« 超能力の世界 | トップページ | 2/19 日本超心理学会(JSPP)第44回大会 »

2012年2月 7日 (火)

霊場 檜原村・女道

ミステリアス・ビレッジ 檜原村の紹介です。

 心霊研究という目線で路傍の石仏・石塔を調べていくと、歴史では語られていないいろいろなミステリーの謎が解けるようです。ここに紹介している「心霊」という言葉も、もとは庚申信仰で唱えられている祈りや呪文、「しんれいまいたり」にあるようです。古き時代、先祖たちは心霊にたいして何を考え敬ってきたのか、謎の解明にヒントになるものと考えます。

|

« 超能力の世界 | トップページ | 2/19 日本超心理学会(JSPP)第44回大会 »

フィールドワーク」カテゴリの記事

コメント

フィールドワークの調査からも心霊研究に大いに活躍できますね。

私も、地元でやってみようと思います。

投稿: サラズワティ | 2012年2月 8日 (水) 15時59分

サラズバディさん、こんばんは。
檜原村で紹介しているように、庚申塔+百番塔、二十三夜塔+百番塔という組み合わせは「この場所は心霊スポットなので庚申溝、二十三夜溝を行って供養を行いました」と読めると思います。
ちなみに、檜原村には百番塔(供養塔)は42基見つかっています。それだけ心霊スポットが多い場所だといえます。日常見過ごしてきた石仏、石塔なのに組み合わせから読み方が分かりだすと知識として役に立ってくると思います。

投稿: 管理人 | 2012年2月 9日 (木) 19時49分

西東京、多摩とかはなにげにいろいろありますよね。

投稿: ealygirl | 2012年2月10日 (金) 02時59分

ealygirlさん、こんばんは。
檜原街道では交通事故が多発するところを調べていくと、そこに供養塔などが見受けられるようです。多摩地区でも最近では石仏・石塔はお寺や神社の一角に移設されているケースが多いので、交通事故が多発する場所の近くのお寺や神社を調べてみると、よく分かります。

投稿: 管理人 | 2012年2月10日 (金) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113163/53926382

この記事へのトラックバック一覧です: 霊場 檜原村・女道:

« 超能力の世界 | トップページ | 2/19 日本超心理学会(JSPP)第44回大会 »