« 家系図作成の注意 | トップページ | 民間信仰から学ぶ大震災 »

2012年3月 2日 (金)

石仏研究と陰陽道

石仏・石塔研究で見落とされている陰陽道

 以前、ここのブログで筆者の自宅近くで多発する事故現場の調査内容を書いたことがあったが、その後の調査をここで補足して述べてみたい。
前回の記事では事故多発現場と縄文遺跡の範囲が一致している点が分かったところまで紹介していたが、その証となるべく先人達が遺した石塔・石仏の存在を調べてみた。
下の図は陰陽道で取り扱われている十二天王の略図であるが、事故現場の近くでは閻魔大王と堅牢地神塔という石仏・石塔が配置されているのが分かった。すなわち十二天王で呼ばれるところの二王が存在する。そして、この二王の間にあるのが火天である。
一般的にわれわれの身近に存在する石仏・石塔研究では庚申塔は中国伝来の庚申信仰を、二十三夜塔は月信仰が背景にあるなどと紹介されるケースが多いと思うが、ただそれだけの理由で石仏・石塔を路傍に建立したとは説明が十分にできないと思う。そこには間違いなく陰陽道が背景にあるようだ。

Budda226

Budda229

何故、陰陽道なのか

 この陰陽道も平安時代に中国から伝わった民間信仰なのであるが、主に「天変地異」と「怪異」と呼ばれた不思議な現象にたいして呪詛が行われたと記録が残っている。
その記録のひとつを紹介してみよう。

 七尺の結界を地面に描いたなかに証空(しょくう:阿部清明の弟子)を座らせ、その前で阿部清明が礼拝供敬(らいはいくぎょう)して梵天帝釈、四大天王、堅牢地神、八王竜王などを勧請し、祭文を読むところまで進むと護法(童子)がやってきたようであって、さまざまな供え物が空に舞い上がって、飛び回ったり、祭壇の上を踊りまわったりした。
(「曾我物語」巻第七「三井寺大師の事」)

 このように平安時代に書かれた書物のなかに実際に十二天王が登場してくるのである。

Budda231

閻魔大王・堅牢地神とは何か

 閻魔大王は日本人であれば誰でも地獄にいる怖い大王だということを知っているが、堅牢地神はほとんどの人は知らないと思う。筆者も地元で見つけて初めて知った。
この堅牢地神はウィキペディアで調べてもらえればすぐに分かると思うが、十二天王のなかで地の神様、すなわち農耕としての五穀豊穣の神様だと紹介されている。しかしながら筆者が考えるには五穀豊穣の神様だったら、身近にお稲荷さまがいるではないか。わざわざ高いお金を払ってまで建立する必要はないし、信仰するにしても二重手間になる。
従って陰陽道を読んでみると、この堅牢地神と閻魔大王の間に火天がある。火天すなわち火災と読むことができる。東京都町田市には「堅牢地神塔」が39基も発見されている。すごい数だ。その町田市の歴史に目を向けてみると、過去に大火がつぎつぎに発生したことが記録に残っていた。要するに「堅牢地神」と「閻魔大王」の組み合わせは大火とどこかつながっているということである。

 このように路傍の石仏・石塔を陰陽道を基盤にして読んでみると、昔の人たちは何を考えて信仰していたのかがよく理解できるようになる。

Budda233

|

« 家系図作成の注意 | トップページ | 民間信仰から学ぶ大震災 »

心霊研究と民間信仰」カテゴリの記事

コメント

そもそも事故多発現場で事故は多発していたのでしょうか?

その現場では、どのぐらいの期間でどれだけ、どのような事故が発生したのか、そしてそれが他の場所と違ってどれほど事故が多いのかの調査データーを、提示して頂けないでしょうか?


投稿: フォックス モルダー | 2012年3月 2日 (金) 20時32分

フォックスモルダーさん、お久しぶりです。
私の記事の書き方が悪かったかどうか分かりませんが、以前の記事で心霊研究では路傍の石仏・石塔の建立背景を読む必要があると紹介したことがありましたが、特に心霊スポットと昔から呼ばれる場所には今回紹介したような石仏・石塔の存在が必ずあるように思います。従って、心霊研究に関心がある方は是非、陰陽道についても調べてみると、いにしえの時代に起こった不思議な現象が現代でも同じ場所で起こっているという確認に役立つのではないかと考えています。

投稿: 管理人 | 2012年3月 3日 (土) 00時06分

私が聞きたかったのは、

「前回の記事では事故多発現場と縄文遺跡の範囲が一致している点が分かった」

と書かれている点についてです!

そもそも、事故多発現場と主張される場所が、どれほど事故が多い特異な場所なのかのデーターです!


事故多発現場と、縄文遺跡の範囲が一致していると主張される前に、本当にその場所が事故多発現場なのかを示して下さい!

その前提が確実でなければ、ここでの主張はまったく根底から崩れてしまいます!

よろしくお願いします!

投稿: フォックス モルダー | 2012年3月 3日 (土) 02時50分

フォックスモルダーさん、こんにちは。
現在、私が調べている交通事故多発現場には「縄文人の霊魂研究2」で紹介しているように交通事故の犠牲者を供養するための観音堂が建立されています。交通事故なんてのは、言ってみれば我々の身近でありふれた事象なので霊魂との関連づけなんて意味がなさそうに見えますが、やはり交通事故が多く死者も出ているということで観音堂の建立になったようです。今のところ事故データは取っておりませんが、わざわざ地元の人々が犠牲者のための観音堂を建立したのですから、それだけで十分ではないかと考えています。

投稿: 管理人 | 2012年3月 3日 (土) 11時42分

そんな観音堂を建立しているからという理由だけで、その場所が事故多発現場とするのは、こじつけにしか思えません!

もっと沢山の人が死亡している場所はいくらでもあるでしょう!

こんな一か所の事では、何も分からないのではないでしょうか?

結局は正確な調査はしていないのですね?

またも残念な結果です!

投稿: フォックス モルダー | 2012年3月 3日 (土) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/54122755

この記事へのトラックバック一覧です: 石仏研究と陰陽道:

« 家系図作成の注意 | トップページ | 民間信仰から学ぶ大震災 »