« オーブ映像撮影に成功! | トップページ | 両墓制を探る »

2012年4月24日 (火)

ミステリー体験ツアーを開催

三年ぶりに「奇跡の森」へ!

 2009年以来、三年ぶりに長野県M村の「奇跡の森」へ4月20日の深夜から21日にかけて行って来た。今回は超心理学に関心のある男性Oさん、Iさんがミステリー体験ツアーを兼ねての同行訪問だった。
訪問場所は長野県の佐久地方の一角であるが、今年は例年になく寒いようだった。国道20号から別れて国道141号を北上していくと、清里の途中に南清里の道の駅があるが、例年だと芝桜が一面きれいに咲き乱れているのに今年は一輪も咲いていなかった。桜の花も佐久地方に入るとまだ堅いつぼみのままだった。朝方の気温は4℃、東京の気候から比べると1ケ月ほど季節が遅れている。
途中、野辺山高原はすごい霧で一寸先も見えないほどの朝霧がたって車の走行が大変だった。この時期、野辺山高原や佐久地方は朝方深い霧に覆われるから車の運転には注意が必要だ。そうこうして、ようやく三年ぶりに「奇跡の森」に午前7時過ぎに到着した。三年ぶりに訪れてみると若干辺りの雰囲気も変わってきている。午前10時の時報もローレライのメロディから一般の時報に変わっていた。
個人的にはローレライのようなメルヘンティックな曲が旅人にはこころが癒されると思うのだが、まことに残念!

Psi025

Psi026

ミステリー体験ツアーの反省点

 今回は計画もまだまだ未熟だったせいか思うような成果はあまり得られなかった。一応、M村とK村の佐久霊場、七人塚などの心霊スポットを見て回って写真にオーブなどの特異なものが写ってないか、第二にミステリー体験ツアー後に不思議な夢を見なかったかの二点に絞って調査を行っている。
現在までに参加者のなかからはオーブのような特異なものは映ってなかったと報告があったが、不思議な夢については1週間程度の期間を経て、記憶に残るような不思議な夢を見た場合は調査用紙に内容を記入して今後の反省会の席上で照らしあわせてみたいと思っている。
まぁ、それでも今回目標としていた現地の「石仏・石塔と心霊スポット」の見分け方については参加者から少しわかったというような意見もあったから、ちょっとした成果はあったのではないかと思う。
今後、参加希望があれば今回の反省点も踏まえてミステリー体験ツアーを企画していきたいと考えている。

Psi027

Psi024

野辺山天文台見学

 M村には入浴料350円という格安の村営スパがあって、そこでしばらく入浴休憩して帰路についた。途中、参加者から野辺山の天文台を見学(無料)していこうという提案があり、天文台を見学。
宇宙の研究には世界の膨大な国家予算が費やされて今や宇宙の果てまでの姿が観測されているのに、そのなかの宇宙人の存在については未だにもって解明がなされてないとは誠に持って不思議な話である。
超心理学という世界は、新しい時代を切り拓く上でもっと脚光をあびてもいいのではないかと個人的に強く主張したい心境でもあった。
とにかく野辺山天文台の設備には壮大で圧倒された。

Psi029

|

« オーブ映像撮影に成功! | トップページ | 両墓制を探る »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/54552499

この記事へのトラックバック一覧です: ミステリー体験ツアーを開催:

« オーブ映像撮影に成功! | トップページ | 両墓制を探る »