟遺跡がある。場所は網代にある弁天山の山頂付近で、そこに貴志嶋神社が建立されている。縄文、弥生から近代において信仰の対象となっている場所である。
この場所を調べてみると長野県K村にある縄文遺跡と信仰の環境がよく似ているのに気づく。長野県K村の縄文遺跡は国の史跡に指定されており、学術的な研究が大学などの機関により詳しく行われている。これまでに縄文時代、今から9500年前の遺跡であることが年代測定で明らかになっている。
いっぽう、網代弁天洞窟遺跡は地元の高校が行った程度の調査なので詳しい年代測定は行われていないが、少なくとも縄文時代のころの遺跡だと推定されている。
この二つの遺跡を信仰の立場から検証してみると、少なくとも縄文人たちは、かつてこれらの洞窟に居を構え、そして時代が変わり、弥生から今日まで人々はその洞窟遺跡の前に鳥居を建てて神々として信仰してきたと言える。
言ってみれば、これらの縄文人の遺跡が弥生時代のころに日本の神社発祥の根源になったのではないかとも思えてくる場所である。

Akiru120607

Akiru120605_3

古代遺跡と心霊スポット

長野県K村の縄文遺跡と網代弁天洞窟遺跡は年代が縄文時代のもので共通しているが、だいたい300kmくらい距離的に離れている。従って、文化的なつながりは余りなかったと考えてもよいのではないかと思う。一般的に著名な神社は春日神社とか熊野神社などのように天皇家と深いつながりのある所が多いが、このように固有の神社名を冠している神社は、そこの氏神を祀っているものが多い。
このような場所は、言ってみれば心霊スポットと呼んでもいいのではないかと思う。下の写真にあるように洞窟の撮影時にオーブが1ケ写った。
この場所の心霊的な事情は余り伝えられていないが、「一字一石経」という小石にお経を刻んだ鎌倉時代のものが出土しており、それらのものから当時の信仰の状況を判断するくらいしかない。

Akiru120603


Akiru120604


Akiru120602


Akiru120606


Akiru1206

|

« 超能力と心理 | トップページ | 霊魂のパラダイム・シフト »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/55067245

この記事へのトラックバック一覧です: 古代遺跡と心霊スポット:

« 超能力と心理 | トップページ | 霊魂のパラダイム・シフト »